穴馬 予想

エルムステークス 2021 穴馬予想 穴馬の特徴と人気薄の買い材料

投稿日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

調教推奨馬はLINE(←クリック)でご案内しています。

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に好走。

LINEでは無料穴馬もお届けしています。

 

今回は2021年エルムステークス人気薄の穴馬の買い材料や、過去エルムステークスで走った穴馬の特徴をお届けします。

エルムステークスの穴馬探しの参考となれば幸いです。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

 

 

エルムステークス 2021 追い切り情報 調教推奨馬

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に!!

目黒記念は調教推奨馬15番人気アドマイヤアルバが3着に。

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

クイーンS3着(8番人気) サトノセシル
クイーンS1着 テルツェット
アイビスSD1着 オールアットワンス
函館記念2着(14番人気) アイスバブル
中京記念1着 アンドラステ
函館2歳ステークス2着 カイカノキセキ
七夕賞1着 トーラスジェミニ
宝塚記念3着 レイパパレ
エプソムカップ1着 ザダル
函館スプリントステークス1着 ビアンフェ
函館スプリントステークス2着 カレンモエ
安田記念1着(8番人気) ダノンキングリー 
目黒記念3着(15番人気) アドマイヤアルバ 
平安ステークス1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

木曜金曜(週末の場合あり)にLINE(←クリック)でご案内しています。

 

 

 

エルムステークス 2021 無料穴馬


無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

CBC賞 8番人気1着 ファストフォース
鳴尾記念 8番人気1着 ユニコーンライオン
皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

 

エルムステークス 2021 人気薄の買い材料

※ 現在編集中です

 

無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

 

エルムステークス 穴馬の特徴

 

[エルムステークス 穴馬の特徴]

2017年8番人気3着ドリームキラリ:ダート馬としては薄手な体型をしており、重馬場の脚抜きがいい馬場が追い風になった。

2016年7番人気1着リッカルド:このレース後結果を残すことが出来なかったが能力的に劣っており、前有利の展開で鞍上が早めに仕掛ける好騎乗が最大の好走要因。

2014年10番人気3着インカンテーション:距離、コースなど条件が合い、能力の裏付けもあった。過去の勝ち馬の体型とも符合していた。

2011年8番人気2着オーロマイスター:南部杯マイルCS1着など実力があり、近走は結果を残していなかったが、重い斤量を背負わされていた。休み明けのレースであったが、マイナス6キロと体重は絞れておりむしろいい休養となっていたよう。

2008年8番人気3着エアアドニス:前々走で休み明けをつかわれて上昇。前々走、3走前は崩れているがともに休み明けでそれを除けば安定して走っており、評価が低すぎた。

2006年7番人気2着ジンクライシス:前年2着と好走しており、斤量も56キロと増えておらず、前走も交流重賞で3着と結果を残しており、買う価値のある馬であった。

2006年10番人気3着オーガストバイオ:前走1番人気という評価を裏切るも、上位はこの馬よりも斤量が軽い馬ばかりで勝ち馬から0秒3という結果。OP特別でも勝利しており、10番人気という評価はあまりに低すぎた。

2003年6番人気2着トシザボス:前走1600万条件を4コーナー1番手で押し切り、2着に0秒5差をつけて勝利。3走前、4走前は後手を踏んで崩れたが、先行出来た時は安定して結果を残していた。

2003年7番人気3着タニノゴードン:1200m1400mに実績が集中しており、距離が嫌われていた部分があるかもしれないが、1700mのOP特別マリーンSでも2着と好走。上がりが12.3-12.3-12.2という時計でペースが落ち着いたペースも追い風となった。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

エルムステークス 危険な人気馬の特徴

 

[エルムステークス 消えた人気馬の特徴]

2017年
2番人気7着ピオネロ:出来がまずまずといったところで凡走。
3番人気10着モンドクラッセ:休み明けで余裕残しはなかったが、3着と好走した前年の方が馬体に張りがあった。
5番人気12着クリノスターオー:

2016年
2番人気7着ジェベルムーサ:
3番人気4着ロワジャルダン:
5番人気12着ショウナンアポロン:ずるずるとポジションを下げたがアクシデントか。

2015年
1番人気4着クリノスターオー:調整が失敗したか体重が減っていた。
3番人気5着ソロル:出来がよくなかった。
4番人気12着カチューシャ:精神的な不調に陥ったよう。

2014年
1番人気6着ジェベルムーサ:時計の速いダートになった点が響いた。
2番人気10着ブライトライン:
4番人気7着ソロル:後方からのレースが響いた。

2012年
3番人気9着サイレントメロディ:このレースでプラス14キロ、前走プラス12キロと体重増が響いた。
4番人気4着エーシンモアオバー:逃げたがペースが厳しすぎた。
5番人気9着セイリオス:能力的に足りなかった。

2011年
2番人気11着バーディバーディ:
4番人気5着キッズアプローズ:このレースの流れは合わなかった。
5番人気14着ダイシンオレンジ:5か月ぶりのレースでプラス12キロ。

2010年
3番人気5着アドマイヤスバル:後手を踏み持ち味生きず。
5番人気8着タガノクリスエス:能力的に足りず。

2008年
1番人気4着メイショウトウコン:後方からのレースと58キロが響いた。
2番人気7着アドマイヤスバル:後手を踏んで持ち味生きず。
4番人気5着マコトスパルビエロ:
5番人気6着ドラゴンファイヤー:

2007年
4番人気11着フサイチパンドラ:牝馬で56キロを背負っていた。
5番人気7着ドンクール:ペースが落ち着き瞬発力勝負になったことが仇になったか。

 

無料穴馬はLINE(←クリック)でお届けしています。

-穴馬 予想
-, , , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.