競馬 予想

穴馬は4着。重賞回顧。

投稿日:

平日限定で、フェブラリーステークスの人気薄の調教推奨馬を競馬ブログランキング(←備考欄)へ更新。

○ 共同通信杯

先週の東京新聞杯も前でレースをした馬が残ったが、土曜のクイーンカップもある程度前でレースをした馬や、内枠の馬が上位にきている。例年前半800mは
48秒0近辺で推移するが、今年はやや重で47秒9という時計。ただ、クイーンカップが1分32秒5と従来のレースレコードより1秒5も速い時計で決着し
ており、通常の良馬場と同じくらいの水準の馬場状態であったと考えられる。

人気を裏切ったスマートオーディンはスタート後から4コーナーに入るまで終始掛かりどおしで、完全にしまいの伸びを欠く形となった。気性的な面からもマイル戦の方がいいか。トリッキーな中山は微妙で、NHKマイルカップへ矛先を向けた方がいいように感じる。

ハー
トレーに関しては、ここまで大敗したのは、鞍上が途中で好勝負出来る見込みがないと判断して追わなかったためと思われるが、道悪になった点が響いたか。
ディーマジェスティは直近の馬体写真がないため、状態や能力など何とも言えなかったが、条件は合った。デビュー前の馬体写真から重賞でも十分通用しえる素
質があると有料メルマガでお伝えしたが、もっと評価するべきであった。

2着イモータルは状態がよかった。キングオブアームズはコース替わりでパフォーマンスを上げる可能性が高い。リスペクトアースは道悪が堪えた部分もあるかもしれない。

○ 京都記念

重馬場で行われたが、午前中は不良馬場で、馬場の悪化はかなりひどく、共同通信杯以上の影響があった。前半1000m63秒9という時計は、後半が61秒4という時計からも、やはりかなり遅いペース。上位を内枠の馬が占めたが、関係性はない。

勝っ
たサトノクラウンは2着に0秒3差をつけて完勝したが、道悪で鵜呑みには出来ない。ただ、弥生賞で強烈な内容を見せていたが、やはり能力は高い。2着と好
走したタッチングスピーチは馬場が悪化して3着アドマイヤデウスより斤量が4キロ軽かったことが明暗を分ける結果になった。

3着アドマイヤデウスは、これくらいは走るが、最後は斤量の差が出る結果に。10番人気で4着と好走したヒストリカルは自信の穴馬に推したが、距離がベストより1ハロン長かったかもしれない。

人気を裏切ったレーヴミストラルは斤量にくわえ、ペースと馬場の悪化両方が影響して崩れた。穴馬に推したトウシンモンステラは時計のかかる馬場は合ったが、力明けと言わざるをえない。

○ クイーンカップ

勝ったメジャーエンブレムであるが、調教の内容もよく、休み明けの影響はなかったよう。好スタートを決めて他馬には手も足も出ない状況であった。決してレベルの高い相手ではなかったが、2着に0秒8差をつけている内容から、当然レベルの高いレースであったと評価できる。


命に推した3着と惜しいレースとなったロッテンマイヤーはある程度の距離延長にも対応できる。2着フロンテアクイーンの後塵を拝した結果から、重賞では厳
しいのかもしれないが、現状の馬体を確認しないと何とも言えない。穴馬に推したダイワドレッサーは4着に敗れたが、位置取りの差が出た感がある。

人気のサプルマインドは時間がかかるかもしれない。ルフォールは大外枠も響いた。ペルソナリテは今回距離がネックとなったが、早熟の可能性もあり、その点は何とも言えない。

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」では、6番人気ロッテンマイヤーを本命に推したものの、1着○3着◎という結果。僅差で的中を逃し、3レース連続的中はならず。

クイーンカップ 1着○3着◎
東京新聞杯 △◎★ 馬連4690円7点的中 11番人気3着マイネルアウラート・自信の穴馬推奨
きさらぎ賞 ◎▲△ 馬連700円2点的中
日経新春杯 △◎
京成杯 1着▲3着◎
フェアリーS ★◎☆ 10番人気2着ダイワドレッサー・本命推奨 馬連5600円8点的中
シンザン記念 8番人気1着ロジクライ・自信の穴馬推奨

無料メルマガでも有料メルマガの情報を一部お届けしています。

登録はこちらのサイト(←クリック)をご覧ください。

上記サイトが文字化けしている場合は、下記アドレスへ、件名にメルマガと明記してメールを送信ください。

bataisshinndan☆gmail.com ←☆を小文字の@に変えて下さい。

メッセージが自動返信されます。お問い合わせには対応できかねますので、お控えください。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.