札幌記念 予想 穴馬 予想

札幌記念 穴馬予想 追い切り 人気薄の買い材料と取捨のポイント

更新日:

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

先週の調教推奨馬は関屋記念10番人気マイスタイルは惜しくも4着という結果でしたが、ロータスランドが勝利。小倉記念は8番人気スーパーフェザーが3着と好走。

札幌記念と北九州記念も追い切り情報・調教推奨馬をお届けします。

調教推奨馬はLINE(←クリック)でご案内しています。

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に好走。

LINEでは無料穴馬もお届けしています。

 

今回は2021年札幌記念人気薄の穴馬の買い材料や、過去札幌記念で走った穴馬の特徴をお届けします。

札幌記念の穴馬探しの参考となれば幸いです。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

 

 

札幌記念 2021 追い切り情報 調教推奨馬

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に!!

目黒記念は調教推奨馬15番人気アドマイヤアルバが3着に。

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

小倉記念3着(8番人気) スーパーフェザー
関屋記念1着 ロータスランド
レパードS1着 メイショウムラクモ
レパードS3着 レプンカムイ
クイーンS3着(8番人気) サトノセシル
クイーンS1着 テルツェット
アイビスSD1着 オールアットワンス
函館記念2着(14番人気) アイスバブル
中京記念1着 アンドラステ
函館2歳ステークス2着 カイカノキセキ
七夕賞1着 トーラスジェミニ
宝塚記念3着 レイパパレ
エプソムカップ1着 ザダル
函館スプリントステークス1着 ビアンフェ
函館スプリントステークス2着 カレンモエ
安田記念1着(8番人気) ダノンキングリー 
目黒記念3着(15番人気) アドマイヤアルバ 
平安ステークス1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬はLINE(←クリック)でご案内しています。

 

 

札幌記念 2021 予想動画

YouTubeでは、サトノレイナスは過去ダービーへ挑戦した牝馬との比較でウオッカほどの信頼度はなくレッドリヴェールよりは期待できるとお伝えしましたが5着という結果。

オークスのソダシは気性面に不安があるとお伝えしましたが、気の悪さを見せて凡走。

YouTubeをご覧頂き高評価を押してくれた方の参考となっていれば幸いです。

期間限定公開の動画もお届けしています。チャンネル登録をしておけば通知が届きます。

 

 

 

 

札幌記念 2021 無料穴馬


無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

CBC賞 8番人気1着 ファストフォース
鳴尾記念 8番人気1着 ユニコーンライオン
皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

 

札幌記念 2021 人気薄の買い材料

 

2021年札幌記念人気薄の買い材料は現在編集中です。

無料メルマガ(←クリック)でお届けします。

無料メルマガは2006年創刊、読者数3000人以上。

 

※ 下記は2020年にお届けした情報

イェッツト

決め手を生かすレースが合うが、上がりのかかる小回りコースで差しが利く条件の方がいい。

距離も2000mまでの方がいいかもしれない。

古馬になってから馬体写真がないため、成長の度合いや状態を確認することが出来ないが、小回りコースのこの距離は悪くない。

 

カウディーリョ

距離は2000m近辺に本質がある。

母ディアデラノビアはマイル重賞などで瞬発力を武器に活躍し、その仔にディアデラマドレ、ドレッドノータスなど活躍馬がいるが、兄弟も2000mに適性があった。

スローペースで先行し、瞬発力勝負となった際などが好走の可能性が増す。

前走函館記念は2か月振りのレースでやや間隔が空いていたが、その時よりも上向いていれば。

 

ポンデザール

G1実績馬を除けば素質は上位にある。

洋芝の適性はあり、ペース次第では好走の可能性がある。

 

ドレッドノータス

2017年の中山金杯時に、全体のバランスに破たんはなく、能力的にはまずまずのものをもっているが、OP特別であれば十分通用するはずとお伝えした。

2019年の6歳時に久しぶりに馬体を見たが成長を感じさせた。

近走結果が出ていないが、状態が芳しくなかった。休み明けとなるが、休養によって逆に出来が上向いていれば。

 

ペルシアンナイト

フットワークに体の柔らかさを感じさせる点に能力の高さを感じさせた。

シンザン記念時にデビュー前の馬体写真を確認して重賞を複数勝ってもおかしくないとお伝えしたが、高い評価をしたことは間違っていなかった。

ただ、2017年のマイルCSを勝っているが、2着エアスピネル、3着サングレーザーというメンバーでいずれもG1未勝利。

バリバリのG1レベルを向こうに回すと能力的に厳しい面がある。

今回はG1レベルの馬はいるが牝馬で、それ以外はメンバーがかなり薄い。

昨秋のマイルCSでは、インディチャンプ、ダノンプレミアムに次ぐ3着という結果を残しているが、そこから衰えがないか、能力的に終わっていないかという点が取捨のポイントとなる。

 

トーラスジェミニ

今回はG2の中でも格が高いレースとなるが、不調の馬を除けばG1で実績のある馬はそれほどいない。

能力、洋芝や2000mの適性の高さは評価をしたい。

 

