穴馬 予想

穴馬予想 エリザベス女王杯 馬体

更新日:

初ブログです。よろしくお願いします。
いつも、馬券を買うのは、競馬ブックやギャロップの馬体の写真を主な判断材料にして買っています。
今週のエリザベス女王杯。カワカミプリンセスは一度使われた分、メリハリが出てきたように感じます。
スイープトウショウは前走と変わりなく見えます。
眼をひいたのはディアデラノビア。胸前に迫力が出て、全体的に張りがあります。
紛れの少ないこのレース、優勝争いはこの3頭に絞られるように思います。
本命は人気の無さそうな分だけディアデラノビア。瞬発力があり小柄なこの馬には、直線が長く平坦なこのコースはベストです。メルボルンC優勝で角居厩舎に勢いがあるのも追い風になりそう。
対抗はカワカミプリンセス。
スイープトウショウは馬体的にインパクトを感じませんでしたが、昨年もそんな感じでしたし、やはり京都は走るので怖い存在です。
もう1頭、眼をひいたのがサンレイジャスパー。全体的にスッキリし、トニービンの系統らしく、カッチリしたバランスで切れのありそうな馬体。2、3着争いには加われそう。
アサヒライジングは前走、もっさりみせながらも2着。今回はシャープになり、確実に良化しています。
アドマイヤキッスは前走のコースよりも今回のコースの方が合いそう。馬体的にも前走より若干良くなってます。
ヤマニンシュクルは肩の筋肉が戻って、調子良さそうです。
今回のメンバーの中で私が、一番潜在能力が高いと感じているのはフサイチパンドラです。去年の暮れ、この馬を初めて見たときに故障や気性難が無ければ、G1を2勝以上する器だと感じました。状態は悪くなさそうなだけに、取捨が難しい1頭です。
馬券的には、3連単でディアデラノビア、カワカミプリンセス、スイープトウショウをBOX。
ディアデラノビア、カワカミプリンセス、スイープトウショウを1、2着に固定してサンレイジャスパー、アサヒライジング、アドマイヤキッス、ヤマニンシュクルを3着に。
フサイチパンドラを軸にしたディアデラノビア、カワカミプリンセス、スイープトウショウとの3連単は押さえで。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.