穴馬 予想

AJC杯&平安S 穴馬

更新日:

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」では、不定期で馬体診断により重賞の穴馬や重賞レースの情報をお届けしています。

ゴールデンダリア(AJC杯出走)

前走金杯は[前哨戦のポイント]でも解説した通り、毛ヅヤが悪く3番人気であったが馬連の対象から外した。

前々走ディセンバーSはペースが敗因でともに敗因が明確。

中山でも1-2-2-1と大きく崩れておらず、体型から内回りコースで行われる芝1800m芝2000mよりも外回りコースで行われる芝2200mの方が力を出せる。

今回調教の動きがよく状態が上昇している可能性がある。

条件も合うと思われるため、人気はないが穴で狙ってみたい。

ネヴァブション(AJC杯出走)

昨年のこのレースを勝っているが、前半 1000m1分1秒5という落ち着いた流れにも助けられた。

首さしがふとく骨格ががっしりしている点などパワー型の馬で、持続力が要求されるレースでいい馬。

坂のある中山向きで、経験はないものの阪神なども合うと思われる。

手脚の長さなどをみるとやや器用さを欠くため、中山競馬場でも外回りコースで行われる1800mや2000mより2200mや2500mなどの方が力を出せる。

近走結果は出ていないが、有馬記念はペース、JCはコースが敗因。

日経賞もしまい3ハロンのラップが全て11秒台で、過去10年で最もレース時計が速く、上位2頭が天皇賞(春)でも1、2着とレベルの高いレースであった。

昨年のこのレースを勝っているが、昨年時よりも毛ヅヤがよく太めも感じられないため状態は良好。

昨年は展開の恩恵を受けた部分はあるものの、ここは条件的に合い、ペース次第では再度アタマもある。

ネイキッド(平安S出走)

手脚の長い体型は母の父サンデーサイレンスの影響と思われ、ごつさが感じられず時計の速いダートで強いタイプと思われる。

やや胴が短めで距離は1600m辺りがベスト。

後肢の付け根から飛節までの長さをみると差す競馬が合い、東京など時計が速くしまいの脚が生かせるコースがいい馬でこの条件は今一つと思われる。

しかし、状態の面は馬体に張りがありながら引き締まっており上々。

調教の動きも良好で、力を出せる状態にある。

胴の長さに対して手脚が長すぎる部分はあるが、能力的にはかなりのものを持っていると思われる。

ただ、前右肢の曲がりなどをみると、脚元の弱さが大成を阻んでいるのかもしれない。

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」では、馬体診断により重賞の穴馬をお届けしています。

阪神カップ 11番人気2着 サンカルロ
カペラS 11番人気3着 グランドラッチ
アルゼンチン共和国杯 11番人気1着 ミヤビランベリ
アルゼンチン共和国杯 10番人気3着 ヒカルカザブエ
武蔵野S 8番人気3着 ワイルドワンダー
府中牝馬S 11番人気3着 レジネッタ
府中牝馬S 7番人気1着 ムードインディゴ
デイリー杯2歳S 5番人気2着 エイシンアポロン

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.