穴馬 予想

高松宮記念 予想 ロードカナロア エピセアローム 考察

更新日:

高松宮記念出走馬で状態のいい馬競馬ブログランキング(←50位くらいの備考欄)へ更新。


有馬記念10番人気2着オーシャンブルー、阪神JF15番人気2着クロフネサプライズなど激走!!

高松宮記念などG1レースの穴馬独自配信の無料メルマガ(←コチラ)でお届けします。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

ロードカナロア
※ 下記は阪急杯(1番人気1着)時の考察の一部

「父
キングカメハメハは中長距離馬を出しているが、パワーは父譲りで、今年の春までは丸みを帯びた体型や全体のボリュームなどから、マイルCS、朝日杯FS2
着のフィフスペトルに似ており、父の特徴が出ていると感じた。しかし、全体的なボリュームが増しており、さらにスピードとパワーが強化されており、徐々に
母方のアメリカ血統の特徴が出てきた印象。

昨年の京阪杯からG1レベルの能力を有しているとお伝えし、シルクロードS、京阪杯はいずれも本命や1着固定と高い評価をしてきた馬であるが、高松宮記念では能力や完成度の面などから評価を割り引いた。

スプリンターズS時に持っている素質は出走馬の中でも最上位に位置するとお伝えしたが、カレンチャンよりももっている資質は高く、香港での勝利もある意味順当な結果と言える。

このレースで他馬の後塵を拝するとすれば、後手を踏んで極端なスローペースで推移していったいいったのレースになり脚を余すケース。」

エピセアローム
※ 下記は阪急杯(4番人気9着)時の考察

「父
ダイワメジャーの特徴が出ているが、ダイワメジャーはよりパワーにベクトルが傾いた馬で、この馬はスピードタイプに出ており、父は1600mから
2000m辺りの距離を守備範囲としたが、この馬は父よりも胸囲が発達し肩の角度が立っている点からやや短い距離に適性があり、つなぎの短さなどをみても
マイル以下の距離がよさそう。

今年は天候の悪化はなく馬場状態がよさそうで、先行できるかどうかがポイントとなるが、前走のように後方か
らのレースとなると厳しい。前走はペースが速くついていくことが出来なかった部分もあるかもしれないが、どういったレースをするかが分かりづらい点が悩ま
しいところ。外枠に入ったため割引が必要となり、人気薄の馬の方が買う価値がある。」

日経賞、毎日杯、マーチSの穴馬は、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

穴馬の傾向と調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届け。

次回配信は大阪杯、ダービー卿CTの穴馬の傾向をお届けします。

競馬ブログランキングヘ

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.