穴馬 予想

函館記念 穴馬予想 人気薄の買い材料 穴馬と危険な人気馬の特徴

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

調教推奨馬は安田記念で8番人気ダノンキングリーが勝利し、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に。

調教推奨馬に関して無料メルマガ(←クリック)をご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

メルマガ詳細

 

今回は2021年函館記念人気薄の穴馬の買い材料や、過去函館記念で走った穴馬の特徴をお届けします。

函館記念の穴馬探しの参考となれば幸いです。

無料メルマガ(←クリック)では無料穴馬をお届けしています。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

 

 

函館記念 2021 追い切り情報 調教推奨馬

目黒記念は調教推奨馬15番人気アドマイヤアルバが3着に。

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

函館2歳S2着 カイカノキセキ
七夕賞1着 トーラスジェミニ
宝塚記念3着 レイパパレ
エプソムカップ1着 ザダル
函館スプリントステークス1着 ビアンフェ
函館スプリントステークス2着 カレンモエ
安田記念1着(8番人気) ダノンキングリー 
目黒記念3着(15番人気) アドマイヤアルバ 
平安ステークス1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬に関して無料メルマガ(←クリック)をご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

メルマガ詳細

 

 

函館記念 2021 無料穴馬


無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)でお届けしています。(一部は独自配信のメール。詳細はLINEをご覧ください。)

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

CBC賞 8番人気1着 ファストフォース
鳴尾記念 8番人気1着 ユニコーンライオン
皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

メルマガ詳細

 

函館記念 2021 人気薄の買い材料

 

レッドジェニアル:3走前の鳴尾記念では勝ち馬と0秒1の3着と好走しており、2着はラヴズオンリーユーというのは見逃せない。

ディアマンミノル:54キロはやや有利な材料。

マイネルファンロン:2019年の函館記念で2着と好走。北海道のレースでは安定して走っている。

アドマイヤジャスタ:昨年の勝ち馬だが、極端に速い流れとなり展開が最大限に生きるレースとなった。ペースが上がって展開が向けばサイドの好走はなくはない。

ワセダインブルー:薄手なつくりで決め手を生かすレースが合うが、腹のラインを見ると心肺機能が高くタフなレースや長距離が合う。ペースが上がれば。

ドゥオーモ:昨年13番人気であったが本命に推して2着と好走。条件は合う。昨年と同じ53キロで出走できる点は魅力。

タイセイトレイル:道悪はよくないが降雨があり、馬場が回復して時計のかかる良馬場などが理想。古豪と呼べる存在となるが、斤量は55キロと背負わない。

アイスバブル:内枠から先行してペースが緩む形であれば。

無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)でお届けしています。

メルマガ詳細

 

函館記念 穴馬の特徴

 

○ 2018年函館記念:7番人気2着サクラアンプルール

馬体のボリュームが増しており、母方のノーザンテーストの影響が出てきたと思われる。

過去函館記念でノーザンテーストの血が入った馬が多く好走しているが、レースの適性を有していたよう。

 

○ 2018年函館記念:13番人気3着3着エテルナミノル

ゆったりしたペースを先行して、直線で最内を突いてロスのないレースで、さらに決め手を生かすことが出来たが理想的な騎乗であった。

 

○ 函館記念:2017年14番人気2着タマモベストプレイ

穴馬推奨。3走前の万葉Sを勝っており、能力的な衰えは感じられなかった。

過去の好走パターン2点に符合した。道悪に不安のあった人気上位が崩れたことも追い風に。

 

○ 2016年函館記念:13番人気2着ケイティープライド

1600万条件を勝った際、楽な展開にくわえてハンデ戦で斤量は54キロ。能力的に劣っており、近走結果が出ていなかった。

ただ、近走はいずれも別定戦でこのレースはハンデ戦となり52キロで出走。

同じハンデ戦の小倉大賞典では勝ち馬と0秒1差と健闘していた。

 

○ 2016年函館記念:9番人気3着ツクバアズマオー

前々走1600万条件を完勝し、前走は休み明けながらOP特別で3着と好走していた。

馬体を見る限り重賞で通用しえ、55キロは有利であった。

他の人気馬が休み明けで状態がよくなく、その点でアドバンテージもあった。

 

○ 2014年函館記念:8番人気2着ダークシャドウ

前走エプソムカップは59キロを背負いながら3着と好走し、復調の兆しを見せていた。

距離はベストで、ペースが上がって決め手が生きる流れとなったことが追い風に。

 

○ 2013年函館記念:7番人気2着アンコイルド

本命推奨。洋芝で行われる北海道の競馬場が合い、過去の函館記念を勝ち馬と体型も符合。

前残りに近い流れとなったことも追い風に。

 

○ 2013年函館記念:8番人気3着アスカクリチャン

自信の穴馬推奨。父スターリングローズ、母の父ダイナレターというダート色の強い血統などから、時計のかかる馬場の方がよく、洋芝が合った。

前走新潟大賞典で敗れるも、ややペースが厳しく57キロというハンデも堪えていた。

 

