北九州記念 予想

北九州記念 2021 穴馬予想 追い切り 人気薄の買い材料

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

先週の調教推奨馬は関屋記念10番人気マイスタイルは惜しくも4着という結果でしたが、ロータスランドが勝利。小倉記念は8番人気スーパーフェザーが3着と好走。

札幌記念と北九州記念も追い切り情報・調教推奨馬をお届けします。

調教推奨馬はLINE(←クリック)でご案内しています。

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に好走。

LINEでは無料穴馬もお届けしています。

 

今回は2021年人気薄の穴馬の買い材料や、過去で走った穴馬の特徴をお届けします。

の穴馬探しの参考となれば幸いです。

また、前哨戦でレベルの高かったレース、の予想動画に関してもお届けします。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

 

 

北九州記念 2021 追い切り情報 調教推奨馬

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に!!

目黒記念は調教推奨馬15番人気アドマイヤアルバが3着に。

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

小倉記念3着(8番人気) スーパーフェザー
関屋記念1着 ロータスランド
レパードS1着 メイショウムラクモ
レパードS3着 レプンカムイ
クイーンS3着(8番人気) サトノセシル
クイーンS1着 テルツェット
アイビスSD1着 オールアットワンス
函館記念2着(14番人気) アイスバブル
中京記念1着 アンドラステ
函館2歳ステークス2着 カイカノキセキ
七夕賞1着 トーラスジェミニ
宝塚記念3着 レイパパレ
エプソムカップ1着 ザダル
函館スプリントステークス1着 ビアンフェ
函館スプリントステークス2着 カレンモエ
安田記念1着(8番人気) ダノンキングリー 
目黒記念3着(15番人気) アドマイヤアルバ 
平安ステークス1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬はLINE(←クリック)でご案内しています。

 

北九州記念 2021 予想動画

YouTubeでは、サトノレイナスは過去ダービーへ挑戦した牝馬との比較でウオッカほどの信頼度はなくレッドリヴェールよりは期待できるとお伝えしましたが5着という結果。

オークスのソダシは気性面に不安があるとお伝えしましたが、気の悪さを見せて凡走。

YouTubeをご覧頂き高評価を押してくれた方の参考となっていれば幸いです。

期間限定公開の動画もお届けしています。チャンネル登録をしておけば通知が届きます。

 

北九州記念 2021 無料穴馬


無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

CBC賞 8番人気1着 ファストフォース
鳴尾記念 8番人気1着 ユニコーンライオン
皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

 

北九州記念 2021 人気薄の買い材料

2021年札幌記念人気薄の買い材料は現在編集中。

無料メルマガ(←クリック)でお届けします。

無料メルマガは2006年創刊、読者数3000人以上。

 

※ 下記は2020年にお届けした考察

[北九州記念記念 2020 穴馬は? 人気薄の買い材料と取捨のポイント]

マイネルグリット

1200mでは悪くないレースをしている。

前走葵Sは馬場状態がよかったようで、後方からのレースが響いた。

前でレースをした方が持ち味が生きる馬で、積極的なレースが出来れば。

 

カリオストロ

肩や腰の傾斜から距離に限界があるが短距離馬としてはやや薄手な体型をしており母の父フジキセキの影響が出ていると思われる。

前走橘Sを押し切り2着に0秒2差をつけて勝利しているが内容は悪くなかった。

今回、51キロでの出走で、斤量面はやや有利。牝馬はこの時季は走る点からも軽視は避けたい。

 

アンヴァル

1200mは合い、平坦コースの方がよく条件は悪くない。

晩成タイプで徐々に成長しており、成長の度合いを考えると別定戦の重賞でもある程度好走しえる。

前走CBC賞で2着と好走しているが引き続き好調。

 

ジョイフル

素質は悪くない。

ハンデ戦に変わり斤量が56キロとなるが、牝馬のモズスーパーフレアが56.6キロ、同じく牝馬のダイメイプリンセスが56キロを背負うため、能力面での差をカバーできる。

逃げ先行馬が多く、ペースが上がりそうな点は好材料。極端にペースが上がり、モズスーパーフレア、ジョーカナチャンといった実力上位の逃げ先行馬が沈めば。

 

ゴールドクイーン

3歳夏の時点では完成度はそれほど高くなく、上積みの余地を残していた。

この時季は牝馬が強く、展開次第となる。

 

