穴馬 予想

競馬予想 中山金杯

更新日:

 

リクエストのあったヴィータローザの馬体は前後肢のバランスなどから、坂がある方がいい。中山での重賞2勝もうなずける。

キレで勝負するタイプでないため、そのため直線の短いコースで結果を残している。

しかし状態はもう少し絞れた方がいいだろう。近走のなかでは小倉記念の時が馬体がスッキリとし、状態の良さを感じさせた。

逆にイースターはキレを生かせる東京や京都の方が向きそうな感じがし、阪神や中山で結果を残しているのは能力の証明なのかもしれない。実際にバランスの良さに高い素質を感じる。

しかし肩の角度や腰の高さなどから距離はマイル位がよく、後肢の筋肉のつき方から坂も歓迎ではない。

前走1800mでの勝利もペースが落ち着いた事が勝因のひとつだろう。

脚質的なものと合わせて京都の金杯の方が向くと思う。マルカシェンクとの使い分けを勘ぐってしまう。

グロリアスウィークは前走のパドックを見たがその時よりも調子は上がっている。

東京、京都の方でしまいの脚を生かした方がいいタイプにみえる。距離は1800、2000mくらいがいいだろう。

マヤノライジンは距離、コースともに向く。理想を言えば1800mの方がいいだろう。

ワンモアチャッターは間違いなく出来はよく、レース条件も理想的。

ブラックタイドの馬体は条件を問わないだろう。やはり能力は一級品で怖い存在である。パドックで一番注目したい馬である。

PS 明日はレース直前パドックリポートをお届けする予定です。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.