神戸新聞杯 穴馬と危険な人気馬は?

ローズステークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)推奨穴馬7番人気タッチングスピーチが勝利。

京成杯AHは13番人気フラアンジェリコが勝利!!

新潟記念は13番人気ファントムライトが3着に、札幌2歳Sは8番人気クロコスミアが3着に入り、2週2けた人気穴馬激走!!

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

ローズステークス 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳ステークス 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳ステークス 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン
アンタレスステークス 6番人気1着 クリノスターオー
阪神牝馬ステークス 7番人気2着 ベルルミエール
阪神大賞典 7番人気2着 デニムアンドルビー
フィリーズレビュー 7番人気2着 ペルフィカ
阪急杯 9番人気3着 ローブティサージュ
根岸ステークス 15番人気3着 アドマイヤロイヤル
東海ステークス 9番人気2着 グランドシチー
フェアリーステークス 8番人気2着 ローデッド

[神戸新聞杯 穴馬好走要因]

2014年9番人気3着トーホウジャッカル:自信の穴馬推奨。条件が合ったことが好走の最大の要因。前走1000万条件で2着という結果も、やや脚を余した感があり、古馬相手に斤量が1キロ少ないだけであった。その後の結果からも能力的に通用した。

2013年7番人気2着マジェスティハーツ:距離が若干長かったが、直線が長い阪神外回りコースが合った。

2012年8番人気2着ロードアクレイム:自信の穴馬推奨。菊花賞を最後に引退することとなったが、馬体の面からも重賞で好走できる資質があった。春よりも成長を伺わせたが、その点も好走の要因。

2009年7番人気1着イコピコ:前走ラジオNIKKEI賞は57キロのトップハンデが響いたが、レースの条件が合ったことが好走の要因。

○ 神戸新聞杯 凡走した人気馬

2014年
2番人気4着サトノアラジン:
3番人気7着トーセンスターダム:
4番人気13着ウインフルブルーム:
5番人気6着ハギノハイブリッド:

2013年
3番人気7着ラストインパクト:
4番人気17着ヒルノドンカルロ:
5番人気8着テイエムイナズマ:

2012年
3番人気7着ヒストリカル:
4番人気10着ベールドインパクト:
5番人気9着カポーティスター:
2011年
4番人気5着ショウナンマイティ:
5番人気4着スマートロビン:
 
2010年
3番人気5着レーヴドリアン:
4番人気10着シルクオールディ:

危険な人気馬の特徴、2けた人気の穴馬の好走要因、G1レースの調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。