穴馬 予想

京都金杯 2022 穴馬予想 穴馬と危険な人気馬の特徴 追い切り情報

更新日:

追い切り情報・調教推奨馬は木曜以降競馬人気ブログランキング(←クリック)のサイト情報へ更新

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

ホープフルステークスは無料穴馬8番人気ラーグルフが3着に好走。

お役に立っていれば幸いです。

有料穴馬(←クリック)では無料情報から人気薄の推奨馬を厳選して配信。

京王杯2歳ステークス 8番人気1着キングエルメス
富士ステークス 9番人気2着 サトノウィザード
神戸新聞杯 8番人気3着 モンテディオ
セントライト記念 9番人気1着 アサマノイタズラ
京成杯AH 12番人気2着 コントラチェック
紫苑S 12番人気3着 ミスフィガロ
小倉2歳S 8番人気3着 アネゴハダ
札幌記念 8番人気3着 ペルシアンナイト
クイーンS 8番人気3着 サトノセシル
函館記念 12番人気3着 バイオスパーク
函館2歳S 10番人気3着 グランデ
CBC賞 8番人気1着 ファストフォース

より妙味のある穴馬、好走の可能性が高い穴馬、超人気薄の穴馬をお届けしています。

効率的な的中や高配当的中を狙いたい方は有料穴馬(←クリック)にお付き合いください。

 

中山金杯 2022 無料予想

[PR]

年末大勝の無料予想

4日間77万円獲得

有馬記念~地方競馬までお任せ!

20万・30万馬券を連発です(^▽^)

━━━━━━━━━━━━━━

-年末の無料予想-

・12/26 有馬記念 →320,700円

・12/27 大井1R →174,900円

・12/28 大井1R →263,400円

・12/29 東京大賞典→15,600円

【獲得計】774,600円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

年明け中央の無料予想は・・・

5日:中山金杯

9日:シンザン記念

年明けいきなり30万馬券出すかもです!

→中山金杯+シンザン記念の無料予想

2021年最高値はエーデルワイス賞・57万円!!

地方も合わせて無料予想チェックしてください。

 

京都金杯 2022 追い切り情報 調教推奨馬

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に好走。

 

○ 京都金杯・追い切り情報

人気薄含む追い切り情報・調教推奨馬を競馬人気ブログランキング(←クリック)のサイト情報へ更新


競馬ランキング

(ランキングの見方が分からない人はこちら(←クリック)をご参照ください)

 

 

京都金杯 2022 予想動画

2022年の動画は更新完了。

YouTubeのチャンネル登録(←クリック)をしてご覧ください。

 

京都金杯 2022 無料穴馬

バスラットレオン

胴回りに体高のあるつくり、肩や腰の傾斜などフォルムは父キズナの影響を感じさせる。

余談となるが、父キズナは現役時代、距離が延びていい体型に見受けられなかった。キズナは種牡馬として阪神大賞典を制したディープボンドも出しているが、ディープボンドはリファールやヘイローの強いクロスが影響して特殊なタイプに出たと思われる。

キズナ産駒には、この馬やマルターズディオサ、ビァンフェなど、1600m以下で結果を残している馬が多く、短距離が主戦場なのかもしれない。

キズナ自身も天皇賞(春)で人気を背負って2度凡走しているが、距離を嫌って軽視した。また、現役時に陣営が「マイルも走る」というコメントを残していたことを記憶している。

話が脱線したが、この馬はキズナよりも胴が短めでやや頑健なつくりで、タイプとしては父よりもスピードとパワーにベクトルが傾いたタイプで、父方のニューアプローチなど母方の影響が出ているか。

もしくは、この馬の母は異系のアホヌーラの強いクロスをもっており、その影響が出ているかもしれない。

富士Sではかなり掛かっていたが、出遅れや落馬がつきまとっており気性の悪さも課題。

心肺機能が高い馬で逃げるレースの方が持ち味が生きる。

前走富士Sは逃げずに先行する形が響いたが、い思い切ったレースをすることが好走するためのポイント。

57キロを背負っても力を出し切れれば能力上位で、アタマまであっておかしくない存在。

 

