エリザベス女王杯 エリザベス女王杯 予想

エリザベス女王杯 2019 予想 穴馬は?人気薄出走馬馬体考察

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2019年エリザベス女王杯人気薄出走馬の考察をお届けします。

youtubeにて2019年エリザベス女王杯の3歳馬の情報を公開しました。

初めて作った動画なので粗さもありますが、今後改善していきます。

サクッと観ることが出来、馬券のヒントになる内容をお届け出来ればと考えています。

好評であれば人気薄の馬についても触れていきますので、チャンネル登録と高評価をお願いいたします。

 

 

アルゼンチン共和国杯は無料メルマガ(←クリック)でお届けした穴馬タイセイトレイルが2着にくるもオッズは5番人気まで上昇。

スワンSで推奨したマイスタイル(3着)といい、当日人気になってしまい申し訳ないです。

しょっぱい人気で恐縮ですが的中報告を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

 

 

また、有益な情報をお届け出来るよう努めてまいります。

※ 下記は無料メルマガ(←クリック)でお届けした考察の一部

タイセイトレイル

ハーツクライ産駒で母の父はロベルト系のシンボリクリスエスという血統で、過去の好走パターンに符合。

2600mを中心に2400m以上の距離で結果を残しており条件は合うと思われる。

前走はハンデ戦で上位2頭より斤量が重かった。その前は差のないレースをしている。

内枠に入っているが、現在の馬場であれば先行してロスのないレースをすれば十分一角を崩す可能性がある。

55キロ、今年のメンバーであれば通用しえる。馬連のヒモなどで押さえたい。

 

[エリザベス女王杯 2019 人気薄出走馬馬体考察]

ポンテザール

上がり最速をマークしているが、上がりの速いレースが合うタイプではなく、控えるレースをしているが、先行して抜け出す形が合う。

2400m以上の距離で結果を残しているが、距離が延びて特別いいというタイプには見受けられない。

前走オープンを勝っているが、ハンデ戦で斤量が50キロと軽かった。ただ、2着馬も牡馬で53キロと斤量が軽く、内容は悪くなかった。

その際に破った馬は、京都大賞典勝ち馬のドレッドノータスやアルゼンチン共和国杯2着のタイセイトレイルと中々のメンバーであった。

 

サトノガーネット

距離適性の判別が難しい面があるが、脚質的な面からも距離の融通性があり、1800m以上の距離が合うと考えるべきか。

やや特殊な条件が合うタイプと言え、結果を残しにくい面はある。くわえて、下半身が薄く、飛節に角度がない点から控えるレースの方が合うため、展開に左右される面もある。

瞬発力勝負はあまりよくないためペースが上がれば。

 

ゴージャスランチ

胴長で、若干ボリュームのあるシルエットなどマンハッタンカフェ産駒に多くみられるタイプ。

まだ華奢な印象で、能力的に上積みの余地を残している。

今後は1800mや2200mなど非根幹距離で結果を残していきそう。

外回りコースの2200mは条件的にベストに近い。

前でレースをするが、逃げ先行馬が少ない点は気になるところ。

 

シャドウディーヴァ

デビュー前の馬体を見ると、ボリュームのある体型は母方のデインヒルの影響を感じさせ、イメージは同じハーツクライ産駒のアドマイヤミヤビと少し重なった。

同じハーツクライ産駒のゴーフォザサミットと似た体型をしているが、春はやや華奢な印象があり、ハーツクライ産駒らしく晩成タイプ。

秋華賞の方が、他馬になし崩しに脚をつかわせる流れとなるため条件的に合い、2019年もそういった流れであった。

4着という結果に終わったが、4コーナーで他馬に進路を塞がれる形となり、瞬発力や決め手で勝負をするタイプでないだけに致命的な不利となった。

 

サラキア

かなり決め手に特化したタイプ。肩や腰の傾斜や、首の高い走りをしている点から本質は2000m以下にある。

秋華賞時に1800m2000m近辺がベストと考えて本命に推したが、気性的なものと併せて考えると、1800mの方がよかったよう

それほどボリュームがなく、ペースが落ち着きやすい牝馬戦であれば2400mも対応できると考えたが、誤りであった。

エプソムカップは2着と好走したが、直線が長いコースの1800mなど条件的に合い、前でレースをしたがペースが極端に落ち着いて展開も向いた。

逃げ先行馬が少ない点から、クィーンスプマンテとテイエムプリキュアで決着した2009年のようにいったいったのレースになる可能性はなくはない。

 

