穴馬 予想

競馬予想 鬼が笑う金杯予想

更新日:

競馬ブックの馬体写真から、体調がいいのはワンモアチャッター、アグネスラズベリ、フサイチリシャール。

京都の金杯だが、京都の1600mはキレが求められ、パワー型のフサイチリシャールやサクラメガワンダーは前走の勝利は先行有利の馬場を追い風にした事もあり、評価を割り引きたい。
ここは調子がよくキレがあり、広いコースで実績があるアグネスラズベリで遊んでみたい。
中山の金杯だが、京都よりも中山の方がまぎれがあるため、大勝負といかないがこちらの方をメインにいきたい。

ワンモアチャッターはバランスがいい馬で、直線の長いコースも短いコースも問わないだろうが、後肢の肉付きなどから坂があるコースの方が信頼度は増す。

その坂のある阪神の2000m、朝日チャレンジCを勝ったときよりも調子はいい。

前走の敗因は馬場が悪く、先着した馬の負担重量が軽かったためだろう。

それ以外の負けたレースでの敗因はペースが落ち着いた事であり、逃げ馬の存在など、展開面が一番の焦点とみる。

トウショウシロッコは馬体のボリュームなどから直線の短いコースで先行して持続力を生かすのが向くタイプにみえる。

実際に結果を残しているのは中山などで先行した場合で、ジョッキーの乗り方ひとつで結果が大きく変わってくるだろう。

そのため、このレースで負けて凡走を続けていても乗り変わりがあった時などは、得意なコースであれば激走もありえる。もちろん体調次第だが、今後チェックをしていきたい。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.