穴馬 予想

東京新聞杯 サダムパテック ダノンシャーク 考察

更新日:

サダムパテック
※ 下記は京都金杯時の考察

「2歳時にみられた胸前に窮屈な部分があり大分改善されている。

その点や全体のボリューム、胴の短さやつなぎ肩の角度などをみても、距離には限界があり1600mから2000m辺りの距離が合う。

全体のバランスはそれほどいいタイプの馬ではないが、筋肉量が豊富な点からスピードの絶対値はかなり高く、鍛錬により能力の上積みがある馬。

後肢のつくりがやや長めでフットワークの大きさからもやや器用さに欠ける部分があるため東京など広いコースの方が向く。

中山の内回りコースで行われる弥生賞を勝っているが、ペースが落ち着いた中で先行出来たことも追い風となった。

全体の骨格などからどちらかと言えば坂のあるコースの方がよく、外回りコースで行われる中山1600mなどが合い、阪神外回りコースで行われる1600m1800mがベストの条件。

前走鳴尾記念などはベストの条件であったが、勝ち馬に屈し、さらにショウナンマイティにもかわされたが、斤量の差が響いた形となった。

今回の京都外回りコースで行われ、この馬が最も強いレースをしたのは東京スポーツ杯2歳Sである点からもこれ位の距離が合う。

手脚の長さからある程度瞬発力勝負にも対応出来るが、全体的なボリュームや上半身のつくりからある程度先行した方がいい。

皐月賞では、余裕残しだった弥生賞と比べると、馬体に筋肉のつき方に良化がみられ、毛ヅヤもよくなってきており、調教で動いている点からも状態が上昇しており本命に推した。

昨年の皐月賞は東京で行われたが、勝ったオルフェーヴルにとってもこの馬にとっても追い風となった。

そこでの好走を受け、ダービーでは2番人気に支持されていたが距離が合わず、距離の不安が頭をもたげてくる可能性が高いと感じ馬券の対象から外した。

セントライト記念や菊花賞に関しても同様の扱いとし、かねてよりお伝えしてきたようにマイル路線へ矛先を向けてきたが、自然な成り行きと言えるだろう。

明け4歳で57キロという斤量であれば妥当な数字で、距離やコースも合い、先行出来て決め手がある点からもレースの適性は高い。

過去の傾向をみると、ペースが落ち着いた場合は逃げ先行馬に非常に有利なレースとなるが、逃げ馬を捉えに行ける位置に付けることが出来れば、その懸念を払しょくできる。

皮膚の質感など体調面はそれほどではないが、12月にレースをつかわれているため、人気を裏切るケースが多い休み明けのリスクもない。

過去のレースをみると、レース時計が1分33秒台で決着する場合は中距離寄りの馬がきており、ペースが上がった方が好走の可能性が高まる。

人気を集めることが予想され、5枠10番と可もなく不可もないところへ入ったが評価が必要な1頭。」

ダノンシャーク
※ 下記は京都金杯時の考察

「勝利した前走逆瀬川Sのレース時計やラップタイムをみると、前半800m50秒台で推移する超スローで前残りという結果でさして評価出来ない。

ただ、デビュー前の馬体写真をみるとつなぎの柔軟性などにいいものがあり、重賞レースであれば好走可能な器で、成長していれば複数勝つこともあるいは可能。

距離とコースなどこの条件は合い、先行力があり決め手がある点から、レースの適性を有している。

位置取りや4枠7番という枠から、馬場状態による影響も問題ないだろう。

他の実績馬が57キロ58キロで出走するのに対して54キロで出走出来る点も好材料。

レースを使われている点などから割り引く材料が最も少なく本命に推す。」

重賞レースの穴馬は午前8時頃、上記のような考察とともに無料メルマガでお届けします。

昨年は穴馬に推したきさらぎ賞8番人気2着リキサンマックスを、東京新聞杯は7番人気2着キングストリートなどが激走!!

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.