ルミナスウォリアー

2017年の函館記念を勝っているが、血統的にも洋芝が合った。

時計のかかる馬場は合い、決め手があって2000mも合う。

 

 

札幌記念 穴馬の特徴

 

○ 2017年札幌記念:12番人気2着ナリタハリケーン

前有利の函館記念で後方からレースをしながら勝ち馬と0秒4差と悪くないレースをしており、巴賞もサトノアレスと0秒1差。

人気馬がこけたことが極めて大きな追い風になったがフロックでもなかった。

 

○ 2015年札幌記念:8番人気2着ヒットザターゲット

前走目黒記念を勝利していながら、休み明けのため人気がなかったが、ペースが上がって決め手が生きる展開となったことが好走の要因。

良馬場の方がいい馬で、例年よりも時計の速い馬場であったことも追い風になったか。

 

○ 2009年札幌記念:7番人気1着ヤマニンキングリー

重賞で3戦連続して2着と結果を残していたが、馬体重がマイナス20キロと減っていたが、状態は問題なかったよう。

前半1000m60秒2とややゆったりした流れで推移しており、ブエナビスタの追撃を振り切った。

 

○ 2007年札幌記念:12番人気2着アグネスアーク

前走1600万条件で3着に敗れるも、休み明けで体重が14キロ増えていた。

ひとたたきされた効果が絶大であったようで、マイナス16キロと絞れており、大幅な上昇があった。

その後天皇賞(秋)でも2着と好走するが、元々高い能力も有していた。

 

○ 2005年札幌記念:12番人気2着ファストタテヤマ

前走は休み明けでプラス8キロと体重が増えていたが、マイナス8キロと絞れておりたたかれた効果があった。

決め手が要求されるレースで、流れも合った。

 

○ 2005年札幌記念:13番人気3着コイントス

前年のこのレースで3着と好走しており、レースの適性を有して対。

長期休養後、結果を残すことが出来ておらず、再度休養となり、休み明けのレースであったが復調していた。

 

○ 2002年札幌記念:10番人気2着トウカイポイント

たたき3走目でマイナス8キロと絞れて上昇していたよう。

札幌では1-1-0-1という成績であった。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

札幌記念 危険な人気馬の特徴

 

2017年
2番人気5着エアスピネル:馬体を大きく見せる時の方がいい馬。
3番人気8着マウントロブソン:スタートでアクシデントがあったよう。力負けというより、上がりの速いレースの適性で劣った面もあるか。
4番人気4着サウンズオブアース:
5番人気6着ロードヴァンドール:体重が大幅に減っていたことが直接的な敗因。前有利の流れでもなかった。

2016年
2番人気4着ヌーヴォレコルト:上位の馬が強く、馬場の悪化でタフな条件となったこともよくなかった。
3番人気5着ヤマカツエース:

2015年
1番人気8着トーホウジャッカル:体質が弱いためか、この後長期休養。
2番人気5着ラキシス:
3番人気6着ラストインパクト:体重が増えていた。

2014年
3番人気11着トウケイヘイロー:故障の影響か。
4番人気8着ロゴタイプ:
5番人気5着エアソミュール:決め手と能力で劣った。

 

無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

 

札幌記念 傾向

 

○ レースのポイントと概要

過去のレースをみるとG1ホースの参戦も多く、近年はここから秋の天皇賞(秋)へ直行する馬も増えている。

出走馬のレベルは数あるG2レースの中でも高い方に位置づけられ、G1レースに次ぐ格がある。

2006年から別定戦から定量戦に変わっており、それも人気サイドでの決着という結果に結びつく。

過去10レースの1番人気の結果を見ると、2015年トーホウジャッカル(8着)、2007年マツリダゴッホ(7着)などを除けば、安定して好走している。

○ 距離、コース適性

2000m以上の距離での実績をみると、ほとんどの連対馬に勝利があった。

2000m以上の距離で勝利がなかったのは下記の3頭。

連対馬の札幌での実績をみると下記のよう。連対率50%を超えている馬は評価をしたい。

○ 臨戦過程

札幌記念は比較的瞬発力が要求されるレースで、牝馬も牡馬以上の活躍をみせている。特に夏場ということもあり、牝馬には注意が必要。

牝馬は16頭出走で5頭が連対しており、連対率は牡馬よりも高い。

年齢別の連対馬頭数をみると、さして有利不利はないよう。

連対馬の前走のクラスとそこでの着順をみると、あまり顕著な傾向はみられない。

前走からの間隔が2ヶ月以上あいていた休み明けの馬も多くが連対している。

実力馬であれば状態次第で気にする必要はなさそう。

前走の着順をみると、特に傾向はみられず、2ケタ着順からも巻き返しており、あまり気にする必要はないよう。

連対馬の前走のレースをみると函館記念、クイーンSなどから参戦してくる馬が多い。

-札幌記念 予想, 穴馬 予想
-, , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.