穴馬 予想

競馬予想 桜花賞 各馬の馬体と調教注目馬

更新日:

桜花賞出走各馬の馬体を見てみると、各馬なかなかできはよさそう。
若干難点があるのは、ダイワスカーレットとショウナンタレント。
ダイワスカーレットは毛ヅヤはよくなってきているが、腹のラインが前走に比べ寂しい。ショウナンタレントは首の筋がくぼんで、全体的な張りにも欠ける。
そしてローブデコルテは、阪神JFの時から感じている事なのだが、筋肉がつききっておらず、まだ時間がかかるのだろう。

調教VTRに目をやると、アポロティアラ、ハギノルチェーレ、レインダンスなどが目立ったが、最も勢いを感じたのはアマノチェリーラン。
腹のラインや肩の角度から距離に限界を感じ、有料メルマガでは馬券の対象にしなかったのだが、状態の面に関しては推奨できる。前走フィリーズレビューでは10番人気で2着と激走。ダートで実績のある馬に注意とお伝えしていたので、さして驚きはしなかったが、その時から出来も良かったのだろう。

馬券のポイントであるが、3強に騎乗する騎手は全て勝ちにいく競馬をすると考えられる。
そのデッドヒートから脱落した馬を、ジョッキーが無欲に乗って直線での競馬に徹した馬が差す、漁夫の利を得るというケースは充分考えられる。
しかしオッズを考えるとそんなに多点数は買えない。
ウオッカが1着をはずす可能性とダイワメジャー、アストンマーチャンの2頭いずれかが馬券に絡まない可能性、どちらが高いかというところが焦点になるかもしれない。

[編集後記]
今週は桜花賞にくわえ、ニュージーランドTや阪神牝馬S、そしてオーシャンエイプスの出走するアザレア賞と興味深いレースが目白押し。
そんななか筆者が気になったのは先日園田競馬場で行われた「アサヒスーパードライカップ」というレース。
いままでは電鉄、マスコミ関係といった業種がレース名に冠されていたが、食品関係というのは初めて見たような気がする。
スーパードライカップというだけあって、やはりキレ味のある馬が勝ったのか。
「大外から○○、すごい切れで伸びてくる、1頭だけキレ味がちがう!!すごいキレだ!!一歩抜け出したところでゴールイン。10馬身以上あった差をひっくり返しての逆転劇。コクがあるのにキレもありました!!」
来年以降はそんなレースを期待しております・・・。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.