穴馬 予想

AJC杯 競馬予想の材料に馬体診断 インティライミ、インテレット、エアセレソン、グラスポジション

更新日:

インティライミは全体的なフォルムや前後肢の筋肉のバランスなど、基本的にコースは選ばないだろう。

キレで勝負するタイプではなく、坂も問題にしないので中山の舞台はいい。

距離は肩の角度や胴の長さから、2200m前後が合う。

時計はかかる方がいい。重馬場はどちらかというと歓迎。

(皐月賞前の写真から)インテレットは肩の角度や胴の長さから2000m前後がいい。

前後肢のバランスや全体のフォルムからコースは選ばない。脚質にも自在性がある。

それに加え繋ぎなどからしてダートは走る。

エアセレソンは全体的なフォルムや前後肢の筋肉のバランスなど、基本的にコースは問わないタイプ。

距離は肩の角度や胴の長さから、2000m前後がいい。

蹄の感じなどは重馬場を苦にしなそうだが、2度人気を裏切っている。精神的な問題があるのか。

グラスポジションは肩の角度や胴の長さなど、距離は長距離よりも2400mくらいの方がいいだろう。

全体のフォルムや後肢の筋肉などから坂を含め、中山は合う。

後ろからの競馬をしているが、先行して持続力を生かす競馬の方が向くと思うが。

重馬場は得意かもしれない。

PS AJC杯、各馬の状態や推奨馬、「至高のデータ」については有料メルマガの試験配信でお届けします。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.