○ 2012年函館記念:8番人気2着イケトップガン

前年のこのレースでマヤノトップガン産駒が1、2着にきているが、この馬もトップガン産駒。

上位を内枠の馬が占める結果になり52キロとともに枠の恩恵もあった。

 

○ 2011年函館記念:12番人気2着マヤノライジン

前半1000m46秒9と決して遅い流れではなかったが、そこから12秒8のラップを刻み、やや落ち着いた流れに。

53キロを味方につけ、2枠3番から先行して残る形に。

 

○ 2007年函館記念:7番人気1着エリモハリアー

言わずと知れたこのレースの顔とも呼べる存在。

前走巴賞は約10カ月振りのレースで、レースをつかわれた上積みもあった。

 

○ 2005年函館記念:6番人気1着エリモハリアー

前走巴賞を勝利しているがそこでも評価が低く、不良馬場で行われており、フロック視された部分があったが相手強化もあり人気薄。

ただ、前走で10キロ増えていた体重が今回は10キロ減り、斤量も56キロから55キロになって条件も有利に。

 

○ 2004年函館記念:9番人気3着ワイルドスナイパー

前走1000万条件ながら、2着に0秒3差をつける完勝をみせ、斤量も57キロから53キロに減っていた。

開催末期で馬場が悪化したことにより、より持ち味が生きたよう。

 

○ 2003年函館記念:11番人気2着ヒマラヤンブルー

逃げるレースをしたが前半1000m60秒に対して後半1000mが59秒9とゆったりとした上がりの速い流れで推移。

54キロも有利で好走の材料が揃っており、2けた人気であったが決してフロックではなかった。

 

○ 2002年函館記念:8番人気3着トーワトレジャー

前走1000万条件を勝ったばかりであったが、50キロで出走。

時計のかかる馬場ではあったが、1000m61秒6とペースが落ち着き、早めのスパートも結果を残した要因のひとつ。

 

○ 2001年函館記念:9番人気1着ロードプラチナム

前走巴賞は道中でポジションを下げており、アクシデントがあったよう。

休み明け2走目で上積みもあった。

 

○ 2001年函館記念:9番人気3着アクティヴバイオ

その後、東京と中山の芝2500mの重賞を勝つなど、スタミナに定評のある個性的な馬。

前走、前々走はともに1800mで距離不足。くわえて52キロが好走の要因。

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

函館記念 危険な人気馬の特徴

 

2017年
1番人気6着サトノアレス:レース後、鞍上が「2000mは距離が長い」というコメントを残していたが、想定した通り条件が合わなかった。
2番人気15着ステイインシアトル:道悪が響いた。
3番人気4着アングライフェン:やや過剰な人気であった。
4番人気11着マイネルミラノ:勝利した前年は本命に推したが、この年はそれほど状態がよくなかった。

2016年
1番人気5着バイガエシ:
2番人気9着レッドレイヴン:斤量も堪えたが、馬体の張りが乏しく状態もよくなかった。
4番人気6着ネオリアリズム:休み明けということもあり、まだよくなる余地を残していた。

2015年
1番人気4着のエアソミュール:馬体が立派で57.5キロを背負っていた。
5番人気5着レッドレイヴン:
2番人気8着マイネルミラノ:

2014年
1番人気10着グランデッツァ:2番手追走するも、ペースが厳しかった。
3番人気16着バウンスシャッセ:
4番人気12着アドマイヤタイシ:能力的に下降が始まっていたか。下半身の迫力も欠いた。
5番人気9着トウカイパラダイス:

2013年
1番人気10着エアソミュール:前走勝利も斤量が1.5キロ重くなり、血統的に過大評価。
2番人気4着サトノギャラント:
4番人気5着トウカイパラダイス:
5番人気6着レインボーダリア:

2012年
1番人気4着トウカイパラダイス:
2番人気9着ネオヴァンドーム:タフな条件で距離が合わなかった。
3番人気6着マイネルスターリー:57キロが堪え、後手を踏んだことで持ち味が生きなかった。
5番人気11着ロードオブザリング:前でのレースで持ち味が生きなかった。

2011年
1番人気8着マイネルスターリー:
2番人気16着ミッキーペトラ:
3番人気5着コロンバスサークル:上りの速いレースの方がよく、タフな流れや条件が合わなかった。
5番人気10着エドノヤマト:

2010年
3番人気5着フィールドベアー:2008年の2着馬も、その時ほどの能力がなかった。
4番人気10着シャドウゲイト:58キロにくわえ、後方からのレースとなり、持ち味が生きなかったことが致命的に。

2008年
3番人気6着ピサノパテック:
5番人気5着マヤノライジン:前走巴賞2着と好走していたが、56キロが堪えた。

 

無料メルマガ(←クリック)では重賞の無料穴馬をお届けしています。

メルマガ詳細

 

-穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.