ファルコンステークス 予想 穴馬 予想

ファルコンステークス 2021 穴馬候補 人気薄の買い材料 穴馬と危険な人気馬の特徴と傾向

更新日:

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年ファルコンステークスの人気薄の買い材料や、過去ファルコンステークスで人気薄で走った馬の特徴や傾向をお届けします。

ファルコンステークスの予想や穴馬探しの参考となれば幸いです。

中山牝馬ステークスはLINE(←クリック)でお届けした無料穴馬7番人気ランブリングアレーが勝利し、5週連続無料穴馬好走!!

※ 下記はお届けした無料穴馬

中山牝馬S 7番人気1着ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着ヴィクティファルス

無料穴馬はLINEでお届けしています。友だち追加しておいてください。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

 

ファルコンステークス 2021 人気薄の買い材料

 

インフィナイト

モーリス産駒で上半身のフォルムは父の影響を感じさせるが、父はもっと全体的にボリュームが発達しており筋肉量のあるつくりであったが、よく似ている。

父は影響を感じさせる産駒を多く出しており遺伝力が強い。晩成タイプになると思われ今後まだ活躍馬が出るかもしれない。

1400mに適性を見せておかしくなく、パフォーマンスを上げる可能性はある。

週末は天候が崩れる予報となっており、馬場の悪化があればあるいはという感じがあるが。

 

ヴィジュネル

距離は1600m近辺が合い、小回りコースであれば1800mまでは守備範囲か。

道悪でも結果を残しているが、馬体や走り方を見ると特別合うという印象はない。

ただ、他馬が苦しめば追い風。

前走1勝クラスを勝利しており、底を見せていない。

 

ニシノアジャスト

デビュー前の馬体を見ると、腹のラインが丸みを帯びており、ボリュームのある体型から母方の影響が出ているか。

短距離馬という印象で距離は1400mまでがいいが、バリバリのスプリンターという印象はなく、1400mがベストか。

前走クロッカスSで3着に敗れているが展開が向かなかった。ペース次第では巻き返す可能性も。

 

サルビア

母の父Mamoolはサドラーズウェルズ系でクラシックディスタンスに適性のある馬であったが、この馬は父ダイワメジャー、母方にソヴィエトスターやロイヤルアカデミーが入っておりマイル色が強い。

肩や腰の傾斜がきつい部分があり、距離にやや限界を感じさせ、過去の活躍馬で言うと、クリスマス、フォーエバーモアなどと似ており、古馬になってからは1400m以下のレースをつかわれていく可能性がある。

近走は気性的な面からも1600mが長かった1400mへの距離短縮はプラス材料。

 

ファルコンステークス 穴馬の特徴

人気薄で馬券に絡んだ馬の特徴を見ると下記のよう。

2020年ファルコンステークス:8番人気3着ヴェスターヴァルト

この年は重馬場であったが、前走やや重で行われた1勝クラスを勝っており道悪は問題なかった。

 

2016年ファルコンステークス:9番人気3着シゲルノコギリザメ

1400m以下の方が合い、距離短縮が追い風に。坂のあるコースで結果を残していた。

 

2015年ファルコンステークス:14番人気1着タガノアザガル

過去4走のうち3走がやや重のレースで、残り1走は勝利していたが、道悪がよくないタイプのよう。

前走、前々走は馬場が悪化していたが、良馬場のレースでパフォーマンスを上げた。

 

2014年ファルコンステークス:11番人気3着アルマエルナト

前走500万条件を差し切っていた。

坂のある中山でも結果を残していたが、脚質的に直線が長い中京が合ったよう。

 

2013年ファルコンステークス:11番人気2着カシノピカチュウ

1400mや坂のあるコースでも結果を残していた。

条件が合ったことが好走の要因。

 

2012年ファルコンステークス:12番人気2着レオンビスティー

前走は1600mのシンザン記念で敗れていたが、2勝を挙げており、いずれも1400m以下の距離で条件が合った。

阪神、中山など坂のあるコースでも結果を残していた。

 

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

金鯱賞で10番人気1着ギベオン、フィリーズレビュー11番人気3着ミニーアイルを穴馬推奨。

中山牝馬Sで12番人気4着ホウオウピースフルを本命に推奨するも展開が向かず惜しい結果。

先週のオーシャンSも14番人気ヒロイックアゲンも4着という結果でしたが、有料情報ではより妙味のある馬をお届けしています。

 

ファルコンステークス 危険な人気馬の特徴

 

人気を裏切った馬の特徴を見ると下記のよう。

2020年
2番人気9着ビアンフェ:
3番人気11着アブソルティスモ:
4番人気4着トリプルエース:プラス14キロと体重が増えており休み明けの影響があった。
5番人気8着ゼンノジャスタ:後手を踏んで持ち味生きず。

2019年
1番人気6着ヴァッシュモン:レース中にケガがあった。
5番人気11着ドゴール:アルテミス2着があったが相手が弱かった。

2018年
1番人気7着ダノンスマッシュ:前有利のレースで後手を踏んだ。
2番人気8着:
4番人気4着アンブロジオ:前走オープンで2着と好走も相手が弱かった。

2017年
1番人気11着ナイトバナレット:前走OP特別勝利も展開がはまっていた。能力的に重賞レベルになかった。
4番人気6着ジョースクリクトリ:
5番人気12着ジャッキー:敗因不明。

2016年
1番人気12着シュウジ:休み明け。
4番人気11着ルグランフリソン:前走500万条件を勝利するも前残り。
5番人気8着ショウナンライズ:後手を踏んで持ち味が生きなかった。

2015年
1番人気4着フミノムーン:
2番人気12着ビヨンジオール:前有利の流れで脚を余す結果に。
3番人気8着ブリクスト:前有利の流れで脚を余す結果に。

2014年
2番人気6着ショウナンアチーヴ:休み明けで、賞金も足りており仕上がっていなかったか。
4番人気7着カラダレジェンド:能力的に劣った。
5番人気5着タガノブルグ:敗因不明。

2013年
1番人気7着ティーハーフ:ペースが落ち着いて脚を余した。
4番人気4着モグモグパクパク:
3番人気10着プレイズエターナル:1400mで実績がなく、距離適性で劣ったか。

 

LINE(←クリック)では無料穴馬をお届けしています。

-ファルコンステークス 予想, 穴馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.