チャンピオンズカップ チャンピオンズカップ 予想

チャンピオンズカップ 2019 予想 穴馬は?2けた人気出走馬馬体考察

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

マイルCSは10番人気4着マイスタイルを無料穴馬推奨。京阪杯の無料穴馬7番人気はカラクレナイは3着までという結果。

しょっぱい人気で恐縮です。2着があればよかったのですが、お役に立っていれば幸いです。

調教推奨馬もジャパンカップのスワーヴリチャードが勝利し、京阪杯のアイラブテーラーが2着と好走。

 

※ 下記は無料メルマガでお届けさせて頂いた内容。

[調教推奨馬]

○ ジャパンカップ(一週前追切)

A-評価
スワーヴリチャード:しまいまで伸び切って水準以上。

○ ジャパンカップ(最終追切)

A-評価
エタリオウ:軽快なフットワーク。

○ 京阪杯

A-評価
アイラブテーラー:軽快な動きで申し分ない。

 

今週も穴馬を無料メルマガ(←クリック)で調教推奨馬をお届けさせて頂きます。

前回配信分が届くため、登録後すぐに読むことが出来ます。

今回は2019年のチャンピオンズカップの予想オッズ2けた人気の出走馬馬体考察をお届けします。

 

チャンピオンズカップ 2019 実力馬の見極め

 

youtubeにて2019年チャンピオンズカップ実力上位の馬の情報を公開しました。

 

 

人気薄の馬もの考察もお届けしていますが、上記の動画の方が内容があると思います。

 

 

好評であれば、さらに情報を更新していきますので、チャンネル登録と高評価をお願いいたします。

 

チャンピオンズカップ 2019 人気薄出走馬馬体考察

ワイドファラオ

NHKマイルカップ時の馬体を見ると、少し角ばったフォルムで、肩の角度がやや立っており首の位置が高く、同じニュージーランドT勝ち馬のジョーストリクトリと似たつくりであった。

肩や腰の傾斜などを見ると、決め手で勝負をするタイプではなく、前でのレースが合う。

馬体に弱点はなく、今後もオープンで通用しえるが、芝のG1では合う条件がないため好走は難しい。

前走みやこSは前半800m46秒6と例年よりも2秒ほど速いペースを先行していたことが響いた。

距離延長が課題となるが、時計の速いダートの方がいいため脚抜きのいい馬場で、前有利の展開となったケースでは面白い。

 

ミツバ

ラニなどもそうであったが、薄手なつくりから距離延長でいいタイプ。

馬体を見る限り、中央の重賞でも十分通用しえるとお伝えしてきた。

しかし、適性のある東京コースに長距離に重賞がないため、結果を残しにくい面がある。

2019年の川崎記念を勝っているが、ケイティブレイヴが本調子になかったようで、相手はそれほど強くなかった。

2017年のチャンピオンズカップでは馬体の張りが上々で、出来がかなりよかったため、12番人気と人気はなかったが、高い評価とした。

中盤のラップが緩んで前有利の流れとなり3着と0秒3差の6着に終わったが、ペースが流れていればもっと際どかったはず。

2018年のチャンピオンズカップではよりペースが落ち着いており、2017年以上に展開が向かなかった。

今回のメンバーの中に入ると能力的にかなり劣るが、条件は悪くなくペースが極端に上がるようであれば。

 

ワンダーリーデル

初めて馬体を見た際、骨格のフォルムからストームキャットっぽい印象を受けたが、血統を確認するとやはりそのようであった。

ストームキャット系の馬は、芝・ダート両方で走る馬や、坂のあるコースに強いパワータイプ、1400mがベストの馬が多い。

前走武蔵野Sを9番人気で勝利した際、条件が合う点から本命に推した。今回1800mに対応できるかが課題。

以前よりも成長しており、高いレベルでも条件や展開次第で一角を崩しておかしくはないが。

 

タイムフライヤー

胴がやや長めな点は父系の影響が出ているが、丸みを帯びた体型は母の父ブライアンズタイムの影響が出ていると感じた。

ただ、ハーツクライ産駒にも似た体型の馬が多く、胴が長い点から、どちらかというと父の影響の方が強いか。

3歳以降結果が出ておらず、不調もあったかもしれないが、早熟であった可能性もある。今後ダート路線に活路を見出していくことになると思われる。

母は、ダートG1多数勝利があるタイムパラドックスの全妹という血統。その点も期待してダートにつかわれたと思うが、タイムパラドックスは脚元のつくりや全体のフォルムからダート専用の馬であった。

また、全体のフォルムがアドマイヤドンに似ているが、それらと比べるとダート馬としての特徴はない。

ただ、前走武蔵野Sはペースが上がったことが追い風になったが距離が忙しかったにもかかわらず2着と好走。1800mへの距離延長でパフォーマンスを上げる可能性は高い。

条件は悪くなく、人気がないようであれば押さえることを検討したい。

 

ロンドンタウン

母方はバリバリのダート血統でアメリカ色が強いが、やや薄手なつくりで父カネヒキリの影響が出ているよう。過去の馬体写真を見返すと、筋肉が落ちた状態の父カネヒキリと体型がよく似ている。

1200m1400mでも結果を残しているが、首が高い走法であるため短距離をつかわれていたよう。

もう少し筋肉量が欲しいが、今回は確実に力を出せる出来にある。

前走マイルCS南部杯は距離が忙しく、1800mへの距離延長はプラス材料。

 

キングズガード

比較的薄手な体型をしており、父母いずれの影響が出ているかは微妙。

芝馬のようなつくりだが、厚みのある蹄の形状をしている点から、時計のかかる馬場が合い、芝よりもダートに適性がある。

上半身に窮屈な部分がある点が走法に影響しており、首が高い走り方になっている。

その点から距離に限界を感じさせたが、馬体のボリュームがそれほどない点から短距離馬ではなく、ある程度の距離延長に対応力があると考えるべきであった。

1400mから1800mに守備範囲があると判断する。

その点が嫌われて人気がないようであれば面白くはある。

 

重賞レース 無料穴馬

無料メルマガ(←クリック)

無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)や、Twitter(←アカウント)のフォロワーの方、お付き合いのある方へお届けしています。

※ 下記は無料メルマガやTwitterなどでお届けさせて頂いた無料穴馬

京阪杯 7番人気3着 カラクレナイ
アルゼンチン共和国杯 5番人気2着タイセイトレイル
菊花賞 8番人気2着 サトノルークス
富士S 9番人気2着 フロンテアクイーン
小倉記念 6番人気2着 カデナ
中京記念 6番人気2着 クリノガウディー
マーメイドS 7番人気1着 サラス
エプソムカップ 7番人気2着 サラキア
京都新聞杯 11番人気1着 レッドジェニアル
アーリントンカップ 7番人気2着 カテドラル
阪神牝馬S 9番人気3着 ミエノサクシード
ダービー卿CT 7番人気3着 マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着 フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着 ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレアウェイ

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料メルマガでは無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、人気薄出走馬の考察をお届けしています。

(波乱がなさそうな場合は、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きます。)
※ より明確な傾向は有料メルマガでお届けしています。

-チャンピオンズカップ, チャンピオンズカップ 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.