京成杯 予想

京成杯 2022 穴馬予想 追い切り情報 穴馬と危険な人気馬の特徴

更新日:

3歳クラシックの情報(←クリック)をYouTubeにて更新

 

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

京成杯の追い切り情報は後日更新します。

波乱がある場合は週末に京成杯の無料穴馬も更新する予定です。

まず、京成杯で人気薄で走った馬・穴馬の特徴、京成杯で人気で凡走した馬・危険な人気馬の特徴をお届けします。

 

有料穴馬(←クリック)では無料情報から人気薄の推奨馬を厳選して配信。

京都金杯 7番人気1着ザダル
京王杯2歳ステークス 8番人気1着 キングエルメス
富士ステークス 9番人気2着 サトノウィザード
神戸新聞杯 8番人気3着 モンテディオ
セントライト記念 9番人気1着 アサマノイタズラ
京成杯AH 12番人気2着 コントラチェック
紫苑S 12番人気3着 ミスフィガロ
小倉2歳S 8番人気3着 アネゴハダ
札幌記念 8番人気3着 ペルシアンナイト
クイーンS 8番人気3着 サトノセシル
函館記念 12番人気3着 バイオスパーク
函館2歳S 10番人気3着 グランデ
CBC賞 8番人気1着 ファストフォース

より妙味のある穴馬、好走の可能性が高い穴馬、超人気薄の穴馬をお届けしています。

効率的な的中や高配当的中を狙いたい方は有料穴馬(←クリック)にお付き合いください。

 

京成杯 2022 無料予想

[PR]

無料予想2か月+48万円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

何とたったの2か月で・・・

67万円獲得!+48万円収支!

笑いが止まらない無料予想です(笑)

[無料予想・勝ち鞍]

・01/09 中山1R→55,700円/928%

・01/09 中京1R→40,200円/670%

・01/05 中山金杯→52,300円/872%

・01/05 京都金杯→19,900円/332%

・12/25 摩耶S →9,500円/158%

・12/19 高砂特別→32,300円/538%

・12/19 中山8R→32,400円/540%

・12/18 中山1R→41,100円/685%

・12/12 カペラS→22,700円/378%

・12/11 黒松賞 →9,400円/157%

・12/11 中山3R→39,000円/650%

・12/05 市川S →23,300円/388%

・12/04 阪神4R→25,000円/417%

・12/04 中山3R→18,300円/305%

・11/28 東京5R→20,300円/338%

・11/27 茨木S →14,600円/243%

・11/27 東京2R→15,700円/262%

・11/21 阪神8R→21,400円/357%

・11/20 阪神7R→49,900円/832%

・11/20 東京2R→10,400円/173%

・11/14 東京4R→38,800円/647%

・11/13 武蔵野S→27,100円/452%

・11/13 阪神2R→43,500円/725%

※ワイド6点×1,000円投資

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想←コチラから

3歳重賞リステッドはワイドがお得なので…無料公開の際はお見逃しなく!

 

 

京成杯 2022 無料穴馬

無料穴馬を公開しました

タイセイディバイン

坂のあるコースが合うパワーにベクトルが傾いたタイプ。

前走初勝利を挙げた際、阪神芝2000mで2分3秒4と時計は遅くスローペースの中を逃げていたが、2着に0秒4差をつけて勝利している。

今回他に行く馬がおらずペースが緩むようであれば。

有料メルマガの重賞データでお伝えした過去好走した馬が多いあるパターンに符合する。

 

波乱がありそうな場合はこちらで無料穴馬を更新。

更新が完了した際、無料メルマガでお伝えします。

メルマガ詳細

 

2022 追い切り情報 調教推奨馬

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に好走。

※ 下記は追い切り情報・調教推奨馬

シンザン記念1着 マテンロウオリオン
中山金杯3着 ヒートオンビート
ホープフルステークス3着(8番人気) ラーグルフ
有馬記念1着 エフフォーリア
朝日杯FS1着 ドウデュース
チャンピオンズカップ1着 テーオーケインズ
チャンピオンズカップ2着 チュウワウィザード
チャレンジカップ1着 ソーヴァリアント
京都2歳ステークス2着(9番人気) ビーアストニッシド
東京スポーツ杯2歳ステークス2着 アサヒ
福島記念2着 ヒュミドール
福島記念2着 ヒュミドール
アルゼンチン共和国杯1着 オーソリティ
スワンステークス3着 ホウオウアマゾン
菊花賞2着 オーソクレース
富士ステークス3着(10番人気) タイムトゥヘヴン
富士ステークス1着 ソングライン
秋華賞1着 アカイトリノムスメ
秋華賞3着 アンドヴァラナウト
府中牝馬ステークス3着(8番人気) マルターズディオサ

 

2022年京成杯調教推奨馬を公開しました

テンダンス:しまいまで伸びきって申し分ない動き

ホウオウプレミア:まずまずシャープなフットワーク

人気薄の調教推奨馬は競馬人気ブログランキング(←クリック)のサイト情報へ更新


競馬ランキング

(ランキングの見方が分からない人はこちら(←クリック)をご参照ください)

京成杯 2022 予想動画

京成杯の動画は現在編集中です。

YouTubeのチャンネル登録(←クリック)をしてご覧ください。

 

京成杯 2022 人気薄の買い材料

2022年人気薄の買い材料は現在編集中。

無料メルマガでお届けしています。

メルマガ詳細

 

