AJCC 予想 穴馬 予想

AJCC 2019 予想 馬体診断考察

更新日:

AJCCの穴馬の特徴に符合した重賞レース穴馬候補をランキングへ更新。

京都金杯は3着(11番人気)ミエノサクシードが符合。

順位は100位くらい

順位は60位くらい

※ 出走確定前に更新しています。回避や除外の場合があります。

 

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

先週の3重賞はいずれも堅い結果で、無料穴馬が馬券に絡まず。

ただ、平穏なレースとなったこともありいずれも人気馬でしたが、無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けした調教推奨馬は3頭が好走しました。

○ 日経新春杯

エーティーサンダー
シュペルミエール 3着
ルックトゥワイス 2着

○ 京成杯

カテドラル
ダノンラスター
ラストドラフト 1着

○ フェアリーS

アクアミラビリス
スカイシアター

AJCCの調教推奨馬は、無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けしました。

AJCCの調教推奨馬は予想オッズを見る限り人気薄になると思います。

無料メルマガは前回配信分が届きますので、登録時にAJCCの調教推奨馬をすぐに読むことが出来ます。

今回は有料メルマガ「競馬予想 馬体診断&重賞データ」でお届けしたAJCC出走馬の馬体診断考察の一部をお届けします。

AJCCの予想の参考となれば幸いです。

中山金杯は無料穴馬9番人気タニノフランケルが3着と好走。

AJCCの無料穴馬予想は無料メルマガ(←クリック)とLINEでご覧ください。

AJCC前日夜か、AJCC当日午前8時ごろ配信予定です。

無料メルマガでは前回配信分が届くため、配信後もAJCCの無料穴馬予想をご覧頂けます。

 

[AJCC 2019 予想 馬体診断考察]

ジェネラーレウーノ

全体のフォルムは父スクリーンヒーローの影響を感じさせる。距離延長への対応力があり、前でのレースが合う。距離は2000m以上が合う。

菊花賞で敗れているがペースが落ち着いて瞬発力勝負となった点が響いた。もう少し積極的なレースをして持続力を生かせば結果は違ったものになった可能性もある。

皐月賞時に馬体を見る限り、今後も重賞で好走していくくらいの能力はあるとお伝えしたが、G1レベルのものは感じられなかった。

ただ、同じスクリーンヒーロー産駒のゴールドアクターもそこまで見栄えがしなかった。ひと夏を越して3歳秋を迎えた際、能力的な上積みを感じさせた。

 

フィエールマン

決め手に優れたタイプ。3000mの菊花賞を勝っているが、距離にはある程度限界がある。

上位3頭の上がりがいずれも33秒9という瞬発力勝負が追い風になった。スローの瞬発力勝負により中距離馬が浮上したが、同じような形は1997年のマチカネフクキタルまで遡る必要がある特殊なレースとなった。

1600mがいいと言えるまでのつくりではなく1800m2000m辺りがベストか。

先行して抜け出すという形が最も持ち味が生きるかもしれない。コースへの柔軟な対応力がある。

ラジオNIKKEI賞時に初めて馬体を見た際、典型的な走るディープインパクト産駒という印象を受けた。菊花賞では馬体の弱点が解消されており、能力の上積みを感じさせた。

 

ダンビュライト

骨格や首が高い走り方は、父ルーラーシップやドゥラメンテに通じるものがあり、父の父キングカメハメハの影響が強く出ている。

上半身と下半身のフォルムや手脚の長さはキングカメハメハ産駒のリオンディーズに似ている。距離延長にも対応力がある。本質は中距離にあって2400mも対応できるが、非根幹距離の方が合うはず。

能力的に評価をしてきた馬で、12番人気で3着と好走した皐月賞では本命に推した。ただ、

適性において複雑な記述となったが、条件を選ぶ面があり、条件の合うレースがそれほどない点から結果を残しづらい面がある。

デビュー以来ゆっくりと成長をし続けており、鍛錬され後天的に資質を獲得していくタイプと言える。

その点から、産駒が古馬になってから結果を残していく可能性が高く、この馬にしてもよくなるのは早くて3歳秋で、古馬になってからが本番とお伝えしてきた。やはり重賞を初めて勝利したのは古馬になってからで、4歳初戦のAJCCとなった。

 

[PR]

 

ショウナンバッハ

距離は1800mから2400mが守備範囲と考えたが、首の高さや肩の角度を考えると2000mがベストか。

馬体に特筆するべき部分はない。重賞で差のないレースをしており、展開次第となるが今後も重賞で好走しておかしくないとはお伝えしてきた。

前走中日新聞杯では12番人気と評価が低かったが2着と好走。ベストの条件で、ペースが上がって決め手が生きる流れも追い風になった。くわえて、調教の動きも抜群であったため本命に推した。6着に終わった昨年のAJCCは展開が向かなかった。

 

