穴馬 予想 阪神JF 予想 阪神ジュベナイルフィリーズ

阪神ジュべナイルフィリーズ 2020 予想 穴馬の特徴や傾向は?

更新日:

ステイヤーズS無料穴馬オセアグレイト勝利!!

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

ステイヤーズSは無料メルマガ(←クリック)でお届けした穴馬7番人気オセアグレイトが勝利!!

的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

今回は阪神ジュベナイルフィリーズの2020年人気薄出走馬の買い材料、傾向や穴馬の特徴をお届けします。

YouTubeでは阪神ジュベナイルフィリーズの動画を更新。

期間限定公開の動画もお届けしています。短時間のみ公開する濃い情報なので、見逃さないようチャンネル登録しておいてください。

 

 

阪神ジュベナイルフィリーズ 2020 人気薄の買い材料

ユーバーレーベン

ボリュームのある体型を見ると、父ゴールドシップ、母の父ロージズインメイの影響が感じられず、母方のブライアンズタイムの特徴が出ているか。

札幌2歳Sはレコード決着する前有利の馬場の中で後方から追い込んで2着を確保しており内容は悪くなかった。

 

ポールネイロン

胴長で母方のマキャベリアンの影響が出ていると思われる。先行抜け出しのレースが合い、その点からスローペースで結果を残しやすい。

胴が長めな点から距離は1600mまでは十分もち、条件は悪くない。オープンで勝利しており、想定以上の能力を有している可能性はある。ペースが緩めば。

 

ヨカヨカ

馬体を見る限り、素質的にはオープンでも通用しえる。連勝して臨んだ前走ファンタジーSで5着に敗れているが、レース間隔がやや空いており、スタートがひと息で、直線でもふらついていた。たたかれて上積みがあり、展開の恩恵などがあれば。

 

サルビア

母の父Mamoolはサドラーズウェルズ系でクラシックディスタンスに適性のある馬であったが、この馬は父ダイワメジャー、母方にソヴィエトスターやロイヤルアカデミーが入っておりマイル色が強い。

過去の活躍馬で言うと、クリスマス、フォーエバーモアなどと似ている。前々走りんどう賞は道悪で着差がつきやすかったが、2着に0秒8差をつけて完勝している点は不気味。

 

リンゴアメ

スタミナが要求されない条件であれば1600mまでは対応できておかしくない。前走京王杯2歳Sは馬場の悪いところをを通ったが、しまいは外へ出そうとしており、何がしたいかわからない騎乗であった。今回決め手を生かせば距離の誤魔化しも利くか。状態に関しては申し分ない。

 

ルクシオン

馬体の面でアドマイヤムーン産駒と共通する特徴がみられるが、ミスタープロスペクターのクロスがあり、その影響が出ていると思われる。完成度で劣るが、今後古馬相手の重賞でバリバリやれる素質があり、あるいはG1でやれてもおかしくない。

 

ウインアグライア

首さしの太さは父マツリダゴッホの影響が出た体型。オープンで勝利があり能力の裏付けがある点は好材料。前走をたたかれての上積みがあり、ペースが緩めばあるいはという感じ。調教で動いている点は買い材料だが。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ 傾向

(1) 以前は波乱含みの条件

阪神JFはかつて2001年、2003年、2005年と万馬券で決着しており、非常に荒れる結果となっていた。

勝ち馬にもテイエムプリキュア、ショウナンパントル、タムロチェリーといった6番人気以下の馬がおり、2着馬にも人気薄の馬がくるケースが多くみられた。

阪神競馬場の改装以前の内回りコースで行われていた頃は、ここで勝った馬や連対した馬などが、その後クラシックなどで全く結果を残せないケースが多かった。

完成度が高い馬が展開に恵まれて結果を残すというレースが多かったためである。

2005 テイエムプリキュア 8番人気1着→未勝利
2005 シークレットコード 9番人気2着→未勝利
2004 ショウナンパントル 8番人気1着→未勝利
2003 ヤマニンアルシオン 10番人気2着→未勝利
2001 タムロチェリー 7番人気1着→未勝利
1998 エイシンレマーズ 11番人気2着→未勝利
1997 アインブライド 7番人気1着→未勝利

しかし、2006年に条件が外回りコースに改装された年から配信においてもお伝えしてきたが、こういうパターンは少なくなってきている。

2009年の阪神JF勝ち馬アパパネが牝馬3冠を制し、2008年の阪神JF勝ち馬ブエナビスタがその後日本最強馬の地位にまで登りつめている。

そして、2007年の阪神JF勝ち馬トールポピーがオークスを勝っている。

2006年の阪神JF勝ち馬ウオッカもG1レースを7勝して日本競馬史上最強牝馬という呼び声もあるが、このレースの結果が翌年のクラシックなどにつながるというパターンが定着してきている。

(2) コース形態が変わり実力馬優位

近年は堅い結果となるレースが多く、翌春のクラシックで結果を残すような実力馬が安定して好走している。

これは2006年に阪神競馬場が改装されたため。

2006年以前の阪神芝1600mは内回りコースで行われ、コーナーの途中にスタート地点があって内回りのため道中ゴチャつきやすくそれが波乱に結びついている。

阪神JFだけではなく、桜花賞においても同様の傾向がみられた。

しかし、2006年に阪神競馬場が改装され、1600mのコースは内回りコースから外回りコースに変わった。

それに伴いスタート地点がバックストレッチに移され、コーナーも緩やかになってゴチャつきがなくなり、直線も100m以上伸びてまぎれがなくなったため、実力がストレートに結果に反映されるようになっている。

