穴馬 予想

10番人気本命激走!!目黒記念的中 重賞回顧

更新日:

後日、安田記念2018の2けた人気穴馬候補をの備考欄へ更新。

ランキングの順位は150位くらい。スマホであれば下へスクロールしていくと上部に順位などが表示されます。

 

有料情報旧読者の方へ26日土曜16時以降にメールを送信させて頂きました。

届いていない方は迷惑メールのフォルダをご確認下さい。アドレスが変わった方はフルネーム、旧アドレスを明記して有料専用アドレス(←クリック)へご連絡ください。

旧読者、有料情報以外のご連絡はお控えください。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

目黒記念はLINEで無料穴馬をお届けしましたが、配信機会3回連続穴馬激走ならず。

またいい穴馬がいればお届けしたいと思います。

LINEの次回配信では安田記念の調教推奨馬をお届けします。

重賞の穴馬をお届けする場合は、当日午前8時にLINEでお届けします。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は目黒記念で10番人気ノーブルマーズを本命に推し、馬連は逃したものの、◎○でワイド1680円1点的中。

ノーブルマーズ
※ 下記はお届けした考察の一部

ジャングルポケットは東京のG1レースを2勝しているが、産駒には骨格が発達した馬が多く、中山などに適性のあるパワータイプの馬が多い。現役時は瞬発力に特化したタイプであったアドマイヤベガがジャングルポケットと似たような産駒を多く出しているが、両馬に入っているトニービンの血が影響しているためか。

この馬は肩のラインなどはジャングルポケット産駒のオウケンブルースリと似ており、長い距離に適性がある。全体のバランスはひと息で重賞では厳しいように感じる。長い距離が合い、3000m以上の距離も全く問題ないはず。

長距離など特殊な条件であれば重賞でも浮上の可能性はある。

※ 下記はお届けした考察の一部

骨格やボリュームなどを見るとタフな条件は合いそう。血統的にも過去の好走パターンに符合する。先行出来れば展開の恩恵を受ける可能性もある。

 

[重賞回顧]

○ 日本ダービー

前日の東京の結果を見ると、3歳500万条件で2分24秒4という速い時計が出ていた。

当日も4歳以上1000万条件で2分22秒9と速いタイムが出ており、近年高速馬場の影響が大きいが、2018年はその中でも最も顕著な状況であった。

例年ダービー1000m通過の時計は59秒台が水準となるが、2018年は60秒8という時計で、馬場を考えるとかなり遅いペース。先団と後方につけた馬の間隔が短かった点からもかなりスローペースであったことが分かる。

勝ったワグネリアンは鞍上が外枠17番という不利な枠に入っていながら上手く前目の位置につけることが出来たことが勝因。皐月賞時と比べると絞れており、状態も悪くなかった。

2着エポカドーロは本質は中距離にあり、距離を懸念したが、スローペースが追い風になった。スプリングSの内容から勝利した皐月賞もフロックではなかったことが分かるが、想定以上の資質を有しているかもしれない。

16番人気で3着と好走したコズミックフォースはやや内目の枠から先行してロスのないレースが出来た点が最大の好走の要因。東京コースも合った。

13番人気で4着と惜しいレースであったエタリオウは上位の中で最も目立った脚をつかっており、一番強いレースをしたと言える。後方からレースをしてパフォーマンスを上げたことが好走の要因か。

1番人気で6着に終わったダノンプレミアムは距離の面を考慮して馬連の対象から外した。鞍上の「2400メートルを良く我慢してくれました。ゴールしてからすぐ止まってしまうほど精一杯でした」というコメントからも距離が長かったことが敗因と見て間違いない。

2番人気ブラストワンピースは直線で前が壁になり、外に出す形となったが、切れる脚がなく5着までという結果。スムーズなレースであれば、勝ち負けはなかったかもしれないが、3着は十分あった。不利を覆すことが出来るだけの状態と能力ではなく、まともであっても勝ち負けまでは難しかった。

本命に推した3番人気キタノコマンドールは12着までという結果。スタートは悪くなかったが、前でレースをせず直線で大外をまわして万事休す。「二の脚が遅かった」というコメントを残しており、完成度の面が影響したか。

○ 目黒記念

例年前半800mは48秒0近辺で推移するが、2018年は49秒2という遅いペースで推移。上がり3ハロンのラップが全て11秒台で決着している点からも前有利の流れであったことが分かる。

7.3 - 11.4 - 11.5 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.4 - 11.3 - 11.8

9番人気で勝利したウインテンダネスは前走1600万条件に続いて連勝という結果。条件戦で燻っていたが、前でのレース、距離延長で開花したよう。

本命推奨した10番人気ノーブルマーズは2着と好走。過去の好走パターンに符合した。馬体の面からも条件が合ったが、近走の内容を考えると過小評価で買う価値が高かった。

3着パフォーマプロミスは距離、コースなど条件が合い、休み明けであったが、鉄砲も比較的利く点から人気上位の中で最も割引材料が少なく好走の可能性は高かった。

2番人気11着チェスナットコートは完成度で劣っており、押さえまでの評価。プラス8キロの体重増、前有利の展開ともに響いたか。

3番人気6着ゼーヴィントは距離が長い点を考慮し馬券の対象から外した。

人気馬が押しなべてこける結果となったが、巻き返す可能性がかなりある。

 

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。ありがとうございます。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

 

有料穴馬では重賞の穴馬をお届けしています。

※ 下記は主な推奨穴馬

新潟大賞典 11番人気3着 ナスノセイカン
皐月賞 8番人気3着 ジェネラーレウーノ ※ 特別に配信
ダービー卿CT 9番人気3着 ストーミーシー
日経賞 7番人気2着 チェスナットコート
金鯱賞 8番人気2着 サトノノブレス
共同通信杯 10番人気3着 エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着 ラセット
シルクロードS 5番人気2着 セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着 コスモカナディアン
ターコイズS 7番人気3着 デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着 ネロ
武蔵野S 8番人気2着 サンライズソア
スワンS 12番人気2着 ヒルノデイバロー

その他にもニュージーランドT12番人気4着ゴールドギア、東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ、AJC杯9番人気4着ディサイファ、京成杯10番人気4着ライトカラカゼなど、惜しい結果となっています。

 

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬など情報をお届けしています。

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.