穴馬 予想

日経新春杯 回顧 次走くる馬こない馬

更新日:

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

中山金杯は状態を推奨したコスモファントムが勝利。
平安Sで状態がいい馬は人気ブログランキング(←現在60位くらい)へ更新。
重賞レースの穴馬や情報は無料メルマガでお届けしています。
「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
最新号のみ公開しており、更新された後は閲覧できませんのでご注意ください。
今回は日経新春杯のレース回顧をお届けします。

○ 日経新春杯 ルーラーシップ
近年のレース時計と前半1000m、後半1000mの時計をみると下記のよう。
前半1000mは60秒近辺で推移することが多く、10頭立てという少頭数で行われた2005年の前半後半の時計を除くと偏りがなく、平均ペースのレースが多い。
レース時計は長距離レースらしく2分24秒台から2分29秒台と、ばらつきがある。
2011年 ルーラーシップ 2.24.6  前半60.1 後半59.3
2010年 メイショウベルーガ 2.24.4  前半58.9 後半60.8
2009年 テイエムプリキュア 2.26.6  前半61.1 後半60.3
2008年 アドマイヤモナーク 2.27.4  前半60.7 後半61.6
2007年 トウカイワイルド 2.27.4  前半60.5 後半60.1
2006年 アドマイヤフジ 2.26.3 (稍重)  前半59.9 後半61.2
2005年 サクラセンチュリー 2.29.0  前半64.1 後半58.8
7着ウィルビーキングは今回休み明けであったが、休み明けで2着3回と鉄砲はまずまず利く馬も、調教の内容もまずまずといったところで、たたかれて良くなる余地はある。
8着エーティーボスは、前々走で休み明けのレースをつかわれて今回3走目で、調教の内容は良好でたたかれた上積みを感じさせ、前走から状態が上昇している可能性が高かった。
ただ、鞍上が「少しずつ良くなっている。きょうは相手が強い。」というコメントを残しているが、それが全てだろう。
9着オートドラゴンも人気上位の馬と比べると能力的に微妙な部分があるとお伝えしていたが、鞍上も「現時点でこのクラスでは荷が重い。」というコメント。
4番人気に推されたビートブラックは10着という結果。
状態がよかったものの、適性面や人気上位の馬の状態などを考慮して馬券の対象から外した。
11着ドモナラズは休み明けのレースを2回つかわれ、たたき3走目で走り頃であったが、やはり今回はさすがに相手が悪かった。
13着メイショウクオリアは調教の内容がさして目立つものではなく、鞍上が「いつもより行きっぷりが悪かった。」というコメントを残している点から上昇の余地を残していそう。
ルーラーシップ、ヒルノダムール、ローズキングダムの考察など、より詳細なレース回顧は後ほど「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方はコチラ)でお届けします。
平安Sの穴馬の傾向をまとめた穴馬データもお届け。
PCの方はコチラ(←クリック)
アメンバー限定記事(←コチラ)では血統や騎手などの情報も更新。
アメブロ利用者以外の方は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でご覧下さい。
数字4ケタのパスワードは人気ブログランキング(←現在70位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.