目黒記念 予想 穴馬 予想

目黒記念 予想 人気薄の買い材料と穴馬候補 穴馬の特徴

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年目黒記念人気薄の穴馬の買い材料や、過去目黒記念で走った穴馬の特徴をお届けします。

目黒記念の穴馬探しの参考となれば幸いです。

LINE(←クリック)では無料穴馬をお届けしています。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 


無料穴馬はLINEでお届けしています。(一部は独自配信のメール。詳細はLINEをご覧ください。)

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

 

目黒記念 人気薄の買い材料

 

ムイトオブリガード

母ピサノグラフは比較的スラっとした体型で、その父サンデーサイレンスの影響が強く出ていた。この馬は全体的に体高がある点から前でのレースが合う。

馬体のバランスはそれほどよくないが、欧州馬の一部にも似たようなイメージがある。

筋肉量が豊富でスピードの絶対値が高い点が能力の源泉。

前走の2000mからの距離延長でパフォーマンスを上げる可能性は高い。

サンアップルトン

胴長で肩と腰の傾斜が立ったつくりは父ゼンノロブロイの影響を感じさせる。

2020年の日経賞では4着に終わっているが、大外をまわしており、上位3頭はいずれも次走以降G1で好走している。その内容を鑑みるに重賞で好走しておかしくなく、デビュー後成長や変化があったかもしれない。

今回、55キロであれば能力的に通用する。

サトノルークス

父ディープインパクト、母の父サドラーズウェルズという血統。骨格や全体的に体高のあるつくりから持続力にベクトルが傾いており、サドラーズウェルズの影響を感じさせるフォルム。

馬体のつくりや、距離、コース適性などは、同じ母の父サドラーズウェルズという血統で皐月賞アンライバルドと似た印象。

タフな条件は合い、前でレースが出来ればなおいい。

アイスバブル

父ディープインパクト、母の父キングカメハメハという血統だが、やや丸みを帯びたフォルム、下半身の薄いつくりなど父の影響が出ている。

骨格や丸みを帯びたフォルムから決め手を生かすタイプではなく、飛節の形を見ると前でのレースが合う。

2020年、2019年のこのレースで2着と好走しており、当然ながらレースの適性を有している。

ナムラドノヴァン

母方のキングマンボの影響が出た体型と思われる。心肺機能が高い体型に見受けられないが、パワーと持続力があるタイプ。

阪神大賞典では状態がいい点などから本命に推したが、道悪も追い風になり9番人気で3着と好走。

能力的に54キロであれば通用しえる。

ダンスディライト

母ダンスインザムードはG1を2勝した名牝で、父キングカメハメハという良血。

骨格がやや発達している点、肩や腰の傾斜の感じ、若干丸みを帯びたフォルムなどサートゥルナーリアと似たイメージで、父キングカメハメハの影響が出ている。

ある部分を除けば馬体に弱点はなく、スムーズに前でレースが出来れば重賞で好走できておかしくない素質はある。

ディアマンミノル

デビュー前の馬体を見ると、胴長で肩の角度が寝ており長い距離向きの体型。ボリュームのある体型で持続力にベクトルが傾いている。

今回レースの適性面という点では上位。

ゴールドギア

馬体写真がないため能力や適性が判然としない。ロードカナロア産駒だが、父は母方の血統によって距離延長に適応できる馬を出す。

2020年の目黒記念は直線で内を突くも包まれて抜け出すのに手間取っていた。

前走オープンで勝っているが、55キロであれば能力的に通用しておかしくない。

 

無料穴馬はLINEでお届けしています。

 

目黒記念 調教推奨馬

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

東海S1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬に関してLINEをご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

 

※ 下記は調教推奨馬でお届けした内容

 

 

目黒記念 穴馬の特徴

 

○ 2018年目黒記念:9番人気1着ウインテンダネス

2000m以上の距離が合う馬で、広いコースに適性があるため条件が合った。

 

○ 2018年目黒記念:10番人気2着ノーブルマーズ

有料メルマガで本命推奨。馬体の面からも条件が合った。

前走OP特別2着と好走しており、近走の内容を考えると過小評価で買う価値が高かった。

 

