穴馬 予想

青葉賞 推奨穴馬ウインバリアシオン勝利!!

更新日:

穴馬と危険な人気馬
[天皇賞(春)穴馬候補]
※ オッズが低い馬がいたため、土曜日7時30分に一部変更しました。
人気ブログランキング(←80位くらい)
FC2 Blog Ranking(←35位くらい)
青葉賞は「重賞激走穴馬!!」でお届けした穴馬6番人気ウインバリアシオンが勝利!!
※ 下記は配信でお届けした考察
青葉賞のもう1頭の穴馬にはウインバリアシオンを推す。
馬体をみると基本的には先行していいタイプで、決め手も有している馬。
父系のサンデーサイレンスや父ハーツクライの影響を強く感じさせ、このコースは合う馬で距離は2000m以上がよく、前々走きさらぎ賞(芝1800m)、前走弥生賞(2000m)からの距離延長はプラスとなる。
前々走のきさらぎ賞ではやや馬体に余裕があったようでそれがしまいの決め手の甘さにもつながったよう。
きさらぎ賞が514キロ、ラジオNIKKEI賞が512キロ、そして勝利した野路菊Sが508キロ、新馬戦が504キロという馬体重であったが、ラジオNIKKEI賞に関してもやや余裕残しであった可能性がある。
前走弥生賞では状態は上昇していたが、スタートでよれて隣の馬と接触し後手を踏み、さらぎ賞でも出遅れが響き、ともに持ち味の生きないレースとなった。
東京コースへ変わる点は大きなプラス材料で、父ハーツクライの特徴が出ているため、本格化するのは3歳秋や古馬になってからかもしれないが持っている素質は高い。
前走の出来が維持できていればここでも好勝負が可能で、現在7番人気とほとんど人気はないが積極的に狙いたい1頭。
重賞レースの穴馬はメルマガで配信しています。
青葉賞 6番人気1着 ウインバリアシオン
フラワーカップ 7番人気3着 マヒナ
弥生賞 7番人気2着 プレイ
共同通信杯 6番人気2着 ユニバーサルバンク
きさらぎ賞 8番人気2着 リキサンマックス
東京新聞杯 7番人気2着 キングストリート
ステイヤーズS 5番人気1着 コスモヘレノス
武蔵野S 9番人気3着 ブラボーデイジー
スワンS 9番人気2着 ショウナンアルバ
毎日王冠 9番人気3着 ネヴァブション
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
アメンバー限定記事(←コチラ)も更新!!
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在25位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2023 All Rights Reserved.