穴馬 予想

東京新聞杯 危険な人気馬は? 人気馬前走のポイント 

更新日:

1日1回のクリック協力をお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

東京新聞杯で人気になると思われるが軸は避けたい馬は人気ブログランキング(←現在90位くらい)へ更新。危険な人気馬になる可能性も。
状態のいい馬はFC2 Blog Ranking(←現在80位くらい)へ更新。
今回は東京新聞杯出走馬の前走のレースを振り返ってみたい。
京都金杯からはシルポートが、マイルCSからは人気が予想されるゴールスキー、ダノンヨーヨーなどが参戦する。
過去の傾向をみると、荒れるレースであるため、敗因が明確な馬がいれば狙ってみたい。
なお、穴馬は明日にメルマガでお届けする予定。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)

○ 京都金杯 シルポート
近年のレース時計、前半800m後半800mの時計などをみるとかなりばらつきがあるが、前半800mの時計をみると、基本的には46秒台から47秒台で推移する。
今年は前半800mが47秒4という時計でペースが落ち着いて逃げたシルポートが勝ち、4コーナー上位3番手までの馬がそのまま1着から3着までという結果となったが上位の馬はペースに恵まれていた部分も大きかった。
また、1000m以降11秒台の時計で推移しているが、瞬発力で勝負をするタイプではないため、ため逃げせず中盤からペースを上げて押し切る騎乗も称賛に値する。
ネオヴァンドームは先行してペースが落ち着いたことにより人気馬に次いで5着に入ったが、休み明けであったためつかわれた上積みも見込まれる。
リクエストソングは幾分馬体に余裕を感じさせたが、今回マイナス4キロも前走でプラス22キロという馬体重であったため、まだ上積みの余地は残っている。

○ マイルCS エーシンフォワード 1.31.8
近年の前半800m後半800mの時計をみると下記のとおり。
例年前半800mが46秒台であるいはそれよりも速い時計で推移するが、2009年は47秒2とペースが緩み逃げたマイネルファルケが2着に残る形に。
今年はそれとは対照的に前半800mが45秒3という非常に速い流れで、後方から競馬をする馬に有利な流れとなった。
勝ったエーシンフォワードは内を突き、早めにスパートをかけることによって、内を突いたアドヴァンテージがレース適性で劣る部分を補ったが、勝つにはこれしかないという騎乗であった。
配信でお伝えしたとおり馬の出来もよく展開次第ではあったが、並み居る外国人騎手を向こうに回しながらのこの勝利は称賛されるべきもので騎手の手腕と言っても過言ではない。
テン乗りの外国人騎手に対して、岩田騎手が同馬に乗って安田記念で逃げる競馬を、そして高松宮記念では逆に差す競馬をしているが、その経験によってうまく馬の特性をつかみ、それが今回の騎乗に結びついた部分もあるはず。
また、サプレザが出遅れ、ダノンヨーヨーのスタートもいまひとつであったことも追い風となったが、スタートが五分であれば、また違う結果になっていたと思われる。
出遅れたことなどを考えるとよく走っているが、馬連の対象としたダノンヨーヨーと穴馬に推したゴールスキーなどはレースの適性から高い評価とした。
ダノンヨーヨーに関しては状態と完成度の面でどれだけ上昇をしてくるかがポイントとなるが、ゴールスキーに関しては苦手とする条件がある可能性もある。
東京新聞杯で状態のいい馬はFC2 Blog Ranking(←現在80位くらい)へ更新。
人気になると思われるが軸は避けたい馬は人気ブログランキング(←現在90位くらい)へ更新。危険な人気馬になる可能性も。
アメンバー限定記事(←コチラ)では血統や騎手などの情報も更新。
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在40位)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.