レッドランディーニ

蹄の形から時計の速い馬場の適性が微妙と考えたが、新しい写真を見ると、馬体に弱点なく、別定戦の重賞で通用しえる。

マーメイドSでは10番人気で2着と好走しているが、素質を考えると51キロは有利であったため自信の穴馬に推した。

決め手が生きるレースであればという印象だが、展開がはまらないと厳しい。

 

センテュリオ

以前はもう少し胴が長く見え、直線が長いコースの方が合うと感じたが、コースはさして問わないよう。

今回、ベストより距離は200m長いが、決め手を生かすレースをすれば誤魔化すことも可能。

 

フロンテアクイーン

首の位置が高く全体的に体高があるつくりから決め手で勝負をするタイプではなく、上がりの速いレースはあまり合わない。

その点や、ベストフィットする条件がない点が勝ち味に遅い結果につながっているよう。

全体のバランスはそれほど悪くなく、牝馬戦であればオープンで通用してもいいとお伝えしてきた。2016年のヴィクトリアマイル時よりも身体を大きく見せるようになっている。

今回、条件的な面、レースの適性という点では劣る。決め手が最大限に生きるレースとなれば。

 

無料メルマガ(←クリック)の次回配信では調教考察をお届けします。

 

[エリザベス女王杯 穴馬の特徴]

○ 2018年エリザベス女王杯:9番人気2着クロコスミア

前年のエリザベス女王杯でも2着と好走していたが、小回りコースよりも広いコースの方がよく、距離とともに条件が合った。

前半1000m61秒4とペースが落ち着いたことが好走の最大の要因。

 

○ 2017年エリザベス女王杯:9番人気2着クロコスミア

前半1000m62秒0とペースが落ち着いて前有利の流れで、展開の恩恵が生じた。

前走府中牝馬Sを勝っていたが、この秋は勢いがあったよう。

 

○ 2016年エリザベス女王杯:12番人気3着シングウィズジョイ

実績上位の馬の状態がそれほどよくなかったことに助けられた。

 

○ 2012年エリザベス女王杯:7番人気1着レインボーダリア

馬場が悪化したレースでは1-1-3-1という戦績で全て4着以内に入っており、馬場の悪化が追い風に。

 

○ 2009年エリザベス女王杯:11番人気1着クィーンスプマンテ

前半1000m60秒5とゆったりしたペースの中、大逃げをうってまんまと逃げ切る。たたき3走目で走り頃でもあった。

 

○ 2009年エリザベス女王杯:12番人気2着テイエムプリキュア

逃げた勝ち馬に次ぐポジションでレースをし、同様に展開の恩恵を受ける形に。休み明けを叩かれた上積みもあった。

 

○ 2006年エリザベス女王杯:7番人気1着フサイチパンドラ

出走馬のメンバーの中で一番潜在能力が高いと感じて推奨。広いコースの方が合う馬で、コース変わりがプラスになった。

 

○ 2003年エリザベス女王杯:10番人気3着タイガーテイル

このレースや次走のジャパンカップでも上がり最速をマークしており、日本の馬場への適応力が好走の要因。

 

※ 下記はメルマガやTwitterなどでお届けさせて頂いた無料穴馬

アルゼンチン共和国杯 5番人気2着タイセイトレイル
菊花賞 8番人気2着 サトノルークス
富士S 9番人気2着 フロンテアクイーン
小倉記念 6番人気2着 カデナ
中京記念 6番人気2着 クリノガウディー
マーメイドS 7番人気1着 サラス
エプソムカップ 7番人気2着 サラキア
京都新聞杯 11番人気1着 レッドジェニアル
アーリントンカップ 7番人気2着 カテドラル
阪神牝馬S 9番人気3着 ミエノサクシード
ダービー卿CT 7番人気3着 マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着 フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着 ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレアウェイ

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料メルマガでは無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、人気薄出走馬の考察をお届けしています。

(波乱がなさそうな場合は、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きます。)

-エリザベス女王杯, エリザベス女王杯 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.