競馬 予想

菊花賞 穴馬の特徴は?

更新日:

毎日王冠は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬8番人気エアソミュールが勝利。

オールカマー推奨穴馬12番人気3着クリールカイザー、シリウスS7番人気3着トウシンイーグルに続き、3週連続穴馬激走!!

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

[菊花賞 穴馬好走要因]

2010年7番人気1着ビッグウィーク:決して長距離がいいという馬ではなかったが、馬体自体はG1でも通用するだけのものを持っていた。道中13秒台のラップを4回挟むゆったりした流れで推移し、展開の恩恵を受ける結果に。

2009年7番人気2着フォゲッタブル:本命推奨。勝ち馬スリーロールスとともにダンスインザダーク産駒。コース変わりがプラスとなるため評価をしたが、馬体にくわえて首の使い方などをみても距離が伸びてよく、スタミナの裏付けもあった。

2008年15番人気2着フローテーション:前走は休み明けで体重が10キロ増えており、このレースではマイナス6キロと叩かれた上積みもあった。スプリングSでは、不利な流れながら後方から追い上げて2着という内容のあるレースをみせており、能力の裏付けもあった。

2008年9番人気3着ナムラクレセント:前走までは後方からのレースをしていたが、このレースでは一転して前目の位置での競馬。心肺機能にいいものを持っている馬で、脚質転換により能力を引き出したことが好走の最大の要因

2007年6番人気2着アルナスライン:本命に推奨。春から馬体をみて重賞あるいはそれ以上のレベルでも好走可能のものをもっていると評価し、追いかけてきた馬。540キロを超える大型の馬で、レースをつかわれた上積みもあったことから評価。

2006年8番人気1着ソングオブインド:2000m近辺ではさすがに息が入ったが、アドマイヤメインが引っ張る流れで、前半1000m58秒7とかなり速い流れで推移したことが追い風になり、キレ味と決め手が生きる形となった。

2004年8番人気1着デルタブルース:メルマガ配信開始前となるが本命とした馬。馬体から長距離適性高く、父よりも母の父ディキシーランドバンドの特徴が出ている馬で、時計のかかる馬場となっていたことも追い風となった。

2002年10番人気2着ヒシミラクル:前半1000m58秒3とローエングリンが引っ張る流れとなり、スタミナとしまいの決め手が生きる流れとなった。

2002年16番人気2着ファストタテヤマ:父ダンスインザダークという血統からも距離延長も問題なく、ペースが上がり決め手が最大限に生き、展開の恩恵もあった。

※ 下記は無料でお届けした穴馬

毎日王冠 8番人気1着 エアソミュール
シリウスS 7番人気3着 トウシンイーグル
オールカマー 12番人気3着 クリールカイザー
北九州記念 17番人気3着 カイシュウコロンボ
エルムS 10番人気3着 インカンテーション
鳴尾記念 10番人気3着 フラガラッハ
京王杯SC 10番人気1着 レッドスパーダ
京王杯SC 7番人気3着 エールブリーズ
青葉賞 10番人気1着 ショウナンラグーン
大阪杯 6番人気2着 トウカイパラダイス
中山牝馬 10番人気2着 ケイアイエレガント
東海S 8番人気3着 マイネルバイカ
ローズS10番人気3着ウリウリ
中京記念13番人気2着ミッキードリーム
函館2歳S9番人気2着プラチナティアラ
安田記念12番人気3着ダノンシャーク
京都新聞杯11番人気3着ジャイアントリープ、9番人気2着ペプチドアマゾン

穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

穴馬を追加する場合は、穴馬サイト(無料)(←クリック)でお届けします。

重賞レース穴馬の傾向とG1レース調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。 

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.