穴馬 予想

競馬予想 AJC杯 平安ステークス 回顧 今後来る馬来ない馬

更新日:

AJC杯は雨が降っておらず、マツリダゴッホを軸にした。レースでは想像以上に強かった。しかし、今後は天皇賞(春)という話もあるみたいだが、距離延長は基本的に歓迎ではないように思う。次走は日経賞という話だが、中山の2500mならごまかしがきき、中山は得意なコースだろうから好走は可能のように思う。だが、天皇賞(春)では人気になっていても疑いたい。
パドックでよくみせたインティライミは馬券に絡まなかった。今回も2レース、パドックリポートをお届けするため、4角前からしかレースをみていなかったのだが、後半相当行きたがったよう。その辺が敗因と思われ、今後パドックでは精神的な部分に目を光らせたい。
インテレットはパドックリポートでお伝えしたように休み明けでもきっちり仕上がっていた。シルクネクサスも悪くなかった。ジャリスコライトはお伝えしたようにまだ若干太い。次は楽しみである。東京の方がより信頼できると思う。
チェストウイングはやはり中山はよくないだろう。フサイチアウステルとともに気配が今ひとつという感じだった。

平安ステークスは先行するミスタープロスペクター系をお奨めしたが、シャーベットトーンが3着に入った。優勝したメイショウトウコンはパドックでも悪くなかった。連勝中で前走の時計も悪くなかったが盲点になっていた。
サンライズバッカスは競馬ブックの馬体写真で毛ヅヤはよかった。パドックでは若干余裕があったようにみえた。ジョッキーもそのようなコメントを残している。それ以上に体調がよかったのだろう。次は絞れてより良くなる可能性もある。
軸に推したサカラートは写真ではよくみせていたが、パドックでは腹のラインに締まりがなく、うるさいところもみせていた。
この時点でこのレースは大勝負が出来なくなり、AJC杯よりも平安ステークスを重視していたので、今日は消化不良の1日であった。

有料メルマガやってます。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.