穴馬 予想

競馬予想 古馬 中長距離 データベース

更新日:

アドマイヤフジ

[日経新春杯]

キレよりも持続性を感じさせ、昨年優勝しているようにレース条件は合う。

しかしまだ昨年程の出来にはなく、もう少しメリハリが欲しい。

アドマイヤムーン

東京、京都の方が合うように思う。

アドマイヤメイン

[有馬記念]

パドックでは、出来がかなり落ちていた香港の時とは雲泥の差。一番良く感じる。

胸前や腹袋の感じなどはサンデー産駒というよりもブライアンズタイム産駒というイメージに近い。

持続力を生かすのが向く。繋ぎの長さからして、ため逃げするタイプではなく、胴の長さからも広いコースの方が合う可能性が高い。

パワー型で坂は歓迎。阪神外回りの中距離以上がベストか。

インティライミ

[AJC杯]

後半のオーバーペースが敗因か。前向きな部分が裏目に出た感じ。今後パドックで精神面のチェックが必要。

パドックでは活気があり、出来良好。

全体的なフォルムや前後肢の筋肉のバランスなど、基本的にコースは選ばないだろう。

キレで勝負するタイプではなく、坂も問題にしないので中山の舞台はいい。

距離は肩の角度や胴の長さから、2200m前後が合う。

時計はかかる方がいい。重馬場はどちらかというと歓迎。

インテレット

[AJC杯]

休み明けながらも、パドックでは走れる状態。

肩の角度や胴の長さから2200m前後がいい。

前後肢のバランスや全体のフォルムからコースは選ばない。脚質にも自在性がある。

それに加え繋ぎなどからしてダートは走る。

ヴィータローザ

[中山 金杯]

馬体は前後肢のバランスなどから、坂がある方がいい。中山での重賞2勝もうなずける。

キレで勝負するタイプでないため、そのため直線の短いコースで結果を残している。

しかし状態はもう少し絞れた方がいいだろう。

近走のなかでは小倉記念の時が馬体がスッキリとし、状態の良さを感じさせた。

エアセレソン

[AJC杯]

パドックでも悪くない。

全体的なフォルムや前後肢の筋肉のバランスなど、基本的にコースは問わないタイプ。

距離は肩の角度や胴の長さから、2000m前後がいい。

蹄の感じなどは重馬場を苦にしなそうだが、2度人気を裏切っている。精神的な問題があるのか。

休み明けだが、太めなどなさそう。

オースミグラスワン

[日経新春杯]

脚や胴の長さをみると、跳びが大きく広いコースに強そうな感じ。

状態は良さそうだが、腹のラインから丸みが消え、シャープになっていたら買いたい1頭。

グラスポジション

[AJC杯]

肩の角度や胴の長さなど、距離は長距離よりも2400mくらいの方がいいだろう。

全体のフォルムや後肢の筋肉などから坂を含め、中山は合う。

後ろからの競馬をしているが、先行して持続力を生かす競馬の方が向くと思うが。

重馬場は得意かもしれない。

グロリアスウィーク

[中山 金杯]

前走のパドックを見たがその時よりも調子は上がっている。

東京、京都の方でしまいの脚を生かした方がいいタイプにみえる。

距離は1800、2000mくらいがいいだろう。

コスモバルク

[有馬記念]

天皇賞(秋)が今ひとつの状態で印を下げた。

そこからジャパンカップ、そしてこのレースと馬体の状態を上げてきている。

この馬の国内でのベストレースは3歳時のジャパンカップとセントライト記念だ。

長い直線で末脚を生かすというよりも、先行していい馬であり、中山は府中より向いている。

サイレントディール

[日経新春杯]

パドックでは仕上がっていた。

手脚や胴の長さなどから広いコースの方が向く感じの馬体。

馬体のフォルムからしてしまいのキレを生かすというタイプではなく、平均以上のペースでいいため、本質的に長距離馬ではない故にこの距離は微妙なところ。

ダートは走るが、パワー型ではないので湿ったダートの方がよさそう。

ジャリスコライト

[AJC杯]

まだ状態に上積みの余地がある。次走が楽しみ。

パドックではもう少しメリハリ欲しい。

ダービー以来。まだ余裕残しであるが。

全体的に筋肉がつき、長期休養させた効果が出ている。

2、3歳時は後肢の筋肉などが薄かったため、坂のあるコースでは狙いづらかったが、今なら問題ないだろう。

潜在能力は高い。肩の角度や胴の長さなどから、2000m前後が合い、脚質的にも自在性があるはず。

シルクネクサス

[AJC杯]

パドックでは悪くない。

前後肢の筋肉のつき方や全体のラインなどからはコースや坂、脚質などに注文がつかないタイプにみえる。

ベストは直線の長いコースで終いの脚を生かす競馬で、肩の角度や胴の長さから1800m位の距離。

重馬場は向く可能性がある。

過去に朝日杯FSで重い印をうった。

前走の寿ステークスを+14キロ、8番人気で勝っている。本格化の可能性も。

スウィフトカレント

[有馬記念]

天皇賞(秋)でダイワメジャーに次ぐ出来の良さ。

今回も毛ヅヤがよく、状態は問題なしでしょう。

この馬は明けて6歳になるが、もう少し成長の余地も残されており

実が入れば重賞をもっと勝つ事が出来るはず。

前後肢のバランスや腰の感じなどからキレがある。

常に34秒台の上がりでまとめている事がその証しで、時計が出る馬場で、ペースが落ち着き、瞬発力勝負になったときが出番。

ダイワメジャー

[有馬記念]