サクラアンプルール

2017年の春に馬体を見た際は母の父サンデーサイレンスの影響を感じさせたが、2017年の秋辺りから徐々に父キングカメハメハの影響が出てきたと思われる。

中距離に適性があり、スタミナが要求されない条件であれば2500mまで対応可能。

能力の上積みがあると考えて2017年の中山記念で穴馬に推奨したが、8番人気で2着と好走。

馬体を見る限り今後も重賞で通用しえると評価し、勝利した2017年の札幌記念でも本命に推した。G1など高いレベルでは厳しいが、筋肉量が増して成長を感じさせた。

日経賞では相手はそれほど強くなかったが、たたかれて良化していたようで、勝ち馬より1キロ重い57キロを背負いながら上がり最速をマークして3着と悪くない内容をみせている。

函館記念でも57.5キロというトップハンデを背負いながら2着と好走。

7歳になってからも衰えは感じられないとお伝えしてきたが、むしろ成長していた。

今回明け8歳となるが、やはり能力的な衰えがないかがポイント。

 

メートルダール

いずれはマイルで走るかもしれないとお伝えしたが、マイラーとしてはスピードの絶対値で劣るため1600mよりも2200mの方がいい。

以前馬体を見た際、重賞を複数勝てる素質があるとお伝えしたが、現在は少し疑問がつく。

2017年の関屋記念では余裕残しなどなく出来は申し分なかった。消極的な判断でマイルへ出走してきたと感じ、1番人気に支持されていたが、過剰な評価に感じたため評価を割り引いた。

次走の中日新聞杯を勝利したが、やはり2000m近辺の距離が合う。

2018年の中日新聞杯は57キロを背負っており、3歳馬に対して能力的にやや分が悪い印象を受けたため評価を割り引いた。

 

シャケトラ

父母いずれの影響が出ているか不明だが、脚質やコースを問うタイプのように見受けられない。距離に関しては2000m以上が合うが、長距離の適性は微妙。

2017年の天皇賞(春)で人気になっていたが、距離適性の面から消えるリスクもあるため評価を割り引いて、押さえまでとした。

2017年の有馬記念では絶好調とまでは言えなかった。今回それ以来のレースとなり、約13か月ぶりとなる。中山芝2200mは条件的に合うが。

 

ミライヘノツバサ

父ドリームジャーニーは掻き込むような走法をしていたが、この馬はタイプが異なる。

4勝を全て中山で挙げているが、特別中山が合うという感じではなく、東京やコースなども合うはず。

かなり条件を選ぶかもしれないが、今後長距離G1で活躍する可能性があるとお伝えしてきた。G2で好走しており、頭角を現しつつあったが、その後離脱しており、能力の減退があるかもしれない。

菊花賞では思ったよりも走らなかったが、完成されるまでまだ時間がかかる可能性があるとお伝えしていた。

2017年の日経賞では、速い流れを先行して2着に粘る内容のあるレースを見せていた。前走はOP特別で勝ち馬と0秒6差という結果でそれをどう見るべきか。

 

ステイインシアトル

丸みを帯びた体型は母方のダンチヒの系統の影響が出ているためか。かなり持続力にベクトルが傾いたタイプ。

スタミナが要求されない条件であれば距離は2500mまではもつはず。

馬体にそこまでピンとくるものは感じられなかったが、長所やパーツのよさがある。今回、条件は申し分ないが。

 

AJCCの無料穴馬予想は無料メルマガとLINEでのみお届けします。無料穴馬予想はブログではお届けしていません。

中山金杯は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けした無料穴馬9番人気タニノフランケルが3着に。

 

2けた人気の穴馬予想は「有料穴馬」でお届けしています。

シンザン記念 10番人気2着 マイネルフラップ
阪神カップ 12番人気3着 スターオブペルシャ
カペラS 11番人気2着 サイタスリーレッド
京阪杯 12番人気2着 ナインテイルズ
東京スポーツ杯2歳S 7番人気2着 アラガス
武蔵野S 7番人気2着 クインズサターン
デイリー杯2歳S 6番人気2着 メイショウショウブ
アルゼンチン共和国杯 11番人気3着 マコトガラハッド
セントウルS 7番人気3着 グレイトチャーター
小倉2歳S 13番人気2着 アズマヘリテージ
新潟2歳S 8番人気3着 スティルネス
レパードS 9番人気3着 ビッグスモーキー
アイビスSD 8番人気3着 ナインテイルズ
七夕賞 11番人気1着 メドウラーク
CBC賞 9番人気2着 ナガラフラワー

有料メルマガ「競馬予想 馬体診断&重賞データ」は京都金杯△◎▲で5番人気マイスタイルを本命に推し、馬連2060円本線1点(計8点)的中。

超高配当の組み合わせが多く、払い戻しが均等になるよう買えば回収率約800%ほどありました。

シンザン記念はヴァルディゼールを本命に推し、10番人気2着マイネルフラップを穴馬推奨して◎☆×ながら点数を絞り過ぎて不的中。

3連単は1-2-4着という結果で10万馬券を逃す結果になりましたが、今週も妙味のある馬をお届けします。

-AJCC 予想, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.