穴馬 予想

神戸新聞杯 状態がいい馬

更新日:

セントライト記念は、先日ランキングでお伝えした状態のいい馬トーセンラーが2着に。
※ 下記はウインバリアシオンの考察
発達した胸囲や上半身と下半身のボリュームのバランスなどから基本的には先行していいタイプ。
手脚の胴の長さなどをみると父系のの影響を強く感じさせ、後肢のつくりなどからもキレも兼ね備えている。
素質はG1レベルにあるが、父の特徴が出ているため、本格化するのは3歳秋や古馬になってからになるかもしれない。
休み明けながら太めはなく、力を出せる状態にある。
アーネストリー、ゲシュタルト、マイネルラクリマなどオールカマー出走馬の考察はもうひとつのメルマガのバックナンバーでご覧下さい。
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.