穴馬 予想

菊花賞 穴馬は? 出走馬考察 オルフェーヴル フェイトフルウォー

更新日:

先週は久々に人気ブログランキングで危険な人気馬をお届けし、4番人気マイネイサベルが15着という結果。
菊花賞の“やや”人気薄で押さえておきたい馬は馬番人気ブログランキング(←70位くらい)へ更新。
人気ブログランキング(←70位くらい)…菊花賞でくる可能性はあるが、オッズに見合わない人気馬は馬名で更新。軸は避けた方が無難。回収率は上がらずアタマを避けたい。
菊花賞の穴馬は下記のような考察とともに無料メルマガで22時頃配信予定。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走しまずまず好調。
オルフェーヴル
※ 下記は日本ダービー時の考察の一部
「兄はストライドの小さい走法で、小回りコースでラスト4ハロンから加速してスムーズにコーナーを回って決め手を生かす競馬が合う。
この馬は兄とは馬体のタイプが異なり、しまいの決め手を生かす競馬が合う。
皐月賞は一週前追い切りの動きが非常によく状態が勝因のひとつで鞍上も上手く誘導した。
3歳春になって能力面で急激な上昇カーブを描いて前々走辺りまでとは別馬のよう。」
フェイトフルウォー
※ 下記はセントライト記念時時の考察の一部
「調教の内容などから京成杯では本命に推したが、レース時計をみると優秀な内容であった。
今年はナカヤマナイトやオルフェーヴルなどステイゴールド産駒の当たり年のようだが、オルフェーヴル、ナカヤマナイトはともに父系の影響が強く、この馬は比較的パワータイプに出ている。
父よりも母の父メジロマックイーンの影響が出ているよう。
坂のあるコースの方がよく、距離も問題なく、内回りコースよりもスタミナが要求される点から中山外回りコースで行われる2200mという条件はほぼベスト。
休み明けながら力を出せる状態にあり、体重が増えているのであれば成長分として判断していい。
春のレースで大敗が続いているため、人気はさしてないかもしれないが、買う価値のある1頭。」
出走馬の考察と人気薄の調教推奨馬は、もうひとつの無料メルマガでお届けしているので、、よかったらご覧下さい。
「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.