競馬 予想

朝日杯FS レース回顧

更新日:

人気ブログランキング←有馬記念調教推奨馬は現在100位くらい
朝日杯FSは無料メルマガで推奨したマイネルロブストが2着と好走。
ツイッター(←こちら)へ的中報告を頂ければ幸いです。
穴馬好走要因をつぶやいています。
ジャパンカップ14番人気ジャガーメイルに続き、ステイヤーズSは6番人気イグアスが2着に。
重賞の穴馬はまぐまぐでお届けしています。ねつ造はありません。バックナンバーでご確認頂けます。
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
アルゼンチン共和国杯8番人気3着カワキタコマンド、シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走!!
○ 朝日杯FSレース回顧

朝日杯FSはアルフレードが2着に0秒3差をつけ、1分33秒4という速い時計で快勝。
鞍上のウィリアムズ騎手がロスなく内を突くほぼ完璧な騎乗をみせたこともこの着差につながった。
馬体をみる限りある程度の距離延長には対応可能で、能力を評価して本命に推したが、レース時計を過去のレースを比較する限りクラシックで戦えるかは相手次第。
それに対して4着に入ったトウケイヘイローは少し強引な競馬をした分だけ、しまいが甘くなった。
9番人気と評価は低かったが対抗に抜擢していたが、すんでのところで3連単的中が逃げてしまい、個人的には悔しい結果となった。
朝日杯FS2頭調教推奨馬をお届けしたが、マイネルロブストが2着、レオアクティヴが3着と好走。
マイネルロブストは思ったよりも人気になったが、無料メルマガで推奨。
出走馬の中で出来が最もよかったことが好走の要因。
例年前半800mが46秒台で推移するが、今年は46秒をきってペースが速くなり、3着レオアクティヴには大きな追い風となった。
人気の一角クラレントは能力や適性を考慮して馬連の対象から外した。
後手を踏んだものの、ペースが速くなっていてこれだけ崩れたのであれば、この条件が合わなかったということで、コース変わりに期待したい。
同じく人気の人気ブログランキングも馬連の対象から外したが、先行した方がいい馬で持ち味の生きないレースとなった
能力は高いため巻き返す可能性が大で、次走以降のレースで人気が落ちていれば非常に面白い存在。
購読頂きましてありがとうございました。
また有益な情報をお届けしていきますので、人気ブログランキングのクリックへご協力をお願いいたします。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.