ラブカンプー

2018年スプリンターズSでは前有利の流れではあったが2着と好走しており、想定以上の資質を有していた。

その後長期にわたり低迷を続けていたが、CBC賞では調教でも動いており、復活の兆しを見せていた。13番人気は買う価値があり穴馬に推したが復活勝利。

前走アイビスSDでは56キロと内枠が響いた。CBC賞で51キロ、アイビスSDで56キロ、そして今回は54キロとなるが、斤量の面からは走ってもおかしくはない。

 

トゥラヴェスーラ

父ドリームジャーニー、母の父アドマイヤコジーンという血統だが、コロンとしたスプリンター体型に出ている点から母の父の影響が強いと思われる。

馬体を見ると能力的にハンデ戦で枠や展開などの恩恵があればという印象。

 

クライムメジャー

馬体に弱点はないためオープンで通用しておかしくない。

前走福島テレビOPでは勝ち馬と0秒2差という結果で内容は悪くなかった。

距離やコースなどの条件は悪くない。

 

 

無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

 

北九州記念 穴馬の特徴

 

○ 2017年北九州記念:14番人気2着ナリタスターワン

例年よりもやや遅いペースで推移し、展開が向いた感があり、55キロの斤量も有利に。

平坦コースの芝1200mもベストの条件であった。

 

○ 2017年北九州記念:15番人気3着ラインスピリット

能力の裏付けがあり衰えも明確ではなかった。このレース後もオープンで好走している。

 

○ 2016年北九州記念:8番人気1着バクシンテイオー

スプリント戦は前有利のレースが多く、その点から結果を残すことができなかったが、レースの適性を有していた点が人気薄で勝利した最大の要因。

 

○ 2014年北九州記念:8番人気1着リトルゲルダ

前でレースをしたが、例年よりもペースが落ち着いたことが追い風に。

その後の戦績を見ても、元来の能力も高く、前走アイビスSDで3着に敗れるも、マイナス8キロと体重が減っており、このレースでは体重が戻っていた。

 

○ 2014年北九州記念:13番人気2着メイショウイザヨイ

2番手を追走したが、ペースが落ち着いたことが大きな追い風となった。

 

○ 2014年北九州記念:17番人気3着カイシュウコロンボ

穴馬推奨。前走CBC賞は包まれたことが影響したようで、減り続けていた体重が戻っていたことも大きかった。

 

○ 2013年北九州記念:6番人気1着ツルマルレオン

後方からレースをして差し切り勝ち。

休み明けをつかわれた上積みがあり、高松宮記念を除けば惜しいレースが続いていた。

 

○ 2012年北九州記念:8番人気1着スギノエンデバー

速い流れが合う馬で、前半600m32秒2とペースが上がったことが追い風になった。

 

○ 2012年北九州記念:12番人気2着シゲルスダチ

前走NST賞は逃げるレースをしており持ち味生きず、1800mと距離も長かった。

距離短縮と52キロの軽ハンデが好走要因。

 

○ 2011年北九州記念:8番人気1着トウカイミステリー

休み明けでプラス18キロという体重増があったが、その前のレースで大幅に減っており、水準の体重に戻っていた。前走、前々走とも道悪に泣かされる結果に。

52キロの斤量も最大限に生きる形に。

 

○ 2009年北九州記念:8番人気1着サンダルフォン

前々走のOP特別バーデンバーデンカップは勝ち馬と同タイムの3着と好走しており、前走米子Sも0秒1差の4着と善戦していたが、人気の盲点になっていた。

前走でマイナス14キロと減っていた体重も戻っていた。

 

○ 2007年北九州記念:12番人気1着キョウワロアリング

前走12キロ増えていた体重が8キロ減っており、良化があったが斤量も3キロ減って52キロで出走。

前半600m32秒1とかなりのハイペースで上位は後方からレースをすすめた馬が占める結果に。

 

○ 2007年北九州記念:6番人気2着アルーリングボイス

穴馬推奨。不振が続いていたが、前走CBC賞で勝ち馬と0秒2差の5着と復調気配を感じさせていた。

小倉芝1200mでは重賞勝ちもあり、条件も合った。

 

○ 2007年北九州記念:10番人気3着ワイキューブ

前走、前々走で1000万条件を勝利し連勝中。

1400mで3勝しており、距離が嫌われていたかもしれないが、1200mでも勝利あり。

牝馬が強い夏ということも影響していたかもしれない。

 

