エリザベス女王杯

エリザベス女王杯 2020 予想 人気薄出走馬馬体考察

投稿日:

無料情報がお役に立っていれば1日1回クリックをお願いします。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2020年エリザベス女王杯の人気薄出走馬の考察をお届けします。

エリザベス女王杯の穴馬探しの参考にしてください。

無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)でお届けしています。

Twitterへ読者の方から穴馬の的中報告(←こちら)を頂戴しました。

的中報告を送って頂いた方へお礼を申し上げます。ありがとうございました。

調教推奨馬もお届けしています。

※ 下記は無料メルマガでお届けしたG1や主な人気薄の調教推奨馬

天皇賞(秋)2着 フィエールマン
菊花賞 3着サトノフラッグ
府中牝馬S 7番人気1着 サラキア
スプリンターズS 10番人気3着 アウィルアウェイ
北九州記念 10番人気3着 アウィルアウェイ
函館2歳S 10番人気1着 リンゴアメ
CBC賞 13番人気1着 ラブカンプー
ユニコーンS 11番人気3着 ケンシンコウ
日本ダービー 10番人気3着 ヴェルトライゼンデ
天皇賞(春)1着 フィエールマン
天皇賞(春)3着 ミッキースワロー
皐月賞2着 サリオス
皐月賞8番人気3着 ガロアクリーク
桜花賞9番人気3着 スマイルカナ
高松宮記念15番人気1位入線 クリノガウディー
高松宮記念9番人気1着 モズスーパーフレア
ダイヤモンドS16番人気1着 ミライヘノツバサ

 

 

 

エリザベス女王杯 2020 人気薄出走馬馬体考察

ウインマイティー

デビュー前の馬体を見るとコンパクトな体型にまとまった中距離馬という印象であった。かっちりしたつくりをしていながら決め手で勝負をするタイプではなく、クロコスミアと似たイメージ。

直線が長いコースでは決め手で劣るため勝ち味に遅い結果となりやすい。それらの点からドリームジャーニーともイメージが重なると感じたが、ドリームジャーニー、クロコスミア、ウインマイティーの3頭はいずれもステイゴールドの系統で偶然ではない。

条件は悪くなく、上手く先行出来てペースが緩めば。

 

ウインマリリン

全体のボリュームや骨格のフォルムなどは父系の影響が出ており、持続力にベクトルが傾いている。

フローラSでは持続力が生きる開幕週の馬場もプラスとなりえると考えて本命に推した。前半1000m58秒6、後半1000m60秒1と速いペースを先行して押し切る強い内容をみせている。

2着ホウオウピースフルとは4コーナーが同じ位置でレースをしながらタイム差なしという結果であったが、この馬の方が早めにスパートをする厳しいレースで内容のあるレースであったと評価が出来る。

2着と好走したオークスではフローラS時よりも馬体にメリハリが出ておりさらに上向いていた。オークスでは8枠16番に入っていたが、もし内枠に入っていれば、デアリングタクトが窮屈なレースとなっていたことからも、この馬が勝利していた可能性があった。

 

サトノガーネット

骨格がやや発達しており、パワーも兼ね備えてい点などは母方の影響が出ている。タフな条件の方がいいため、瞬発力勝負となりやすい牝馬戦よりも牡馬相手のレースでも結果を残している。

やや特殊な条件が合うタイプと言え、下半身が薄く、飛節に角度がない点から控えるレースの方が合うため、展開に左右される面もある。

 

シャドウディーヴァ

ボリュームのある体型は母方のデインヒルの影響を感じさせ、イメージは同じハーツクライ産駒のアドマイヤミヤビと少し重なったが、徐々に父ハーツクライの影響を感じさせる体型になっている。

秋華賞では状態のよさにくわえ、春から成長している点から13番人気であったが自信の穴馬としたが4着までという結果。4コーナーで他馬に進路を塞がれる形となり、瞬発力や決め手で勝負をするタイプでないだけに致命的な不利となったが、それがなければ3着は堅かった。能力的にはG1勝ち馬を除けばそれほど劣らないが。

 

エスポワール

骨格やボリュームを見ると母の父シンボリクリスエスの影響が出ていると思われ、ややパワーにベクトルが傾いている。

ターコイズSで2着と好走しているが展開が向いた。マイルで通用するほどのスピードは感じられず、距離は1800m2000m辺りがベスト。

中山芝1600mや中山芝2200mなどは外回りコースとなるが、微妙に距離が合わない。中山芝1800m2000mなどの方がいいか。

 

ウラヌスチャーム

胴長で、やや細身な体型でありながら上半身のフォルムが丸みを帯びており、母の父フジキセキの影響の方が優位。

2000mがベストと考えたが、胴がかなり長いつくりで2000m以上が合う。

例年エリザベス女王杯が行われる京都外回りコースの方が直線が長いコースのため条件的には合う。

 

サムシングジャスト

父ヴィクトワールピサ、母の父タイキシャトルという組み合わせだが、デビュー前の馬体を見ると、全体的に体高があるつくりでどちらの影響も感じさせない。

独特な走り方で、上半身の可動域が大きくなく、ややパワフルな走りをしており道悪は問題ないよう。

馬体や戦績から重賞で通用し、馬場の悪化も追い風になると考え、府中牝馬Sで8番人気という評価であったが、自信の穴馬に推した。

今後も小回りコースなどの重賞で通用しておかしくない。

 

無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)でお届けしています。

Twitterへ読者の方から穴馬の的中報告(←こちら)を頂戴しました。

的中報告を送って頂いた方へお礼を申し上げます。ありがとうございました。

調教推奨馬もお届けしています。

※ 下記は無料メルマガでお届けしたG1や主な人気薄の調教推奨馬

天皇賞(秋)2着 フィエールマン
菊花賞 3着サトノフラッグ
府中牝馬S 7番人気1着 サラキア
スプリンターズS 10番人気3着 アウィルアウェイ
北九州記念 10番人気3着 アウィルアウェイ
函館2歳S 10番人気1着 リンゴアメ
CBC賞 13番人気1着 ラブカンプー
ユニコーンS 11番人気3着 ケンシンコウ
日本ダービー 10番人気3着 ヴェルトライゼンデ
天皇賞(春)1着 フィエールマン
天皇賞(春)3着 ミッキースワロー
皐月賞2着 サリオス
皐月賞8番人気3着 ガロアクリーク
桜花賞9番人気3着 スマイルカナ
高松宮記念15番人気1位入線 クリノガウディー
高松宮記念9番人気1着 モズスーパーフレア
ダイヤモンドS16番人気1着 ミライヘノツバサ

-エリザベス女王杯
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.