穴馬 予想

競馬予想 日経賞

更新日:

今週から本格的な春競馬、G1シーズンに突入。高松宮記念はもちろん楽しみだが、今週は日経賞もなかなかのメンバーが揃い、各路線から集合している事もあって非常に興味深い1戦。
1番人気は前走で圧勝したマツリダゴッホか。以下は前走後の考察。
「AJC杯は雨が降っておらず、マツリダゴッホを軸にした。レースでは想像以上に強かった。
しかし、今後は天皇賞(春)という話もあるみたいだが、距離延長は基本的に歓迎ではないように思う。
次走は日経賞という話だが、中山の2500mならごまかしがきき、中山は得意なコースだろうから好走は可能のように思う。だが、天皇賞(春)では人気になっていても疑いたい。」

ネヴァブションの前走時の考察。
「パドックでも、風格さえ感じさせる出来で本命に指名。菊花賞で重い印をうった馬。距離、そしてキレのあるタイプはないので東京は微妙だったが快勝。」
東京2000mよりも中山2500mの方がむくだろう。実際に今回の条件で勝っている。状態次第では中心になる事は間違いないだろう。

フサイチパンドラは前走の敗因はコースだろう。広いコースの方がむくはず。潜在能力は非常に高いものをもっているが、中山のコースでは強く推すことができない。
トウショウナイトも同様で、さらに坂があるコースはあまりよくないかもしれない。ここで負けて人気を落とし、天皇賞(春)で爆走してくれたらおいしいが。
シャドウゲイトの前走は大外枠がこたえた。あの枠で勝ち馬を捕らえにいって4着という結果は優秀と言えるだろう。ベストの距離は2000m前後で今回距離は延びるが、中山のコースレイアウトを考えればそんなに問題はないだろう。
それ以外のメンバーもインテレットやエリモエクスパイアーなどがおり、大変楽しみな1戦である。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.