○ 2017年目黒記念:13番人気3着ハッピーモーメント

実績は前々走の1600万条件の勝利しかなかったが、本格化していた。

それほど骨っぽい馬がおらず出番があった。

 

○ 2016年目黒記念:8番人気3着ヒットザターゲット

58キロを背負っていたが、能力的な裏付けがあった。

有馬記念以来のレースであったが、鉄砲も利く馬であった。

 

○ 2015年目黒記念:11番人気1着ヒットザターゲット

有料メルマガで自信の穴馬推奨。

近走結果が出ていなかったが、前の年の天皇賞(秋)では0秒2差の5着と善戦しており、能力上位であった。

 

○ 2014年目黒記念:12番人気2着ラブイズブーシェ

自信の穴馬推奨。

有馬記念で4着と好走した後、結果を残すことが出来ていなかったが、2000mのレースで距離不足であった。

距離延長でパフォーマンスを上げる結果に。

 

○ 2014年目黒記念:8番人気1着マイネルメダリスト

穴馬推奨。

人気馬に死角があり、54キロも追い風になった。

 

○ 2012年7番人気2着トウカイパラダイス

上りの速いレースとなり、前残りの結果に。

前走天皇賞(春)は距離が長かったが、ペースが落ち着いてそれほどスタミナが要求されない流れとなったことも追い風になった。

 

○ 2011年目黒記念:7番人気1着キングトップガン

51キロという斤量でまずまずゆったりした流れで先行して粘り込む形に。

ダートや坂のある阪神で結果を残しており、降雨により時計のかかる馬場になったことが追い風に。

 

○ 2010年目黒記念:9番人気2着イケドラゴン

東京コースで2勝。道中13秒近辺のラップが続く落ち着いた流れの中で逃げて展開の恩恵を受ける形に。

それにくわえて斤量が51キロと軽かったことも大きな追い風に。

 

○ 2009年目黒記念:8番人気1着ミヤビランベリ

元来能力の高い馬で55キロは恵まれた斤量。

馬体からもこの条件はほぼベストであった。

不良馬場で行われていたが、馬場の悪化とともによりスタミナが要求される条件となったことも追い風に。

 

○ 2009年目黒記念:17番人気3着ハギノジョイフル

52キロという恵量で道悪のレースでも結果を残していたが、勝ち馬とともによりスタミナが要求される不良馬場が追い風になった。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

目黒記念 危険な人気馬の特徴

2020年
2番人気6着オセアグレイト:前でレースをしたがペースが上がり展開的に厳しかった。
3番人気15着タイセイトレイル:決め手では劣るため位置取りが後方すぎた。
4番人気9着ボスジラ:
5番人気5着ゴールドギア:不利があった。

2019年
1番人気8着ブラストワンピース:59キロを背負っており、スタミナが要求される条件も合わなかった。
2番人気5着ムイトオブリガード:状態があまりよくなかったか。
4番人気10着パリンジェネシス:ペースが上がって展開的に厳しいレースに。

2018年
2番人気11着チェスナットコート:前有利の展開ともに響いたか。
3番人気6着ゼーヴィント:距離が長く、控えるレースをして展開も向かなかった。
4番人気13着フェイムゲーム:展開が合わなかった。
5番人気12着サウンズオブアース:前有利の流れとなり後方からのレースで脚を余す結果に。

2017年
2番人気9着ウムブルフ:
3番人気8着モンドインテロ:直線で包まれて脚を余す結果となった。
4番人気7着カフジプリンス:後方からのレースとなり持ち味が生きず。
5番人気11着サラトガスピリット:

2016年
2番人気6着タッチングスピーチ:距離が長かった。
4番人気5着人気モンドインテロ:決め手で劣った。
5番人気7着スーパームーン:休み明けにくわえ、マイナス14キロと体重が減っていたことにくわえ、上りの速いレースも合わなかった。

2015年
2番人気6着ダービーフィズ:中距離馬で条件合わず。
5番人気12着ステラウインド:
3番人気9着アドマイヤスピカ:直線でスムーズさを欠いたか。
LINEでは重賞の無料穴馬をお届けしています。

-目黒記念 予想, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.