金鯱賞 予想

金鯱賞 2021 人気薄の買い材料 穴馬と危険な人気馬の特徴と傾向

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は金鯱賞の人気薄の買い材料、金鯱賞で過去人気薄で走った穴馬の特徴などをお届けします。

弥生賞、チューリップ賞はガチガチの決着。波乱の可能性が低いため無料穴馬の配信はお休みさせて頂きました。

オーシャンステークスのみLINE(←クリック)で無料穴馬を1頭お届けさせて頂き、6番人気でしたがビアンフェが3着に入って4週連続無料穴馬好走!!

オーシャンS 6番人気3着ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着ヴィクティファルス

無料穴馬はLINEでお届けしています。友だち追加しておいてください。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

 

金鯱賞 2021年 人気薄の買い材料

サトノフラッグ

3歳春の馬体を見ると、ディープインパクト産駒だが、首さしや骨量のあるフォルムなどを見るとかなりパワーにベクトルが傾いたタイプであった。

2000mという距離や坂のある直線が長いコースは合う。

古馬になって初戦となるAJC杯時に馬体を見た際に以前よりも垢ぬけた印象があった。

馬場の悪化があれば道悪の適性からも脚質的にも追い風となる。

 

サンレイポケット

父ジャングルポケット、母の父ワイルドラッシュという血統だが、薄手な体型で母方のサンデーサイレンスの影響を強く感じさせる。

同じような血統構成だが、体型などはヒカルカザブエ(父ジャングルポケット、母の父サンデーサイレンス)と似ており、同じような条件が合う。

能力的に上積みの余地を残している状態で重賞でも毎日王冠、新潟大賞3着などある程度結果を残しており、今後成長があれば飛躍していく可能性があると考えた。

直線が長いコースの2000mは条件的に悪くない。

 

ペルシアンナイト

上半身に体高があるつくりや、やや手脚が長い体型などエキストラエンドに似ている。

距離は1600mから2000mが守備範囲と考えたが、以前よりもボリュームが増してマイラー体型に変化している。

ただ、2020年の札幌記念ではかなり筋肉量がそぎ落ちたフォルムであったが2着と好走。あれほど体型に変化があり好走するというケースは非常に珍しい。

体調のよさを感じさせこの春はどこかで走るかもしれない。

降雨が馬場に影響があり良馬場まで回復した状況であれば。

 

ジナンボー

デビュー前の馬体を見ると、距離に限界を感じさせないが、丸みがあるフォルムでスピードタイプ。

マイラーほど筋肉量があるタイプではないが、デビュー後の馬体を見てもやはり中距離に本質があり、2000m近辺が合う。

今回、広いコースの2000mは条件的に合い、レースの適性という点では上位。

 

ギベオン

胴長でやや丸みを感じさせる体型は父ディープインパクトの影響が出ている。ボリュームのあるつくりからスピードタイプに出ており、胴の短さなどから距離にある程度限界がある。

昨年の金鯱賞は状態が非常によかったが、直線で包まれて脚を余して4着までという結果。まともであれば2着はあった。

前走白富士Sは影響がどれだけあったか判断が難しいところだが、直線でやや窮屈なレースとなっていた。

 

 

金鯱賞 穴馬の特徴と傾向

2020年8番人気2着サトノソルタス

道中3番手追走と前でレースをしたが、ペースが極端い緩んだ点が追い風に。

 

2018年8番人気2着サトノノブレス

自信の穴馬推奨。

10月の凱旋門賞以来のレースであったが、馬体に余裕残しがなかった。

2016年に本格化してからそれほどレースをつかわれていない点からまだ走る可能性を秘めていた。

 

2017年7番人気2着ロードヴァンドール

前走小倉大賞典で4着に敗れていたが、速い流れの中を2番手先行しており悪くない内容であった。

 

2017年13番人気3着スズカデヴィアス

低迷を続けていたが、前走オープンで勝利していた。

距離が合ったことも好走の要因。

くわえて、激走したというよりも実績上位の馬に助けられた面が強い。

 

重賞の無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

 

金鯱賞 消えた人気馬の特徴と傾向

2020年
2番人気10着ロードマイウェイ:スタートがひと息で後手を踏んで展開が向かなかった。
4番人気6着ニシノデイジー:
5番人気11着サトノガーネット:ペースが落ち着いて展開が向かなかった。

2019年
3番人気5着アルアイン:出来がよくなかった。
4番人気4着ペルシアンナイト:

2018年
3番人気4着ヤマカツエース:
4番人気8着メートルダール:仕上がりがよくなかった。
5番人気6着ブレスジャーニー:展開が向かなかった。

2017年
3番人気6着ステファノス:
4番人気7着ルージュバック:この春は体調があまりよくなかった。
5番人気11着サトノノブレス:休み明けの影響があった。

 

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

-金鯱賞 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.