穴馬 予想

重賞レース回顧(1)

更新日:

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

中山金杯は状態を推奨したコスモファントムが勝利。
京都牝馬S出走馬で状態がいい馬は人気ブログランキング(←現在66位)へ更新。
重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)

シャインモーメントは調教の動きをみると、一杯に追われて反応はよかったものの、距離がマイナスであったか。
マルカボルトは馬体写真がないため、能力やどういったタイプであるか判定が難しいが、調教の内容がよくペースが落ち着いて展開も向いたもののここは力負け。
ピサノエミレーツは、鞍上が「芝でもやれると思」というコメントを残している。
アサティスボーイは調教の動きがよかったものの、前走休み明けのレースでプラス14キロという馬体重で今回もマイナス2キロ。もう少し絞れてくればというところ。
ダンスインザモアは状態が悪くなかったものの、決め手が要求されるレースが合い、「展開待ちのところがある馬なので。」というコメントが全て。
ダイワジャンヌは次走が休み明け3走目で、鞍上は「オープンでもやれる力を付けてきた。」とコメントを残している。
トーセンジョーダン、ミヤビランベリ、ネヴァブション、コスモファントムなど上位の馬の考察は後ほど「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方はコチラ)でご覧下さい。
PCの方はコチラ(←クリック)

タガノクリスエスは今回休み明けで鉄砲はまずまず利くタイプのようであったが、レースをつかわれての上積みもありそう。
ピースキーパーは出来がよかったものの、鞍上が「大外枠もあって前半にいいポジションがとれなかった。もう少し内の枠だったら。」とコメントを残している。
ダイナミックグロウは調教の内容はよかったが、休み明けということもありプラス24キロの体重増が響いた。
トーホウオルビスは今回がたたき3走目で調教の内容もよかったが、ペースが速く厳しい競馬に。
バトードールもやはり展開が厳しかった。
インバルコ、サクラロミオ、マチカネニホンバレなど、上位の馬の考察は後ほど「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方はコチラ)でお届けします。
PCの方はコチラ(←クリック)
アメンバー限定記事(←コチラ)では血統や騎手などの情報も更新。
血統騎手の情報は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードは人気ブログランキング(←現在65位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.