毎日王冠 予想

毎日王冠 予想 2018 傾向

投稿日:

京都大賞典と毎日王冠の穴馬候補をブログランキングへ更新。

の備考欄へ更新。順位は110位くらい

の備考欄へ更新。順位は80位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は毎日王冠の傾向をお届けします。

セントウルステークス7番人気3着グレイトチャーター、新潟2歳ステークス8番人気3着スティルネスなどが馬券に絡みましたが、久しぶりに穴馬をお届けさせて頂きます。

毎日王冠の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」でお届けします。

LINEでもご覧頂けます。

京都大賞典の穴馬をお届けする場合も無料メルマガでお届けします。

読者の方から穴馬の的中報告(←こちら)を頂戴しました。

 

[毎日王冠 2018 傾向]

○ レースのポイントと概要

過去の勝ち馬にリアルスティール、エイシンヒカリ、グラスワンダー、ダイワメジャー、エイシンプレストン、サイレンススズカなどが名を連ねるとおり、このレースはG1に準ずる格があった。

2000年以前はG1勝ち馬やG1で活躍していた馬が参戦して勝利するケースが多く、レースレベルは安定していた。

その後、レースレベルが落ちる年がみられる。

これは天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念の3レースを制した馬にボーナスが支給され、宝塚記念や札幌記念から天皇賞(秋)へ直行する馬が増えたことや、凱旋門賞へ参戦するというケースなどが影響しているため。

出走馬のレベルが低い年を除けばG1レベルの能力が必要となるが、近年は3歳馬の活躍が目立ち、古馬の実績馬が人気を裏切るというケースもみられる。

連対馬の人気をみても、1番人気の連対は5頭、2番人気の連対は2頭という結果で、人気上位の馬の信頼度はぞれほど高くない。

○ コースが及ぼす影響

近年のレースの時計、前半後半800mの時計、ラップをみると、良馬場で行われる場合は前半800mよりも後半800mの時計の方が速い。

ダイワメジャーがとばして先行した2007年や、サイレンススズカが逃げた1998年を除けば、良馬場で行われたレースでは、前半800mのペースが47秒台から46秒台近辺で推移することが多い。

連対馬の1800mでの実績や時計をみたところ、さして関係性はないようだが、マイラーでは厳しい条件。

連対馬のオープンでの勝利、重賞連対の最長距離は下記のとおり。

2200m以上…7頭
2000m…7頭
1800m…2頭
1600m…4頭

1600m までしか実績がなかったのは、前残りに近かった2014年のサンレイレーザー、3歳馬で1800m以上のレースの出走経験がなかった2012年1着カレンブラックヒル、2011年2着リアルインパクト。

2012年ジャスタウェイも3歳馬で、1800m以上の距離は2400mでの出走のみということもあり、1800m以上の距離での実績がなくても仕方がなかった。

純然たるマイラーよりも中距離で実績のある馬の方がいい。

○ 毎日王冠・実績と臨戦過程

過去10レースの連対馬20頭の重賞実績をみると全ての馬に重賞レースでの連対があり、そのうち10頭の馬にはG1レースで連対があった。

連対馬に重賞レースでの実績がある点にはさしておかしくはないが、3着馬も2017年グレーターロンドン、2014年スピルバーグを除いた8頭に重賞勝ちの実績があった。

連対馬の前走からの間隔をみると、休み明けの馬が多いが、バラバラで参考とならない。

大まかに分けると、“夏にレースにつかわれていた馬”と“春以来で休養明けの実績馬”に分かれる。

 

穴馬や危険な人気馬の特徴などより詳細な傾向は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」でお届けしています。

-毎日王冠 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.