ラジオNIKKEI賞 予想 穴馬 予想

ラジオNIKKEI賞 2021 予想 穴馬の特徴と穴馬候補

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

調教推奨馬安田記念で8番人気ダノンキングリーが勝利し、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に。

調教推奨馬に関して無料メルマガ(←クリック)をご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

メルマガ詳細

 

今回は2021年人気薄の穴馬の買い材料や、過去で走った穴馬の特徴をお届けします。

の穴馬探しの参考となれば幸いです。

また、前哨戦でレベルの高かったレース、の予想動画に関してもお届けします。

無料メルマガ(←クリック)では無料穴馬をお届けしています。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

 

 

ラジオNIKKEI賞 2021 追い切り情報 調教推奨馬

目黒記念は調教推奨馬15番人気アドマイヤアルバが3着に。

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

エプソムカップ1着 ザダル
函館スプリントステークス1着 ビアンフェ
函館スプリントステークス2着 カレンモエ
安田記念1着(8番人気) ダノンキングリー 
目黒記念3着(15番人気) アドマイヤアルバ 
平安ステークス1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬に関して無料メルマガ(←クリック)をご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

メルマガ詳細

 

ラジオNIKKEI賞 2021 予想動画

YouTubeでは、サトノレイナスは過去ダービーへ挑戦した牝馬との比較でウオッカほどの信頼度はなくレッドリヴェールよりは期待できるとお伝えしましたが5着という結果。

オークスのソダシは気性面に不安があるとお伝えしましたが、気の悪さを見せて凡走。

YouTubeをご覧頂き高評価を押してくれた方の参考となっていれば幸いです。

期間限定公開の動画もお届けしています。チャンネル登録をしておけば通知が届きます。

 

 

ラジオNIKKEI賞 2021 無料穴馬


無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)でお届けしています。(一部は独自配信のメール。詳細はLINEをご覧ください。)

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

鳴尾記念 8番人気1着 ユニコーンライオン
皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

メルマガ詳細

 

ラジオNIKKEI賞 2021 人気薄の買い材料

 

ワールドリバイバル:スプリングS時に馬体を見た際、父エピファネイアの影響が出ていると感じたが、馬体を見返すと骨格などは母の父アグネスタキオンの影響が出ており、中距離に適性があると見る。素質は悪くなく、春から成長していれば。

ヴェイルネビュラ:馬体に同じロードカナロア産駒のステルヴィオと似た特徴がある。前走NHKマイルカップから出来は上向いている。

タイソウ:共同通信杯時と比べると完成度が上がっている。モーリス産駒は晩成タイプの馬が多いと感じさせられる。

ワザモノ:重賞でやれておかしくない素材。人気しづらい特徴があるため、人気薄で走る可能性があるタイプ。

デルマセイシ:2勝はいずれも1600mだが、体型を見るに胴長で中距離体型。今回、1800mであれば対応できる可能性があり、距離が嫌われていれば逆に買い材料。

グランオフィシエ:全体的に体高があって骨格からパワーも感じさせるフォルムはいかにもキングカメハメハ産駒という感じ。似たタイプが多いが、父の遺伝力の高さを感じさせる。前有利の展開であれば浮上の可能性が出てくる。

ロードトゥフェイム:小回りコースなどで差しが利く展開であれば条件的に合う。道悪も苦にしないタイプで当日大幅な馬場の悪化があれば。
無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)でお届けしています。

メルマガ詳細

 

ラジオNIKKEI賞 穴馬の特徴

 

○ 2018年ラジオNIKKEI賞:9番人気3着キボウノダイチ

中盤のペースが緩んでおり、やや前有利の流れであった。

逃げるレースをして展開の恩恵を受けたことが好走の最大の要因。

 

○ 2017年ラジオNIKKEI賞:9番人気3着ロードリベラル

本命推奨。馬体を見る限り重賞で通用しえるだけのものをもっていた。

 

○ 2017年ラジオNIKKEI賞:8番人気2着ウインガナドル

自信の穴馬に推奨。展開が向き、前走500万条件を勝利しており底をみせていなかった。

2019年ラジオNIKKEI賞出走馬で、似た特徴の馬をランキングの備考欄へ更新。

 

○ 2016年ラジオNIKKEI賞:9番人気2着ダイワドレッサー

前走オークスはスタートで出遅れており、前々走クイーンカップも控える形となっていたが、前でのレースが合う馬で先行してパフォーマンスを上げる結果となった。

 

○ 2015年ラジオNIKKEI賞:12番人気3着マルターズアポジー

内前走プリンシパルSで大敗し人気を落としていたが、前半59秒3、後半60秒9という速いペースの中を逃げた点が響いていたため。

人気馬が距離などがネックとなり崩れたのも追い風となった。

 