○ 2006年北九州記念:コスモフォーチュン

前半600m32秒9とそこまで遅い流れでなかったが、先行して2着に0秒3差をつけて押し切るレース内容。

52キロとハンデに恵まれ、人気上位の馬が重い斤量を背負っていたことも追い風になっていたことは想像に難くない。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

北九州記念 危険な人気馬の特徴

 

2017年
1番人気5着ファインニードル:
2番人気4着キングハート:直線で外をまわしたが、展開が向かず4着まで。
4番人気7着アクティブミノル:56キロが響いた。
5番人気6着アルティマブラッド:

2016年
2番人気11着ラヴァーズポイント:
4番人気5着ベルルミエール:出遅れて持ち味が生きず。
5番人気6着プリンセスムーン:アイビスSDで3着と好走していたが、相手が弱く、実力と状態に差があった。

2015年
3番人気11着サドンストーム:57キロが響いた。
5番人気5着ミッキーラブソング:前走1200mの1600万条件を勝つも、本職のスプリンターではなく、能力的にも通用しなかった。

2014年
1番人気7着エピセアローム:
2番人気6着ベルカント:
3番人気14着ニンジャ:
4番人気8着ルナフォンターナ:
5番人気17着メイショウスザンナ:ペースが落ち着いて脚を余す結果に。

2013年
1番人気10着サドンストーム:馬体は問題なかったが、マイナス10キロと体重が減っており、輸送などでアクシデントがあったか。
3番人気7着マイネルエテルネル:
4番人気5着スギノエンデバー:

2012年
1番人気6着エーシンヒットマン:
2番人気8着エーシンヴァーゴウ:牝馬で56キロが堪えた。
3番人気16着ジュエルオブナイル:
4番人気5着ヘニーハウンド:前でレースをして踏ん張ったが、後方からレースをする馬にやられる結果に。
5番人気15着エーシンダックマン:

2011年
3番人気4着テイエムオオタカ:
4番人気8着スカイノダン:前年2着も、前の年ほど勢いがなかった。
5番人気9着タマモナスプレイ:本質的にスプリンターでなく、決め手も欠いた。

2010年
1番人気5着デグラーティア:レース中に故障発生。
2番人気11着ダッシャーゴーゴー:3歳で54キロを背負い、2ヵ月振りで仕上がり切っていなかった。
4番人気7着レディルージュ:

2009年
3番人気5着メリッサ:
4番人気6着コスモベル:
5番人気9着マルカフェニックス:馬体がやや立派な感があり、プラス10キロ。57.5キロも堪えた。

 

無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

 

 

北九州記念 傾向

○ レースのポイントと概要

過去の連対馬の人気をみると、ハンデ戦らしく人気上位の馬は不振で、7番人気の馬が8頭連対しており、10番人気以下の馬が5頭馬券に絡んでいる波乱傾向のレース。

ビッグアーサー、ダッシャーゴーゴーといった馬も北九州記念出走の時点ではG1好走歴がなく、レベルが高い馬が出走するケースはそれほどみられない。

○ コースが及ぼす影響

枠別の結果をみると、特に顕著な傾向はみられない。

過去のレース時計、前半600m後半600mの時計をみると、レース時計は1分7秒台での決着が水準となるが、ハンデ戦のためレース時計からレベルを測ることは難しい。

小倉競馬場のスパイラルカーブは、4コーナーでばらけやすいため、馬群をさばきやすい構造となっている。

前でレースをして内を突いた馬が4コーナーでスピードが落ち、外を回った馬はスピードが落ちづらいことも影響し、前半600mは32秒台前半で推移したレースでは後方からレースをした馬が結果を残している。

ハンデ戦ということもあり、持ち時計は求められないようだが、連対馬20頭のうち16頭に小倉芝1200mのレースで勝利があった。2012年2着シゲルスダチもOP特別で2着があった。

過去の連対馬の血統をみると、過去10レースで馬券に絡んだ30頭のうち13頭がミスプロ系、あるいは母の父がミスプロ系の馬であった。

過去10レースに限定せずにカウントすると、サクラバクシンオー産駒も7連対3着2回と結果を残している。

サクラバクシンオー産駒のショウナンカンプの仔もきており、サクラバクシンオーの血が入った馬は注意をしたい。

○ 臨戦過程

連対馬の前走のレースをみると、アイビスSDやCBC賞から参戦してくる馬が中心となるが、ハンデ戦ということもあり、前走の着順はさして関係ないよう。

1600万条件、1000万条件から参戦した馬も頭馬券に絡んでいる。

 

 

-北九州記念 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.