穴馬 予想

競馬予想 大阪杯&ダービー卿CT 今後くる馬こない馬

更新日:

大阪杯は▲○×という結果。メイショウサムソンはまだ腹のラインに余裕があり、天皇賞(春)でも上積みが見込め、楽しみ。昨夜の降雨は大きな味方だった。そういう馬場の時は今後も信頼度が上がるだろう。
シャドウゲイトはパドックでも集中力を感じさせ、毛ヅヤはよかったが若干線が細く、もう少し筋肉がついてくれば更なる活躍が見込まれる。
コスモバルクは状態が良かったが、気性的に難しい馬だけに久々が影響したのかもしれない。4コーナー手前で外からメイショウサムソンが来た時に一瞬怯んだように見えたが気のせいだろうか。
メイショウオウテはやはり潜在能力が高い。キレで勝負するタイプで馬場を考慮し評価を若干下げた。良馬場だったらもっときわどかった可能性もあり、この馬にはこれからも期待をしたい。

ダービー卿CTはピカレスクコートが優勝。さわらび賞でみた時にいいものを持っていると感じたが、重賞制覇には時間がかかった。
マイル実績と中山適性を重視しピカレスクコートとコイウタをおさえの評価にしていたが、マイネルハーティーもニュージーランドTを勝って条件をクリアしていた。近走の結果から嫌ったが、直線での脚はなかなか迫力あるものだった。
対抗ダンスインザモアは久々に豪快な出遅れをみせてくれた。しかし前走でも見せたように、これは想定できたからしょうがない。
しかし本命に推したサイレントプライドが4コーナーすぎで包まれ、最後窮屈そうに枠沿いから抜け出すという苦しい競馬になったのは不運だった。
スムーズな競馬が出来ていれば、2着以上は充分あった。個人的な馬券も上位2頭をおさえの評価にし、2着以上に入っていてくれていたら3連単的中だっただけに大変残念無念。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.