競馬 予想

大阪杯 2018 予想のポイントは?

更新日:

有料穴馬は日経賞で7番人気2着チェスナットコート、金鯱賞では8番人気2着サトノノブレスを穴馬推奨!!

※ 下記は有料穴馬で推奨した主な穴馬

日経賞 7番人気2着 チェスナットコート
金鯱賞 8番人気2着 サトノノブレス
共同通信杯 10番人気3着 エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着 ラセット
東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ
シルクロードS 5番人気2着 セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着 コスモカナディアン
AJC杯9番人気4着ディサイファ
京成杯10番人気4着ライトカラカゼ
ターコイズS 7番人気3着 デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着 ネロ
武蔵野S 8番人気2着 サンライズソア
スワンS 12番人気2着 ヒルノデイバロー

 

日経賞では一部の方へ特別な穴馬をお届けさせて頂きました。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

LINEでは穴馬など無料で重賞の情報をお届けしています。

 

[大阪杯 2018 展望]

先週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は、高松宮記念でレッドファルクスを軸にするのは危ういと感じ、セイウンコウセイを本命に推したが当日の体重減と厳しい展開のため不発。想定した枠でなかったため、穴馬も好走せず。少なくともナックビーナスに印をまわしたかったが、申し訳ない結果に。

日経賞は7番人気2着チェスナットコートを自信の穴馬に推奨して3連複23270円的中。有料穴馬でもチェスナットコートを穴馬としてお届けさせて頂いた。有料穴馬は月のアタマになり、最もご利用頂きやすい時期となるため、お付き合い頂ければ。

さて、今週の大阪杯は昨年よりもメンバーが揃っている印象。スワーヴリチャード、アルアイン、ペルシアンナイトなどのG1実績がある4歳馬に、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンド、ゴールドアクター、スマートレイアーなど4歳以外のG1実績馬が対峙という構図か。4歳馬はミッキースワロー、ダンビュライト、ウインブライトも頭角を現してきている。

明け4歳の馬が重賞で結果を残しているため、強い世代と言われているが、Twitterでアンケートをとると、G1で実績のある馬で決着すると考える人が多く、波乱含みと考える人は比較的少ないよう。

(回答頂きましてありがとうございました。)

個人的にも荒れる可能性は3割くらいと考えている。昨年は7番人気2着ステファノスを自信の穴馬に推奨したが、人気薄の出番はそれほどなかった。

荒れるとすれば2つのパターンが考えることが出来る。今回は特殊な状況になる可能性がある。また、過小な評価をされている馬もいるが、出来ればレースをしやすい枠に入って欲しいところ。G1実績馬が強いことに関しては同感であるが、何頭かは死角も存在する。

4歳馬が主流となっているが、実績で劣る4歳馬がG1実績馬と好勝負できるかもポイントだろう。その見極めには、3歳春の時点での能力差や完成度の違い、成長しているかという点から判別することが可能となる。

今週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」ではそれらの点について解説したい。

マルターズアポジーはダービー卿CTへ向かうようで、その点は少なからず影響するのではなかろうか。同型の馬にとっては歓迎材料で、後方からレースをする馬にとってはマイナス材料となるだろう。

ダービー卿CTでは人気上位の馬に死角があると考えており、人気薄の本命馬をお届けする予定。

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬をお届けしてまいります。

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

 

-競馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.