日本ダービー 予想

日本ダービー 予想 2021 人気薄の買い材料と穴馬候補 穴馬の特徴

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年日本ダービーの人気薄の穴馬の買い材料や、過去日本ダービーで走った穴馬の特徴をお届けします。

日本ダービーの穴馬探しの参考となれば幸いです。

LINE(←クリック)では無料穴馬をお届けしています。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 


無料穴馬はLINEでお届けしています。(一部は独自配信のメール。詳細はLINEをご覧ください。)

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

 

日本ダービー 2021 人気薄の買い材料

 

 

ヴィクティファルス

母は大器と言われたシルバーステートの半姉で良血となる。

デビュー前の馬体を見るとかっちりしたつくりをしており広いコースの方が合うと感じた。その点を見るにトニービンの血が入っているのではないかと感じたが、父はハーツクライでその母の父に入っている。

過去の名馬と似たタイプでは、菊花賞を制したザッツザプレンティとイメージが重なる部分がある。

2004年にキングカメハメハが勝った時のような潜在的なスタミナが要求される厳しい流れになれば。

 

ステラヴェローチェ

頭の位置が高いつくりや走法をしており、距離にはある程度限界を感じさせるが、体型は中距離に本質があるように見受けられる。

皐月賞で3着と好走しているが、体型を見るに中山内回りコースはあまり合わず、東京コースに変わる点は好材料で、能力的にも底を見せていない。

 

ラーゴム

父オルフェーヴルはきさらぎ賞で3着に敗れた後、スプリングSを制し、そこから快進撃が始まったが、エポカドーロもスプリングS、皐月賞を連勝しておりこの時期になって急激によくなった。

この馬も皐月賞時に馬体を見た際、能力的に良化していた。

ディープインパクト産駒のサトノダイヤモンド、マカヒキ、ワグネリアンなどが古馬になってからG1を勝てておらず、成長力を欠く点をディープタイマーなどと揶揄する声もある。

それとは逆にこの馬は父やその代表産駒と同じ時期によくなっており、ポジティブな意味となるオルフェーヴルタイマーが発動したのかもしれない。

皐月賞は小回りコースであったが、広いコースの方が比較的合うはず。

 

グラティアス

ある程度筋肉量やボリュームを感じさせながらも手脚が長めなつくりは父ハーツクライの影響が出ている。

能力的なアピールポイントが見当たらず、そこまで高い素質を感じないが悪くない馬体ではあり、ハーツクライ産駒は馬体に弱点がなければそういった馬でも走る傾向がみられる。

2400mへの距離延長に関しても3歳春であれば能力差があるため、タフな条件でなければ対応できる。

 

ヨーホーレイク

ダート重賞で活躍したボレアス、弥生賞勝ち馬でクラシックレベルの力を有していたカミノタサハラなどの全弟。

手脚の長い体型で東京コースは合い、距離延長にも対応可能。条件はベストに近い。

 

バスラットレオン

前でレースをしているが、上半身と下半身ともに筋肉量がしっかりしており、持続力を生かすレースが合う。

前有利の馬場とペースであれば。

NHKマイルカップでは落馬がなければ勝ち負けまであっておかしくなかった。

今回は前走時と比べてわずかに迫力を欠くが、出来は申し分ない。

 

タイムトゥヘヴン

母は桜花賞馬キストゥヘヴンという血統で、兄にアルゼンチン共和国杯やAJC杯で好走し、京成杯を勝っているラストドラフトがいる。

デビュー前の馬体を見ると、弥生賞時の馬体よりも手脚が長めで重心が高いつくりから広いコースの方が合うつくりであった。そこまで距離に限界を感じさせず、中山芝2200mなどがベストのように感じられた。

デビュー後の馬体を見ると、母キストゥヘヴンと似た骨格のフォルムになっており、馬体のボリュームや筋肉量が増してスピードタイプに変化している。

メリハリなど出来に関しては良好。

 

 

無料穴馬はLINEでお届けしています。

 

日本ダービー 2021 調教推奨馬

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

東海S1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬に関してLINEをご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

 

 

日本ダービー 穴馬の特徴

 

○ 2020年日本ダービー:10番人気3着ヴェルトライゼンデ

自信の穴馬推奨。

前走皐月賞で出来がよかったが崩れており敗因が不透明であったが、蹄に問題があったよう。

その問題が解消され、馬体に無駄肉が一切ついていない締まった状態で確実に力を出せる出来にあった。

 

