穴馬 予想

エルムステークス 2018 穴馬は? 出走馬考察

更新日:

関屋記念の穴馬をブログランキングへ更新。

の備考欄。順位は100位くらい。

レパードSは有料穴馬で9番人気ビッグスモーキーを穴馬に推奨。

アイビスSD穴馬8番人気3着ナインテイルズに続いて2週連続穴馬が馬券に。

 

重賞の穴馬は日曜午前8時ごろ無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」でお届けします。

無料メルマガで穴馬や調教推奨馬が配信されない場合があるため、LINEも登録しておいてください。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しました。

Twitterではダラダラつぶやいています。

 

[エルムステークス 2018 出走馬考察]

ミツバ

上半身に体高があり、下半身の薄いつくりから決め手を生かすレースで持ち味が生き、距離延長でいいタイプ。馬体を見る限り、中央の重賞でも十分通用しえる。今年は出走馬のレベルが低く、能力は上位にある。

ドリームキラリ

プロキオンS時に初めて馬体を見たが、腹のラインが丸みを帯びており、胴が短く、全体的にボリュームのある丸みを帯びたフォルムからスピードタイプの印象があったが、馬体が立派な面もあったよう。今回馬体を見ると、シャープなつくりになっている。馬体のフォルムなどブライトラインとイメージが重なるが、距離実績も似ている。

ディアデルレイ

父キングカメハメハ、母は重賞3勝のディアデラノビアという良血。素質はある。それほど馬体にボリュームがない点などから距離は1800m以上に本質がある。馬体を見る限り、素質は同じキングカメハメハ産駒のドラゴンバローズ、オールマンリバーなどより上。

リーゼントロック

昨年馬体を見た際は、上半身に窮屈な部分がある点や下半身の形状を見ると、ケイアイエレガントに似ており、母の父エーピーインディの影響が出ていると感じた。

今回馬体を見ると重苦しさが感じられなくなっており、胴が長めのつくりなどダイワメジャー産駒に多く見られるフォルムになっている。

中距離に適性があり、先行していいタイプだが、かっちりしたつくりからガンガン飛ばすというイメージもない。

アンジュデジール

手脚が長めの体型は父ディープインパクトの影響が出ているが、骨格のフォルムは母の父フレンチデピュティの影響を感じさせる。どちらかというと時計の速いダートの方が合うはず。肩の角度を見ると1800mがベストと感じる。牝馬らしさを感じさせない筋肉量でスピードの絶対値が高い。

ハイランドピーク

下半身が薄くダート馬というつくりではないが、首さしが太く、つなぎも短めでダートの方が合うよう。上半身のボリュームや腹のラインを見ると、前でのレースの方が合う。1600mでもそれなりに結果を残しているが、ボリュームがなく、マイラーではない。馬体を見る限り、重賞でやれる素質を感じるが、4歳ということで成長の余地を残しているか。

モルトベーネ

デビュー前の馬体写真を見ると、薄手な体型をしており、坂のあるコースや地方よりも京都など平坦コースや時計の速いダートの方が合うはず。腰の位置が高い点から前でのレースが合うが、背中と腹のラインが平行なつくりで先行していいタイプ。以前よりも肩の角度が寝ているが2000mは守備範囲か。

近走の状態を見ると、東海S、みやこSはいずれもゆるさを感じさせた。東海Sで3着と好走しているが、相手が弱くG2であったがおP特別レベルのメンバーであった。今回はシャープな印象。時季的に久々もマイナスにならないはず。

ノーブルサターン

ダート馬としては薄手な体型をしており、父カジノドライヴと体型が似ている。フットワークもゆったりしている。距離は1600mから2000mまでこなせるはず。

下半身のつくりが薄く、後肢のつくりからも決め手で勝負をするタイプのように映ったが、上半身のボリュームから心肺機能が強く、前でのレースが合うよう。

3歳のレパードS時に馬体を見た際、能力的にどうかという印象を受けた。3歳秋になり成長はしていた。前々走は出遅れで参考だが、それを除けば1600万条件で2回勝利しており、底をみせていない

アルタイル

ダート馬としては重さがなく父カネヒキリの影響が出ている。東京コースのマイル戦などがベストの条件と感じたが、純然たるマイラーではなく、距離延長にも対応できる。馬体に長所と短所が混在するタイプ。筋肉量が気になるのは、単純に仕上がっていないだけかもしれない。

ロンドンタウン

母方はバリバリのダート血統でアメリカ色が強いが、やや薄手なつくりで父カネヒキリの影響が出ているよう。過去の馬体写真を見返すと、筋肉が落ちた状態の父カネヒキリと体型がよく似ている。エルムS、コリアカップと連勝したが、エルムS時の馬体を見るとそれほどいいものを感じなかった。立派な感がある。近走結果が出ていない点は気になるところ。

 

情報がお役に立っていればクリックをお願いします。

-穴馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.