※ 下記は過去お届けした京成杯の人気薄買い材料

ディアスティマ

かっちりとしたつくりだが、胴が短めで、全体的に体高があるつくりをしており、飛節の形からも前でのレースが合う。コースはそれほど問わないと思われる。

前走エリカ賞で敗れているが、勝ち馬に展開が向いた。

今後も重賞でやれる素質は感じられるが。

 

ヴィアメント

骨格を見ると父キングカメハメハの影響が出ているが、やや薄手な体型で、ハーツクライおよびその父であるサンデーサイレンスの影響を感じさせるフォルム。

距離は1800m以上が合い、レベルが低い相手であれば2400mももつ。

前走で初勝利を挙げたが、馬場の悪化が追い風になった可能性があり、楽な展開でもあった。

ただ、ペースが上がれば決め手が生きる流れとなり浮上の可能性が出てくる。

 

ビターエンダー

胴長で肩の角度がゆったりしており、丸みを帯びた腹のラインなどを見ると、距離が延びていいタイプの可能性がある。

前走初勝利を挙げた際、2着に0秒5差をつけて完勝しており内容は申し分なかった。

想定以上の資質を有している可能性はある。

 

キングオブドラゴン

ボリュームがあり、丸みを帯びたフォルムから母の父コロナドズクエストの影響が出ている。

上半身と下半身のボリュームが均等に近い点から、先行して抜け出すレースが合う。

デビュー前の馬体を見る限り3歳重賞であれば通用しえ、その後は成長や良化があればという印象。

上位と比べると能力的に劣り、スカイグルーヴ、ヒュッゲといった実力馬が前でレースをする点から厳しい点が悩ましいところ。

中山内回りコースの2000mは条件的に合う。

 

京成杯 穴馬の特徴

 

○ 2016年京成杯:7番人気2着2着ケルフロイデ

前走京都2歳Sで5着に敗れていたが、デビュー戦、500万条件と連勝しており、好走できる能力があった。

 

○ 2013年京成杯:7番人気1着フェイムゲーム

有料メルマガで本命推奨。兄バランスオブゲームは、中山記念を連覇し、オールカマー、セントライト記念、弥生賞などを制している稀代の中山巧者。初勝利を挙げるまでに3戦を要したが、2000mと上がりのかかるレースになってからパフォーマンスを上げた。

 

○ 2013年京成杯:9番人気3着ケイアイチョウサン

調教の内容がよかったが、走れる状態にあった。中盤のラップが緩んだが、4コーナーで2番手まで押し上げる積極的なレースも功を奏した。

 

 

○ 2011年京成杯:8番人気2着デボネア

調教の内容が非常によくA評価としたが、状態のよさも好走の要因。前走で2着に0秒2差をつけて完勝しており時計がよかった割には人気もなかった。

 

○ 2011年京成杯:7番人気3着プレイ

京都2歳Sで2着と好走しており、実力は示していた。ホープフルSで敗れていたが、その後活躍馬が多く出ていることからもレベルの高いレースであった。

 

○ 2009年京成杯:11番人気3着モエレビクトリー

前半1000m62秒台とゆったりしたペースで推移。勝ち馬が2番手追走で当馬が逃げ、前残りのレース結果。

 

○ 2008年京成杯:12番人気2着ベンチャーナイン

近走凡走も脚を余していた感もあり距離延長もプラスに。調教では全身を使った動きで最も内容がよかったが、状態のよさが好走の要因。

 

○ 2007年京成杯:9番人気3着アルナスライン

前走ダート勝利も芝向きの馬体で能力も高く推奨。

 

○ 2006年京成杯:5番人気2着トウショウシロッコ

前走の初勝利まで5戦を要していたため人気はなかったが、相手なりに走る馬で勝ち味に遅い部分があり、さして人気がなかった。

 

○ 2003年京成杯:8番人気3着コスモインペリアル

前走、前々走で敗れていたが、体重が増え続けており、マイナス6キロと絞れていたことも好走の要因。

 

○ 2001年京成杯:8番人気3着ロイヤルキャンサー

前走初勝利のレースが1400mで、1800mで負けていたことからも距離延長が嫌われていた。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

 危険な人気馬の特徴

 

2016年
1番人気5着ウムブルフ:気性的な幼さを露呈していたが、デビュー戦も入れ込んでいた。
3番人気10着マイネルラフレシア:後方からのレースとなり、持ち味が生きず、展開も向かなかった。
4番人気6着ユウチェンジ:

2015年
2番人気8着クラージュシチー:能力が足りなかった。
4番人気4着ソールインパクト:
5番人気9着タケルラムセス:

2014年
3番人気10着ラングレー:
2番人気11着エアアンセム:

2013年
1番人気10着フラムドグロワール…出来落ち。
2番人気5着マイネルマエストロ…
4番人気11着ワンダーロード…前走デビュー戦ダートで勝ち上がり、芝の適性がなかった。
5番人気6着ノウレッジ…

2012年
3番人気8着レッドシャンクス…逃げるレースをしたが展開的に厳しかった。
4番人気4着アーデント…

2011年
1番人気12着スマートロビン…前走逃げて勝利するも、このレースでは控えており持ち味が生きなかった。
3番人気14着ジャービス…
4番人気10着ヌーベルバーグ…能力的に足りなかった。
5番人気15着コウヨウレジェンド…

2010年
4番人気4着フラガラッハ…
5番人気8着ブルーグラス…1800mで勝利あるが、距離がネックになった可能性も。

2009年
3番人気7着トゥリオンファーレ…間隔が詰まっており、マイナス6キロと体重が減っていた。
5番人気6着セイクリッドバレー…

 

 

無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

-京成杯 予想
-, , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.