競馬 予想

有馬記念 穴馬は? ローズキングダム 考察

更新日:

朝日杯FSは無料メルマガで推奨したマイネルロブストが2着に好走。

 ジャパンカップ14番人気ジャガーメイルに続き、ステイヤーズSは6番人気イグアスが2着に。

重賞の穴馬はまぐまぐでお届けしています。ねつ造はありません。バックナンバーでご確認頂けます。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

アルゼンチン共和国杯8番人気3着カワキタコマンド、シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走!!

ローズキングダム

※ 下記は宝塚記念時の考察

「3歳春の時点では馬体重が440キロ近辺で推移しており、薔薇一族の血統の馬らしく小型であったが、神戸新聞杯でプラス22キロの体重増であったものの太めを感じさせず、春の時点と比べて上半身を中心にボリュームが増して成長を感じさせた。

骨格などは父系のキングマンボの影響と思われるが、その点からパワーも有している。

今年初戦となる日経新春杯ではジャパンカップ以来のレースとなり毛ヅヤがいまひとつで状態もややひと息であったが、58キロの斤量にくわえて後方からのレースとなったこともあり斤量も響いて3着という結果。

日経賞では勝ったトゥザグローリーに0秒5の差をつけられ、ペルーサにもおくれをとって3着という結果となった。

調教の内容や馬体をみると前走よりは幾分上昇しているように見受けられたが万全という訳ではなく、59キロも敗因のひとつで、ペルーサに敗れたのは展開のあやもあった。

前走天皇賞(春)では状態こそ上がっていたものの、道悪がかなり堪えたものと思われ、陣営もその点だけは懸念しているが、週末は極端な馬場の悪化はないよう。

ただ、このレースの適性は低く、ある程度対応は可能であるものの、今回はその点が最大の懸念材料で、割引が必要となる。」

有馬記念の情報や穴馬好走要因はこちら(←クリック)でご覧下さい。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.