2019年日本ダービー:12番人気2着ロジャーバローズ

本命推奨。以前はもう少しがっしりしたイメージがあったが、素軽さを感じさせる体型に変わっていた。

以前よりも筋肉のつき方にメリハリを感じさせる点などよくみせ、背中のラインや腰のつくりなどパーツも申し分なく、能力的に上積みを感じさせた。

 

○ 2018年日本ダービー:16番人気3着コズミックフォース

先行したが、ペースが落ち着いて展開の恩恵があった。カッチリしたつくりで東京コースも合った。馬体の面からも素質を感じさせた。

 

○ 2014年日本ダービー:12番人気3着マイネルフロスト

距離は長かったが、ロスのないレースで克服。

共同通信杯では冬毛が伸びていたが、調教の内容がよく、状態もよかった。

 

○ 2013年日本ダービー:8番人気3着アポロソニック

無駄肉がつかず、毛ヅヤも上々で状態がよかったことが最大の好走要因。

 

○ 2011年日本ダービー:10番人気2着ウインバリアシオン

馬体面から能力が高いと判断し有料メルマガで本命推奨。

この距離とコースが合い、状態も上昇。

青葉賞で上がり最速の脚をつかって勝利する内容のあるレースであったが、それほど人気がなかった。

 

○ 2011年日本ダービー:8番人気3着ベルシャザール

馬体面からも能力高く、穴馬推奨。

前走皐月賞は状態がひと息であったがここで上昇していた。

人気馬は距離や道悪などを苦に崩れる結果に。

 

○ 2010年日本ダービー:7番人気1着エイシンフラッシュ

休み明けだった前走皐月賞からさらに上昇。

前半1000m通過1分1秒6とペースが落ち着き、上がりが32秒台で決着する流れが追い風になった。

 

○ 2009年日本ダービー:8番人気3着アントニオバローズ

ややパワーにベクトルが傾いており、降雨により時計のかかる馬場になったことが大きな追い風に。

皐月賞をぶっつけで使い、前走プリンシパルSも本調子でなかったがここで上昇。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

日本ダービー 危険な人気馬の特徴

2020年
3番人気8着ワーケア:能力的に劣り、馬体が立派で状態も芳しくなかった。
4番人気11着サトノフラッグ:馬体を見る限りそこまで高い素質を有していなかった。
5番人気13着ダーリントンホール:スタートがひと息で後方からのレースとなり持ち味が生きなかった。

2019年
4番人気18着アドマイヤジャスタ:後方からのレースが響いた。完成度も低く過剰評価。マイナス16キロという体重減が直接的な敗因。
5番人気7着ランフォザローゼス:

2018年
1番人気6着ダノンプレミアム:距離が長かった。
2番人気5着ブラストワンピース:直線で前が壁になる不利があった。
3番人気12着キタノコマンドール:故障が影響。

2017年
4番人気5着アルアイン:ペースが落ち着いてスタミナが要求されない流れとなったが、距離が長かった。
5番人気10着サトノアーサー:位置取りが後方でペースが落ち着いたことが響き、現状では完成度で劣り、展開の不利を覆すことが出来るだけのものはなかった。

2016年
4番人気5着リオンディーズは:スタート後、かかっていたようだが、気象的な難しさが5着に敗れた要因。決め手を生かすレースよりも前でのレースの方が持ち味は生きた可能性がある。
5番人気6着スマートオーディン:

2015年
2番人気4着リアルスティール:後方からのレースで持ち味生きず。
4番人気9着レーヴミストラル:まだ完成度が低く、青葉賞の内容もそれほどではなかった。

2014年
2番人気5着トゥザワールド:
4番人気12着レッドリヴェール:体重が大幅に減っていた。
5番人気16着トーセンスターダム:直線でラチにぶつかった。

2013年
2番人気5着ロゴタイプ:距離が長かった。
4番人気9着コディーノ:
5番人気13着ヒラボクディープ:後手を踏んで持ち味生きず。決め手のあるタイプでもなかった。

2012年
1番人気4着ワールドエース:馬場状態がよく届かず。
2番人気5着ゴールドシップ:瞬発力で劣り、後方からのレースが仇に。
4番人気10着グランデッツァ:

2011年
2番人気7着サダムパテック:距離が長かった。
3番人気12着デボネア:デットーリ騎乗で過剰人気。パワータイプで条件も合わず。
4番人気4着ナカヤマナイト:完成度で劣っていた。
5番人気9着トーセンレーヴ:瞬発力不足。

LINEでは重賞の無料穴馬をお届けしています。

-日本ダービー 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.