穴馬 予想

菊花賞 馬体からの考察 今週も穴馬を探して

更新日:

混戦模様の菊花賞。1番人気はオウケンブルースリか。

※下記は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)で神戸新聞杯時にお届けした考察

「バランスがいい馬で、能力は重賞レベルのものはもっている。
距離は2000m以上がよく、つなぎの長さや馬体のフォルムから直線が長く、広いコースの方が力を出せる。
そのため、阪神外回り2400mは合う。
しかし左回りの方が、走りがスムーズで、阪神に比べて中京や新潟の方が2着に差をつけている点は、非常に気になるところ。」

神戸新聞杯では2強に敗れ3着。
右回りの適性に疑問を感じて、馬連の対象から外し、配当は安かったが馬連を的中させる事が出来た。
いずれにしろ今年の菊花賞は能力で抜けた馬がいないため、いつにも増して状態がものをいうと感じる。
先週の調教の動きがよかったのが、セントライト記念2着のマイネルチャールズ。

※下記はセントライト記念時の考察

「前走は銭型が浮き出て毛ヅヤもよく、状態はいいと感じたが、人気を裏切った。
春よりもやや馬体の張りが乏しく、そのあたりが影響した可能性が高い。
今回大幅に張りが出て札幌記念の時よりも上昇している。
先行して直線で抜け出す競馬が合い、距離は2000mから2400mで坂のある中山や阪神の内回りのコースが合う。
中山の2200mは力を出せる舞台。
前目のポジションで積極的な競馬をしてもらいたい。」

前走状態がよく、本命に推して馬連の軸に。
調教駆けするタイプながら、前走時に引き続いて先週も好調さを感じさせる動きであった。

その他の菊花出走馬の考察などは、時間があれば無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)でお届けしていきたい。
可能であれば、菊花賞の穴馬もお届けする予定。
先週もデイリー杯2歳Sで8番人気3着キングスレガリアを指名し、スプリンターズSこそ配信を休んだが、4週連続で推奨穴馬が馬券に絡んだ。
この勢いで菊花賞にも臨みたい!!

「連対率30%以上回収率100%以上の騎手&種牡馬の組み合わせ」

特定の条件において好成績の騎手が、その条件で実績のある種牡馬の産駒に騎乗すれば、信頼度は高い。

中央競馬連対率30%以上で、単勝回収率か複勝回収率が100%を超える騎手と種牡馬、もしくは単勝回収率が300%を超える種牡馬をまとめた。

「連対率30%以上回収率100%以上の騎手&種牡馬の組み合わせ」(←クリック)

あのサイン競馬マニュアル「競馬の神様から的中のヒントを探る方法【120頁】」と、サイン競馬会議の有料情報を無料で提供↓
「サイン競馬【120頁】マニュアル&有料情報を無料で!」(←クリック)

「競馬予想 馬体診断&競馬、重賞データで予想」←トップページへはこちらから

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.