○ 2013年ラジオNIKKEI賞:14番人気2着カシノピカチュウ

1400mまでしか実績がなく、距離実績から人気がなかったと思われるが、前走1600mのNHKマイルカップは不得手な直線が長いコースにも関わらず勝ち馬と0秒5差と走っていた。

 

○ 2013年ラジオNIKKEI賞:8番人気1着ケイアイチョウサン

前走1000万条件で敗れていたが、差しが利く条件で好走。資質が高く、54キロは有利だった。

 

○ 2012年ラジオNIKKEI賞:16番人気3着オペラダンシング

自信の穴馬推奨。調教の内容が最もよく、それにくわえて53キロが追い風になったことも想像に難くない。

 

○ 2009年ラジオNIKKEI賞:13番人気2着サニーサンデー

この条件はほぼベスト。53キロも追い風となった。

人気馬は後手を踏んだり、一貫して速いラップを刻む流れが合わず大敗する馬もいた。

2019年ラジオNIKKEI賞出走馬で、似た特徴の馬をランキングの備考欄へ更新。

 

○ 2008年ラジオNIKKEI賞:8番人気1着レオマイスター

1600mまでしか実績がなく、距離延長で嫌われていたが、血統的には問題なかった。

 

○ 2007年ラジオNIKKEI賞:14番人気2着スクリーンヒーロー

ダートでしか実績がなかったため人気がなかったが、血統的に芝のレースも問題なかった。54キロも追い風に。

 

○ 2006年ラジオNIKKEI賞:12番人気3着ステラマドレード

前走で500万条件を勝利しており勢いもあった。

先行するレースをしていた点など器用さもあった。

人気馬は後方からレースをすすめて馬群に沈む結果に。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

ラジオNIKKEI賞 危険な人気馬の特徴

 

2020年
1番人気4着パラスアテナ:
2番人気グレイトオーサー出来がひと息で、道中で気の悪さを見せていた。
3番人気5着ルリアン:道悪の適性で劣り、前でのレースが合うが後手を踏んで持ち味生きず。

2019年
1番人気ヒシイグアス:道悪が影響した。
2番人気11着ディキシーナイト:
4番人気7着ブレイブメジャー:距離適性が敗因。
5番人気6着ヒルノダカール:道悪がよくなかった。

2018年
3番人気11着イェッツト:プリンシパルSで3着と好走していたが、過大な評価であった。
4番人気10着キューグレーダー:馬体を見る限り距離が長く、馬券の対象から外した。
5番人気9着グレンガリー:能力的に劣った。展開も向かなかった。

2017年
1番人気6着サトノクロニクル:57キロを背負っていたが、ハンデ、コース適性を克服できるまでの能力はなかった。
3番人気4着クリアザトラック:
4番人気12着ニシノアップルパイ:敗因不明。
5番人気11着ライジングリーズン:休み明けで体重も増えていた。

2016年
2番人気5着ブラックスピネル:小回りコースの適性が微妙で、57キロを背負っていた。スタートがよくなかった点も響いた。
3番人気4着アップクォーク:
4番人気9着ロードヴァンドール:能力的に劣った。外枠も響いたか。

2015年
3番人気4着ロジチャリス:
2番人気16着レアリスタ:
5番人気15着キャンベルジュニア:

2014年
2番人気8着ピオネロ:
3番人気12着ラリングクライ:連勝中だがスローの瞬発力勝負で、このレースは流れが合わなかった。
4番人気11着ショウナンワダチ:距離が長かった。

2013年
1番人気15着ガイヤースヴェルト:パワータイプで平坦合わず。56キロも響いたが過剰評価。
2番人気10着インプロヴァイズ:
3番人気4着フラムドグロワール:56キロが響いた。
4番人気11着ミエノワンダー:決め手で劣り、坂のあるコースの方がよかった。

2012年
3番人気11着サンレイレーザー:
4番人気12着アーデント:56キロにくわえて流れも合わなかった。
5番人気4着メイショウカドマツ上りの速いペースとなり、決め手の差が出る結果に。

2010年
1番人気5着トゥザグローリー:スタートで後手を踏み、流れに乗れず。56キロも響いた。
4番人気6着リリエンタール:完成度が低く、能力的に通用しなかった。
5番人気13着ドリームカトラス:1800m初出走。

2009年
1番人気6着イネオレオ:マイナス8キロの体重減が響いた。
3番人気4着イコピコ:57キロが堪えた。
4番人気13着マイネルエルフ:パワータイプで坂のあるコースや時計のかかるよう芝の合う馬で平坦が合わなかった。

2008年
2番人気4着スマートギア:直線が長いコースの方が合い、小回りコースが敗因。
3番人気15着モンテクリスエス:平坦コースよくなく、距離も忙しかった。
4番人気7着タケショウオージ
5番人気6着キングオブカルト:。
無料メルマガ(←クリック)では重賞の無料穴馬をお届けしています。

メルマガ詳細

 

 

-ラジオNIKKEI賞 予想, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.