穴馬 予想

函館記念 回顧 次走くる馬こない馬

更新日:

後日、穴馬候補をの備考欄へ更新。ランキングの順位は100位くらい。

後日、穴馬候補をの備考欄へ更新。ランキングの順位は50位くらい。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

函館記念は調教でいい馬が少なく、重賞1レースのみでしたので、無料メルマガLINEでの調教推奨馬のお届けをお休みさせて頂きました。

中京記念と函館2歳Sは、いい馬がいるようであればお届けしたいと思います。

函館記念は有料メルマガでエアアンセム、ブラックバゴの馬連2頭軸で勝負し、エアアンセムが勝利。

上位2頭は有料メルマガの「重賞データ」でお伝えした過去の傾向通りの結果に。

※ 下記は有料メルマガでお届けした考察の一部

エアアンセム

父シンボリクリスエス、母の父サンデーサイレンスという血統で、母の母はオークス2着のエアデジャブー。近親にエアシャカールがいる良血。

上半身と下半身のボリュームから、母方のノーザンテーストの特徴が出ていると考えていたが、骨格が発達している点からシンボリクリスエスの影響が最も出ていると思われる。

坂のあるコースが合い、距離は1800m2000m辺りがベスト。先行するレースが合い、持続力にベクトルが傾いている。小回りコースの方が合う。

3歳の時点ではそれほど高い能力を感じなかった。古馬になってから初めて馬体を見るが、改善されている印象。本格化しているようで、ここにきて軌道に乗ってきた感がある。

都大路Sはスローの瞬発力勝負となり流れが合わなかったが、2着と好走している。今回は好調とまで言えない。函館は走りそうで、距離もベスト。

しかし、ヒモに指名したブレスジャーニーが上がり最速をマークして追い込むも、ペースが落ち着いており、右回りもダメだったようで4着まで。

人気馬を消して組み立てれば高回収にありつけるとお伝えしていましたが、1番人気6着トリコロールブルー、3番人気5着スズカデヴィアスを馬券の対象から外したものの、惜しいところまでいって不的中。

先週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は七夕賞11番人気メドウラークを自信の穴馬に推奨し、人気のサーブルオール、キンショーユキヒメ、プラチナムバレットなどを外して勝負馬券の馬連23250円9点的中。しましたが、2週連続的中ならず。

有料穴馬も、CBC賞9番人気2着ナガラフラワーを、七夕賞は11番人気1着メドウラークを穴馬推奨し、2週連続激走しましたが、今週は激走ならず。

今回は有料メルマガでお届けした函館記念のレース回顧の一部をお届けします。

(有料メルマガではより馬券に直結する再現性のある内容をお届けしています。)

 

[函館記念 回顧]

馬場状態がかなり影響するレースで、それによってくるタイプが変わる。

前半1000m60秒3、後半1000m59秒5というややゆったりしたペースで推移したが、馬場状態を考えると前有利というよりも決め手勝負という流れ。

勝ったエアアンセムは過去の好走パターンに符合し、レースの適性を有しており、成長している点などから馬連の軸とした。馬券の上では本命と同じ扱いであったが、本命に推したブラックバゴが休み明けであったことを考えると最も好走の可能性が高い馬と扱うべきであった。次走以降は何とも言えない。

2着サクラアンプルールは馬体のボリュームが増しており、母方のノーザンテーストの影響が出てきたと思われる。過去函館記念でノーザンテーストの血が入った馬が多く好走しているが、レースの適性を有していたと判断するべきであった。たたかれた上積みもあり、次走以降も走る可能性あり。

3着エテルナミノルはゆったりしたペースを先行して、直線で最内を突いてロスのないレースで、さらに決め手を生かすことが出来たが理想的な騎乗であった。2000m近辺の条件でも安定して走っていた点から、もう少し慎重に扱うべきだったかもしれない。

1番人気6着トリコロールブルーは器用さを欠く点などを考慮して馬券の対象から外した。レース後、鞍上が「スペースが開きませんでした。長く良い脚を使うので、4コーナーで早めに動けていれば。」というコメントを残しているが、不器用な点を露呈したと言えるだろう。

2番人気4着に終わったブレスジャーニーは外枠も影響してか大外をまわすレースになり、ペースが落ち着いたことでロスの大きい結果に。ただ、レース後鞍上が「右回りでは最後に傾いて走ってしまう」というコメントを残しており、まともに追われていれば2着までは十分あったか。

3番人気5着に終わったスズカデヴィアスは57キロを背負ったが、能力的に厳しく、適性もそれほど高くなかったため、馬券の対象から外した。

4番人気10着に終わったブラックバゴはかなり折り合いを欠いており、気性的な難しさをみせてエネルギーを浪費したことが敗因。

 

重賞の穴馬は無料メルマガとLINEでも一部お届けしています。

CBC賞は無料メルマガとLINEでお届けした無料穴馬9番人気ナガラフラワーが2着に。

ユニコーンS7番人気3着エングローサーが3着に続いて配信機会2回連続穴馬が馬券に。

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

重賞の無料穴馬と調教推奨馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ)とLINE(←クリック)でお届けしています。

無料メルマガで穴馬や調教推奨馬が配信されない場合があるため、LINEも登録しておいてください。

 

 

G1レースの傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

-穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.