以前とはレースの性質が全く異なるものに変化しているが、その点がレースの結果にも大きく影響している。

(3) 臨戦過程

過去10レースの連対馬の前走をみると、500万条件やファンタジーSから参戦してきた馬が最も結果を残している。

阪神競馬場改装後の前走のレースクラスと着順をみると、全ての馬が3着以内に入っている

重賞…14頭  8-4-1-1
OP特別…2頭 2-0-0-0
500万条件…3頭 3-0-0-0
新馬・未勝利…1頭  1-0-0-0

まぎれがない条件で玉石混合で能力差が大きい2歳戦でという点から、前走で大敗して巻き返すことは何らかの敗因がない限り至難の業といえる。

阪神ジュベナイルフィリーズ 穴馬の特徴

2015年10番人気2着ウインファビュラス:新潟2歳Sで牡馬相手に2着と好走。前走アルテミスSで敗れていたが2か月ぶりのレースで、たたかれて上積みがあった。底を見せていなかった点から狙える余地はあった。

2013年8番人気3着フォーエバーモア:有料メルマガで自信の穴馬推奨。馬体を見る限り素質が高かったが、その後クイーンカップも勝利しており、素質は世代上位であった。

2012年15番人気2着クロフネサプライズ:有料メルマガで穴馬推奨。1400m以下の距離で結果を残しており、距離が懸念され人気が落ちていたようだが、馬体を見る限りスプリンターという感じではなく、能力も高かったため推奨。

2012年10番人気3着レッドセシリア:有料メルマガで自信の穴馬推奨。体重が420キロ台と小柄であったが、重賞でも充分通用するものを持っており、距離、コースともに合った。

2011年8番人気2着アイムユアーズ:前走G3のファンタジーSを勝利しており、前々走函館2歳Sでも2着と好走していた。距離延長が嫌われたようだが、2000mまでは対応出来る馬で問題なかった。

2010年8番人気3着ライステラス:1400mまでしか実績がなかったが、父は菊花賞馬ソングオブインドという血統。

2009年5番人気2着アニメイトバイオ:前走京王杯2歳Sは出走馬、レース内容ともにレベルが高かった。

2007年8番人気2着レーヴダムール:前半800m46秒2とかなりのハイペースで推移しており、スタミナが要求される流れに。オークス馬トールポピーが勝利したが、この馬も展開が向いた。

阪神ジュベナイルフィリーズ 消えた人気馬の特徴

2019年
1番人気6着リアアメリア:状態がよくなかった。
2番人気4着ウーマンズハート:能力的に劣った。
5番人気8着クリスティ:

2018年
3番人気4着シェーングランツ:直線で包まれて脚を余した。距離が忙しかった面もある。
5番人気7着タニノミッション:気性的な難しさを見せたが、能力的にも劣った。

2017年
1番人気9着ロックディスタウン:力んで走っていたことが直接的な敗因。札幌2歳S以来のレースでやや立派な感があったが、それが気性的な難しさをみせることにつながった面もあるか。
5番人気8着ソシアルクラブ:スピードで押し切るレースが合い、後方からのレースで持ち味生きなかった。

2016年
4番人気11着ジューヌエコール:道中頭を上げながら走っていたが、鞍上と喧嘩をして消耗し、4コーナー過ぎてから他馬と接触もあった。
5番人気4着ディーパワンサ:

2015年
2番人気7着デンコウアンジュ:
4番人気5着アットザシーサイド:
5番人気9着キャンディバローズ:ここでは実力不足で、距離も長かった。

2014年
1番人気8着ロカ:馬体が細く、マイナス8キロと体重も減っていた。能力的にも劣り過大評価であった。
3番人気10着コートシャルマン:

2013年
2番人気7着ホウライアキコ:
3番人気9着レーヴデトワール:レーヴディソールの妹で人気になっていたが、能力的に足りなかった。
4番人気5着マーブルカテドラル:状態が落ちていた。

2012年
1番人気4着コレクターアイテム…その後結果を残しておらず能力不足。
2番人気8着サンブルエミューズ…気性の難しさを露呈。
3番人気15着サウンドリアーナ…距離が長かった。
4番人気7着アユサン…

2011年
1番人気3着サウンドオブハート…
2番人気8着エピセアローム…
3番人気15着ラシンティランテ…気性の難しさを露呈したか、それまでと異なり前でレースをする形に。

2010年
2番人気9着ダンスファンタジア…1600m以下の距離がいい馬で決め手でも劣った。
3番人気4着アヴェンチュラ…距離不足と決め手で劣った。

2009年
1番人気5着シンメイフジ…その後結果を残しておらず能力不足。
3番人気6着タガノエリザベート…
4番人気4着ラナンキュラス…

2008年
2番人気6着ジェルミナル…細くみえ、状態がひと息であった。
4番人気3着ミクロコスモス…

 

重賞レース 無料穴馬 G1人気薄出走馬情報

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料メルマガでは無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、G1レース人気薄出走馬の買い材料などをお届けしています。

-穴馬 予想, 阪神JF 予想, 阪神ジュベナイルフィリーズ
-, , , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.