京都金杯 穴馬の特徴

 

○ 2019年京都金杯:11番人気3着ミエノサクシード

重賞やオープンで複数実績があり能力的に通用しえたが過小評価であった。

人気上位の馬に不安材料があったことも追い風に。
○ 2016年京都金杯:13番人気2着テイエムタイホー

前々走OP特別で勝利していたが侮られていた。ペースは水準くらいであったが前有利となった。スタートを決めて先行できたことが大きかった。

 

○ 2014年京都金杯:6番人気1着エキストラエンド

初めてのマイル戦であったが、東京で3勝と直線が長いコースが合い、決め手も有していた。ペースが流れてスタミナが要求される条件となったことも大きな追い風に。

 

○ 2013年京都金杯:6番人気2着トライアンフマーチ

58キロが嫌われていたが、元々能力が高い馬。たたき2走目で状態が上がっていたことが好走の要因。

 

○ 2011年京都金杯:7番人気1着シルポート

前半800m47秒4とペースが落ち着いて展開の恩恵があった。前走ファイナルSをハンデ戦で56キロを背負いながら勝利。前々走鳴尾記念ではハイペースで逃げながら4着と崩れておらず過小評価。

 

○ 2010年京都金杯:5番人気1着ライブコンサート

ムラ馬も東京や、京都・阪神外回りコースのマイル戦で5勝。コースの適性にくわえて、減っていた馬体重もプラス12キロと回復しており復調もあった。

 

○ 2010年京都金杯:13番人気7着レインダンス

たたき3走目で走り頃。京都のマイルも合い、ペースが流れたことも追い風となった。

 

○ 2009年京都金杯:7番人気1着タマモサポート

平坦コースは走る馬で京都は3勝。前走マイル戦のOP特別キャピタルSを勝っていたが評価されず。ある程度ペースが上がったことも追い風に。

 

○ 2008年京都金杯:9番人気3着カネトシツヨシオー

前走の阪神カップでは距離が短すぎたが、マイルに戻り台頭。しまいの瞬発力勝負となり、決め手が生きる形に。

 

○ 2007年京都金杯:7番人気1着マイネルスケルツィ

逃げる競馬をしたが、前半800m47秒4とややペースが落ち着き展開の恩恵を受ける形に。道悪は走る馬で馬場の悪化も追い風となった。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

京都金杯 危険な人気馬の特徴

2019年
2番人気7着サラキア:距離が忙しく、ペースが上がらず展開も合わなかった。
3番人気8着カツジ:出遅れてペースも上がらなかったため脚を余す結果に。
4番人気6着グァンチャーレ:直線で包まれた。

2018年
2番人気8着ラビットラン:道中で気負っていた点が響いたか。
5番人気13着ウインガニオン:

2017年
2番人気4着:アストラエンブレム:上がり2位の脚をつかったが、外をまわしたため届かず。
3番人気9着ブラックムーン:ここは相手が強かった。
4番人気13着ガリバルディ:かなり後方からのレースになったことが響いた。
5番人気8着マイネルハニー:スムーズに先行できず、それが響いてペースが上がった面もあるか。

2016年
1番人気10着トーセンスターダム:スタートひと息で、状態もよくなかった。
2番人気12着オメガヴェンデッタ:
4番人気7着エキストラエンド:プラス8キロ、斤量、外枠、後方からのレースなどが響いた。
5番人気4着シベリアンスパーブ:前有利の流れで、やや後方からのレースをして捉えられず。

2015年
1番人気5着グランデッツァ:出来が落ちていた。
2番人気4着フルーキー:
3番人気8着シェルビー:後方からのレースとなって脚を余し、体重も増えていた。

-穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.