競馬 予想

桜花賞 予想 ダノンベルベール 考察

更新日:

1日1回のクリック協力をお願いいたします↓
人気ブログランキング

ダノンベルベール
※ 下記は阪神JF時に有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)でお届けした考察

「アグネスタキオン産駒はダイワスカレーットやディープスカイ、リトルアマポーラなど、胴長のタイプの方が走る印象があるが、当馬も胴が長い。
キレを感じさせる身体のラインで、筋肉も柔らかく非凡なものを感じさせる馬体。
2000m以上の距離も問題なく、直線が長いコースがむく。
毛ヅヤもよく太めもないが、まだ線が細くみえる印象で、調教後のマイナス6キロという体重は懸念材料。
美浦からの輸送がない分だけ問題はないとは思うが、当日の馬体重だけはチェックが必要。
とはいえ、潜在能力はこのメンバーの中では1番のものをもつと感じる。
前走までで1600mの距離を克服しており、上がりの時計も優秀。
完成度ではやや劣るが、ここでの結果次第では来年のクラシックはこの馬を中心にまわる可能性があると感じる。
強敵は多いが本命に推す。」

1日1回のクリック協力をお願いいたします↓
人気ブログランキング

ダービー卿CTは無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)で推奨した穴馬12番人気マヤノライジンが激走!!

的中された方、おめでとうございました!!

下記は無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」でお届けしたマヤノライジンの考察。

「ある程度骨格がしっかりしており、坂も問題ないため中山は合う。
それほどコースを問うタイプではないが、手脚やつなぎが長いなどから内回りよりも外回りの方がいいタイプ。
前後肢のボリュームや手脚の長さなど過去の連対馬と馬体が類似している部分がある。
今回と同じ条件のニューイヤーS(OP特別)で2着もあり、その時の1着はマルカシェンク。
中山の芝1600mはほぼベストの舞台といえる。
前走は休み明けにくわえ、不良馬場で不利もあるなど三重苦のレースであったため参考外としたい。
今回馬体写真はないが、調教は悪くない動きで、一杯に追われている点を評価したい。
今年は先行馬が多く、ペースが上がる可能性があり、後ろから競馬をする点などから穴で狙ってみたい1頭。」

無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)では馬体診断で重賞の穴馬や出走馬の情報をお届けしています。

ダービー卿CT 12番人気3着 マヤノライジン
フィリーズレビュー 15番人気3着 レディルージュ
ダイヤモンドS 7番人気3着 スノークラッシャー
シルクロードS 7番人気1着 アーバンストリート

穴馬激走中!!

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.