大阪杯 予想 穴馬 予想

先週2けた人気穴馬2頭激走!!2019大阪杯超人気薄の馬体考察と取捨のポイント

投稿日:

無料穴馬をお届けするモチベーションとなりますので、週に1日ほどクリックをお願いします。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2019年大阪杯の人気薄の出走馬の馬体考察や取捨のポイントなどをお届けします。

ダービー卿CTは無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けした無料穴馬7番人気マイスタイルが3着に。

高松宮記念は無料メルマガとLINEでお届けした調教推奨馬12番人気セイウンコウセイが2着に。

参考となっていれば幸いです。

無料穴馬予想はブログではお届けしていません。

重賞の穴馬と穴馬の考察は無料メルマガ(←クリック)とLINEでご覧ください。

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

Twitterでは競馬ネタ中心につぶやいてます。

Twitterでツイートを公式RT頂いた方へ不定期で穴馬をお届けしています。フォローしておいてください。

 

[大阪杯 2019 人気薄出走馬馬体考察]

ダンビュライト

骨格や首が高い走り方は、父ルーラーシップやドゥラメンテに通じるものがあり、父の父キングカメハメハの影響が強く出ている。

上半身と下半身のフォルムや手脚の長さなどは、キングカメハメハ産駒のリオンディーズに似ており、やはり父系の影響が出ているよう。首は高いものの走りはまずまずしなやかで、距離延長にも対応力がある。

古馬になってからは以前よりもボリュームが増している。それもあり前でレースをしているよう。

時計のかかる馬場や上がりのかかるレースで浮上の可能性が増す。

父ルーラーシップほど跳びが大きくない点から小回りコースも対応できるはず。道悪に関しては何とも言えないが、安定して走っており問題ないよう。

能力的に評価をしてきた馬で、3着と好走した皐月賞では12番人気と評価が低かったが本命に推した。

適性において複雑な記述となったが、条件を選ぶ分があり、条件の合うG1レースがそれほどない点から結果を残しづらい面がある。

ルーラーシップの仔は馬体をよく見せる馬が多く、馬体ほど走らないということも考えられるが、ルーラーシップ自身も晩成タイプで、産駒もその特徴を受け継いでいる可能性が高い。

デビュー以来ゆっくりと成長をし続けており、瞬発力など先天的な素質で勝負をするタイプではなく、鍛錬され後天的に資質を獲得していくタイプと言える。

その点から、産駒が古馬になってから結果を残していく可能性が高く、この馬にしてもよくなるのは早くて3歳秋で、古馬になってからが本番とお伝えしてきた。やはり重賞を初めて勝利したのは古馬になってからで、4歳初戦のAJC杯となった。

明け4歳を迎えたAJC杯では頭を小さく見せており、明らかに背が伸びて大分大人びた体型になっていたが、まだ身体がやや華奢な面もあった。

2018年の大阪杯では芯が一本通っている印象がありよくなっていたが、それでもまだ筋肉が付ききっていない点からG1で厳しいように感じ、宝塚記念においても筋肉量に少し物足りなさを覚えた。

2018年秋初戦のオールカマーでは宝塚記念時よりアタマが小さく映ったが、身体が大きくなって成長を感じさせた。天皇賞(秋)は出走することが出来なかったが、春までよりも体が大きく筋肉量も増している。

前走京都記念はベストに近い距離で流れが合う点からも本命に推した。今回はやはり能力的に通用するかという点がポイントになる。

 

ムイトオブリガード

母ピサノグラフは比較的スラっとした体型で、その父サンデーサイレンスの影響が強く出ていた。この馬は前でのレースが合う。

上がり最速をマークし続けていたが、スローの瞬発力勝負はあまりよくない。馬場の悪化に対応できるはず。父ルーラーシップほどではないものの同じようにゆったりしたフットワークをしているが、父も道悪は苦にしなかった。

心肺機能が発達しており長い距離に適性をみせている。2018年の阪神大賞典で敗れているが、3000mも対応できるはず。スピードの絶対値が高くその点が能力の源泉か。

2018年のアルゼンチン共和国杯で2着と好走したが、潜在的なスタミナが要求される点からレースの適性を有していた。上がり32秒台のレースで、前でレースをした馬を捕えることができなかった。

