競馬 予想

皐月賞 予想 ディープブリランテ グランデッツァ 考察

更新日:

スプリングSは無料メルマガ推奨穴馬11番人気ロジメジャーが3着に激走!!

フィリーズレビュー8番人気ビウィッチアスが2着、中山牝馬S7番人気オールザットジャズが2着に入り、4週連続穴馬激走!!

重賞レースの穴馬はレース当日の午前配信。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

ディープブリランテ
※ 下記はスプリングS時の考察

「ワールドエースが父の瞬発力を受け継いでいるのであれば、この馬は全体のボリュームや丸みを帯びたフォルムから父のスピードを受け継いでいる印象。

飛節の角度がないため決め手を生かしたレースが合うが、先行するレースをしているのは非凡なスピードと気性的なものも影響しているよう。

スピードにまかせたレースをする点や気性的な危うさ、人気が先行している感がある点などはリーチザクラウンと共通するが、こちらの方がスピードの絶対値は高い。

また、つなぎに柔軟性を感じさせ、背中のラインなどにも能力の高さを感じさせる。

上半身のつくりなど、全体のフォルムは父ディープインパクトの特徴が出ているが、距離は2000mから2400m辺りが合うはず。

昨年デビュー戦の一週前の動きをみると、レースには出走しないため調教推奨馬ではお届けしなかったが、抜群の動きでこれ以上ないといった感じであった。

A+あるいはS評価としてもいい位であったが、昨秋は状態のよさも結果を残した要因。

ただ、前走の共同通信杯では馬体に余裕を感じさせ、全体的に立派な印象で調教の内容もいまひとつで、単勝1.3倍というオッズであったが、実態が伴わない過大な評価であると警鐘を鳴らした。

今回は腹のラインの緩さなどが解消されており、調教でも昨秋ほどではないが動いており、前走から確実に上昇している。

前走時では、馬体をみる限り先週のワールドエースほどの素質は感じられないとお伝えしたが、やはり能力は高い。

問題があるとすれば、ペースが速くなる可能性があり、それに巻き込まれるリスクだが、気性的な危うさもレースをつかわれて解消しているよう。

平坦コースの穂が走るため今回の条件はベストではないが、能力、状態面から評価が必要な1頭。」

グランデッツァ
※ 下記はスプリングS時の考察

「姉に桜花賞馬マルセリーナがいる血統だが、父アグネスタキオンの影響が強いようで、ディープスカイと共通点がある。

デビュー前よりも馬体のバランスが良化しているが全体のボリュームが乏しく、スピードの絶対値では劣り、ディープスカイまでの能力はない

先行するレースをしているが、手脚の長さから決め手も有している。

上半身のつくりなどからベストは2000m辺りの距離だが、決め手を生かすレースをすれば、2400mまで対応可能。

初勝利の際に上がり最速の脚をつかい、上がり2位に1秒5の差があり非常に優秀な内容で、その点からも重賞で好走していけるだけの時計面からの裏付けがあった。

前走ラジオNIKKEI杯2歳Sで3着に敗れているが、休み明けも影響していたものと思われる。

今回休み明けながら皮膚の質感など仕上がりは上々で、太めも感じさせない。

坂のあるコースはベストの条件ではないが、能力と出来などから評価が必要な1頭。」

重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

バックナンバーをご確認ください。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.