競馬 予想

根岸S 予想 セイクリムズン 考察

更新日:

根岸Sと京都牝馬Sの穴馬分析はツイッター(←クリック)で更新していきます。

重賞レースの穴馬は無料メルマガバックナンバーでご覧ください。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

セイクリムズン
※ 下記はフェブラリーS時の考察

「ダート馬としては薄手な体型をしており、父エイシンサンディの影響が強くその特徴が出ている。

時計の速いダートが合う馬で、そういった点からも前走の根岸Sでは本命に推して1着固定とした。

肩のラインなどをみるとやはり距離には限界があるため1400m近辺がベストで、距離延長にはやや微妙な部分がある。

体型をみるとスピードで押しまくり持続力を生かすスプリンターというタイプではないため、ここではペースが落ち着いて瞬発力勝負になるか、ある程度控えて決め手を生かすような競馬をすれば、距離を克服する可能性が高まる。

ただ、前走ではレースの条件にくわえて、毛ヅヤや調教の内容など状態がいい点からも最高の評価をしたが、今回はやや毛ヅヤが若干くすんでいる点などから、前走ほどではないと感じる。

あくまで高いレベルで許容範囲ではあるもののやはり割引が必要で、距離適性の面からも軸は避けるべきであると感じる。」

京都牝馬SとシルクロードSの穴馬の特徴はもうひとつの無料メルマガでお届けしました。

バックナンバーでご覧下さい。

こちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.