前々走日経新春杯時に初めて馬体を見たが、よくもなく悪くもないという印象であった。今回、相手がかなり強く、条件もそれほど合うわけではない。ただ、道悪はプラスになりえ、前でレースをする馬が有利な流れになれば追い風になる。展開と馬場状態次第。

 

ステイフーリッシュ

薄手な体型は間違いなく父ステイゴールドの影響が出ている。以前は下半身や後肢のつくりから決め手で勝負をする馬という印象であった。

ひと夏を越して3歳秋を迎えて馬体を見ると、前でのレースが合うイメージが強くなっていると感じたが、やはり下半身が薄く決め手を生かすレースの方が合う。

距離は2000m近辺が合うと考えたが、2歳時に初めて馬体を見た時などよりも胴が長くみえ、それほどボリュームのないつくりから2000mから2400m辺りがベストか。

2歳暮れのホープフルS時に、今後重賞で結果を残していく可能性があるとお伝えし、8番人気と評価が低かったため自信の穴馬に推した。3着と結果を残しているがフロックではなく、その後京都新聞杯を勝利。

2歳時は完成度で劣った。ダービーで久しぶりに馬体を見た際は印象があまり変わらず、成長している感じはしなかった。

ひと夏を越した神戸新聞杯では、共同通信杯時と比べると、上半身、下半身ともに実が入っていた。ただ、まだまだよくなる可能性がある。

前走京都記念は、京都外回りコースに変わる点がプラス材料で、距離も問題なかった。コース適性や能力的な面など課題は多いが、距離はベスト。

 

スティッフェリオ

距離は2000m以上が合うと感じたが、上半身と下半身の筋肉量のバランスから中距離の方がいいよう。

いい脚を長くつかうタイプで、脚質的に小回りコースの方がいいよう。上がりの速いレースはあまり合わないか。道悪に関しては何とも言えない。

馬体を見る限り別定戦の重賞でも通用しえるが、小回りコースの方がよく条件を選ぶため、ローカルのハンデ重賞で活躍していくかもしれないとお伝えしてきた。

大阪杯の阪神芝2000mという条件は合う。

もう少し筋肉量があった方が望ましく、これからまだよくなってくる可能性もあるが、3歳から成長しているようで、前走小倉大賞典、前々走福島記念と重賞を連勝しているが軌道に乗った感がある。

相手が強いが底を見せていない。特に小倉大賞典は57キロを背負い、外枠を克服して勝利しており内容のあるレースであった。

 

大阪杯調教推奨馬など、大阪杯のそれ以外の情報は無料メルマガ(←クリック)とLINEでご覧ください。時間があれば、上記以外の2019年大阪杯出走馬の考察もお届けします。

 

 

有料メルマガ有料穴馬は、高松宮記念で12番人気2着セイウンコウセイ、17番人気3着ショウナンアンセムを穴馬推奨。

ともに有料メルマガの「結論(1)」でお届けしたデータに符合した馬でした。

有料情報は大阪杯でも妙味のある穴馬や、大阪杯の馬券に直結する情報をお届けします。

有料メルマガでは、穴馬と危険な人気馬の見つけ方など予想の方法、翌年以降もつかえる馬券に直結するデータ、出走馬の馬体の考察等を配信。

競馬予想の腕を上げたい方はお付き合いください。

2か月購読料金21600円で通常4月末までのところ、5月の情報をサービスさせて頂き5月末までの情報をお届けさせて頂きます。

https://bataisindan.com/yuuryou-keiba-yosou/

有料穴馬の年期購読は、2か月購読料金と特典レポートをサービス。7か月購読料金18900円で12月末まで配信。

3か月購読料金8100円で6月末まで、2か月購読料金5400円で5月末までの情報をお届けさせて頂きます。

高松宮記念 12番人気2着 セイウンコウセイ
高松宮記念 17番人気3着 ショウナンアンセム
スプリングS 7番人気3着 ディキシーナイト
中山牝馬S 11番人気3着 アッフィラート
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
ダイヤモンドS 8番人気2着 サンデームーティエ
クイーンカップ 7番人気3着 ジョディー
きさらぎ賞 6番人気2着 タガノディアマンテ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオブプラーナ
シルクロードS 12番人気3着 ティーハーフ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレスアウェイ
シンザン記念 10番人気2着 マイネルフラップ

https://bataisindan.com/yuuryou-ananuma-2018/

-大阪杯 予想, 穴馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.