穴馬 予想

菊花賞 穴馬と人気薄の本命馬は?

更新日:

先週は久々に人気ブログランキングで危険な人気馬をお届けし、4番人気マイネイサベルが15着という結果。
人気ブログランキング(←70位くらい)…くる可能性はあるが、人気に見合わないため軸は避けた方が無難。回収率は上がらずアタマを避けた方がいい。
下記は「馬体診断&重賞データ」でお届けした人気薄の本命馬。
菊花賞の穴馬は下記のような考察とともに無料メルマガで土曜22時頃配信予定。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
富士Sの穴馬は間もなくお届け。
シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走しまずまず好調。
フォゲッタブル
※ 下記は2009年菊花賞でお届けした考察の一部
「ダンスインザダーク産駒は過去にザッツザプレンティやデルタブルースなど2頭の菊花賞馬を出しているが、この馬も長距離馬。
ザッツザプレンティが持続力、デルタブルースが潜在的なスタミナとパワーに優れていたことに対してこの馬はそれほど何かに特化したというタイプでなく総合力で勝負するタイプ。
それだけに条件に左右されず、脚質的にもこだわらないタイプであると見受けられ、今年の馬場はいいようだが、ある程度の時計にも対応できると感じる。
上記2頭の菊花賞での状態と比べると現段階での完成度は低いが、全体的なラインがスマートでもっている素質は上であると感じる。
デビューが遅く調教の動きをみると前走よりも首をうまく使って走り方が向上している点に非常に好感がもてる。
血統や体型、そしてそういった部分からも距離延長は確実にプラスとなり、馬体に張りもあって毛ヅヤもよく状態は良好。
積極的に買いたい1頭。」
アルナスライン
※ 下記は2007年菊花賞でお届けした考察の一部
「京成杯で穴馬指名した馬。9番人気で3着に入ったが、その頃とは馬が別物。
春先は前肢を中心に実の入りが乏しかったが、ひと夏越して全体的に筋肉がついた。
すみれSを未完成の状態でベッラレイアを相手に勝っている点は潜在能力の裏づけといえる。
全体的なバランスのよさとつなぎの蹄の角度が一致している部分など、能力は1線級のものをもち、胴の長さや肩の角度など、距離延長にも対応できる。
アドマイヤベガ自身は瞬発力で勝負するタイプだったが、産駒でノーザンダンサーのクロスをもつ馬は、持続力やパワーで勝負するタイプに出る。
この馬はどのような競馬でも出来るタイプのよう。状態は胸前に張りが出て、毛ヅヤも良好。
調教はさして感じるものはなかったが、自己ベストの時計をマークしている事からも具合のよさが分かる。」
出走馬の考察と人気薄の調教推奨馬は、もうひとつの無料メルマガでお届けしています。
「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.