パドックではいい出来。

今回は1600mから2500mへの距離延長もあり、馬体をスッキリ仕上げてきている。

ベストは中山や阪神の1600~2000m位であるが、コーナーを6回も回る有馬のコースなら距離も問題ないだろう。

[マイルCS]

パドックで集中力を感じさせた。

パワー
型であり、後続のキレを鈍らせるという点でも、降雨は好都合であった。

[天皇賞(秋)]

馬体写真では無駄肉が一切なく、皮膚の透明感は最高。

チェストウイング

[AJC杯]

パドックでは覇気がない。

後肢の筋肉が弱く、坂はよくない。

腹袋がしっかりし、キレで勝負するよりも持続力を生かす方がいい。

アルゼンチン共和国杯の敗因は体調が本調子でなかった事と、先行できず自分の競馬が出来なかった事だろう。

デルタブルース

[有馬記念]

絶好の出来だった天皇賞(春)時よりもボリュームが乏しい様にみえる。

昨年まではもう少し、スッキリしたタイプだったのだが、今年に入って進化したよう。

前肢に実が入り、それが海外での好結果に結びついた。

一昨年は太め残りが原因。

出来がよかった昨年の有馬記念で結果を残す事が出来ていないのは、時計が出る馬場の適性と位置取りの差。

父ダンスインザダークよりも母方のディキシーランドバンドなどの血が強く出ている。胸前にそれがよく現れ、全体的にパワーがある。

トウカイエリート

[日経新春杯]

パドックではプラス12キロも太めなし。

後肢を含め、全体的にパワーを感じ、仕上がりも良好。

トウカイワイルド

[日経新春杯]

調教には迫力を感じる。

前走、前々走でトウカイエリートやメイショウオウテに負けているが位置取りの差という感じ。

トウショウナイト

[有馬記念]

皮膚がピカピカで、無駄な肉が一切ついていない。

前目の位置で勝負できるのは強みで、スタミナを生かせる思い切った騎乗が出来れば。

ドリームパスポート

[有馬記念]

馬体はキレで勝負すると言う感じで、今ひとつこのレースに合っていると言う風に感じない

ダービーの敗因は馬場悪化による位置取りの差、菊花賞は展開のあや。

この2つのレースでは状態的に良かったように感じる。

[ジャパンカップ]

パドックでは歩様がリズミカルで、抜群の気配。

トーセンシャナオー

[有馬記念]

中山向きで出来もトップレベル。

ポップロック

[有馬記念」

パドックでは良好。

馬体のフォルムや脚がすらっとしているところなどから、広いコースで差す競馬が向いていると感じる。

この馬も肩の角度やバランスなどから、長距離適性を感じさせ、高速馬場での勝負は望んでいない。

前後肢のバランスなどからは中山の坂は問題なく、状態もかなりいい。

フサイチアウステル

[AJC杯]

パドックでは覇気がない。

パワー型の馬で、坂のあるコースは歓迎。

脚の長さや繋ぎなどは広いコースの方が合う。阪神外回りの長距離のコース、またはヨーロッパのコースなども合うはず。

どこかでみた事があるような感じがしたが、エイシンプレストンによく似ている。

エイシンプレストンの父でもある母の父グリーンダンサーの血が強く出ているのだろう。

グリーンダンサーはヨーロッパで実績のある血統で、エイシンプレストンも香港で結果を残している事から海外遠征も面白いかもしれない。

ブラックタイド

[中山 金杯]

コースは条件を問わないだろう。

マツリダゴッホ

[AJC杯]

予想以上の圧勝。天皇賞(春)という話もあるが、距離延長は疑問。

次走予定されている、日経賞であれば得意の中山であり、ごまかしもきくと思う。

パドックではいい意味で普通。

後肢の筋肉など坂も大丈夫。

全体的なフォルムや繋ぎの感じなどから、狭いコースでも問題なく、中山は歓迎。

しかし近親のナリタトップロードも重馬場を苦にしたが、この馬も蹄など重馬場を嫌う可能性がある。

距離は胴の長さや肩の角度など、1800m位が合う。

マヤノライジン

[中山 金杯]

距離、コースともに向く。理想を言えば1800mの方がいいだろう。

メイショウオウテ

[日経新春杯]

パドックではうるさいところをみせ、割引き。

前走の鳴尾記念で先行馬がかなり有利な馬場で33秒2の脚をつかい、最後方から5着まで追い上げ、今回人気になるだろうが、斤量で恵まれないかぎり少し嫌いたい。

まだ筋肉がつききってない点で、今後まだまだ伸びてくる可能性がある。

メイショウサムソン

[有馬記念]

敗因は早い馬場。今後も荒れた馬場などの方が向く感じ。

パドックでは太めなし。

今秋不調であるが、中山でのこのレースは願ってもない舞台。

菊花賞の時は皐月賞、ダービー時よりも、スッキリとした長距離仕様といった馬体だった。

菊花賞の時のような感じよりも春先の若干マッチョな感じの方が、好走の可能性は高い。

また、そういった馬体の方が、中山の坂にも合う。

ワンモアチャッター

[中山 金杯]

敗因は馬場と逃げ。

間違いなく出来はよく、レース条件も理想的。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.